にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

50万円までは100%の入金ボーナスがあるLANDFX(ランドFX)。

そんなボーナスに惹かれてLANDFX(ランドFX)でFXを始めたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

しかし、ボーナスが豊富でも肝心の取り引きの部分で余計なコストが掛かっては困りますよね。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)の各種手数料について分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)の手数料を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)には、Live口座、LPボーナス口座、ECN口座の3つの口座タイプがあります。

それぞれの口座には特徴があり、当然、手数料も異なってきます。

そこで、LANDFX(ランドFX)の口座タイプ別に手数料について分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)の手数料:Live口座・LPボーナス口座

LANDFX(ランドFX)ではスタンダードな口座として、Live口座とLPボーナス口座が用意されています。

手数料にかかわる部分では、LANDFX(ランドFX)のLive口座とLPボーナス口座に大きな違いはありません。

どちらも取引手数料は無料です。 ただ、手数料を考えるうえではスプレッドにも注意する必要があります。

スプレッドとは、ある通貨ペアの売値(Bid)と買値(Ask)の差額のことで、その差額がFXブローカーの収益になります。

当然、事実上の手数料といえるスプレッドは狭ければ狭いほど良いということになります。

そして、LANDFX(ランドFX)のLive口座・LPボーナス口座のスプレッドは海外FXブローカーのなかでは非常に狭い部類です。

たとえば、USD/JPYのスプレッドは基本的に0.7です。

(時間帯やマーケットによって変動します)

LANDFX(ランドFX)は取引手数料も無料なうえに事実上の手数料といえるスプレッドも狭く、手数料の観点からは非常に優れたブローカーといえます。

ちなみに、国内のFXブローカーの場合は0.3や0.2という極小スプレッドで手数料も無料のところが多いのですが、一方で低いレバレッジしかきかせられない、ロスカット水準が厳しいなどのデメリットがあります。

どちらが良いかはトレードスタイル次第です。 ローリスク・ローリターンならば国内のFXブローカー、ミドルリスク・ハイリターンならばLANDFX(ランドFX)のような海外FXブローカーといったイメージです。

LANDFX(ランドFX)のLive口座とLPボーナス口座の違い

LANDFX(ランドFX)のLive口座とLPボーナス口座では手数料にかかわる部分に差はありませんでした。

しかし、ボーナスにかかわる部分に大きな違いがあります。

名前から察しがつくと思いますが、LPボーナス口座はお得なボーナスが適用されるのが特徴です。

一方で、Live口座はボーナス適用外です。

また、LPボーナス口座は最低入金額が10,000円なのに対してLive口座は30,000円となっており、この金額を下回る入金には手数料がかかってしまいます。

レバレッジやスプレッドなど他の部分に差はないため、基本的にLANDFX(ランドFX)でLive口座を使うメリットはあまりないといえます。

余談ですが、LANDFX(ランドFX)には過去にプロフェッショナル口座という口座タイプもありましたが、LPボーナス口座に統合されたという経緯があります。

いまでもウェブサイト上やLANDFX(ランドFX)の公式サイトにプロフェッショナル口座という名前が出てきますが、現在は存在しないので注意しましょう。

LANDFX(ランドFX)の手数料:ECN口座

LANDFX(ランドFX)のECN口座の手数料は1lotあたり往復7$です。 これは海外FXブローカーとしては一般的な手数料水準です。

また、LANDFX(ランドFX)のECN口座は取引手数量がかかるものの、スプレッドが狭いことが特徴です。

具体的には、Live口座・LPボーナス口座では0.7だったUSD/JPYのスプレッドがECN口座では0.0になります。

もちろん、ほかの通貨ペアであっても、LANDFX(ランドFX)のECN口座ではかなり狭いスプレッドで取り引きができます。

ところで、ECNとはなんのことかご存知でしょうか。

ECNとは注文方式のひとつで、トレーダーの注文が直接マーケットへ電子的に流される方式です。

そのため、あいだにFXブローカーが入らず、透明性の高い取り引きができるという特徴があります。

ただ、一方で手数料がかかるというデメリットもあります。 また他に、一般的なFXの注文方式にはSTP方式というものがあります。

これはあいだにFXブローカーが入る方式で、多くの場合は取引手数料がかかりません。

LANDFX(ランドFX)のLive口座・LPボーナス口座はおそらくこのSTP方式と思われます。

LANDFX(ランドFX)の手数料:取り引き以外の手数料

LANDFX(ランドFX)の入金手数料は基本無料

前前項でも簡単に触れましたが、LANDFX(ランドFX)では口座への入出金に手数料がかかる場合があります。

基本的には口座への入金に手数料はかかりませんが、最低入金額を下回る入金の場合、LANDFX(ランドFX)では手数料が発生してしまいます。

最低入金額はLive口座で30,000円、LPボーナス口座が10,000円、ECN口座ではなんと200,000円です。

手数料をかけず少額でLANDFX(ランドFX)をはじめるならば、やはりLPボーナス口座がおすすめです。

LANDFX(ランドFX)の送金手数料

LANDFX(ランドFX)から外部への出金にかかる主な手数料は以下のとおりです。

・銀行送金・・・45$

・クレジットカード・・・無料

・STICPAY・・・0.3$+2.5%

・NETELLER・・・2%

・Skrill・・・1%

・PerfectMoney・・・1.99%

・WebMoney・・・0.8%

残念ながら、LANDFX(ランドFX)では現在bitwalletは使えません。

また、手数料無料のクレジットカード出金は事前にクレジットカードで入金した金額を相殺するためにしか利用できません。

ほかにも、LANDFX(ランドFX)は、LANDFXプリペイドカードという独自のカードを発行しており、出金手段としても使えます。

ただ、原則的に香港ドルでのやりとりとなるため、日本円にするために為替手数料がかかってしまいますので、あまりおすすめできません。

LANDFX(ランドFX)の口座維持手数料は無料

LANDFX(ランドFX)では口座維持手数料は一切かかりません。

複数口座の開設も簡単にできるので、最低入金額さえ満たせるのであればいくつかの口座タイプを使い分けるのも良いかもしれませんね。

LANDFX(ランドFX)の手数料を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)ではスプレッドの狭いECN口座にかぎり手数量が往復7$かかります。

一方で、スタンダード口座といえるLiv口座とLPボーナス口座ではスプレッドがやや広くなりますが取引手数量は無料です。

また、入出金については最低入金額を下回る場合のみ手数量がかかってしまいます。

少額でLANDFX(ランドFX)を始めたい方は最低入金額が10,000円のLPボーナス口座の開設がおすすめです。