にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の使い方をどこよりも分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)の使い方は、どのようにすればいいの?

どのような使い方が、LANDFX(ランドFX)に向いているの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

LANDFX(ランドFX)は最大レバレッジ500倍を実現し、60種類を超える通貨ペアで取引できる海外FXブローカーです。

利益獲得をめざす使い方として、LANDFX(ランドFX)のトレード条件や取引所の環境を踏まえてみていきましょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)の特徴を活かした使い方が、利益獲得をめざすためにかかせません。

特に約定力・低スプレッド・豪華なボーナス制度に加え、最大レバレッジ500倍によって、LANDFX(ランドFX)の使い方を向上させます。

LANDFX(ランドFX)の使い方:平均0.0035秒と約定スピードが速い

LANDFX(ランドFX)の約定スピードは、平均0.035秒と非常にスピーディです。

約定スピードを活かした使い方ができるため、利益獲得を狙いやすいのがLANDFX(ランドFX)の特徴でしょう。

LANDFX(ランドFX)で約定スピードが高い理由は、世界中の大手金融機関と提携しているEquinix(エクイニクス)にデータセンターを設置しているからです。

金融機関と同じデータセンターにサーバーを確保できるため、通信遅延を防ぐ使い方ができ、利確や損切りのエントリーポイントを押さえやすいと言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方:スプレッドが狭く、利益を狙いやすい

LANDFX(ランドFX)は世界中の金融機関とリクティディプロバイダ契約を提携することで、豊富な流動性を確保しています。

高い流動性を確保することで約定力はもちろん、低スプレッドを実現し、LANDFX(ランドFX)のトレードを低コストに抑える使い方ができます。

LANDFX(ランドFX)のスプレッドは、Live口座で1.3pips、ECN口座では0.2pipsと、業界内でも最狭スプレッドであるAXIORYやTitanFXと比較しても同レベルです。

約定力が高く低コストであることからLANDFX(ランドFX)の使い方は、利益獲得を狙いやすいです。

同時にLANDFX(ランドFX)の使い方として、スキャルピングなどの短期トレードにも向くでしょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方:最大50万円の100%入金ボーナスでお得にトレードできる

LANDFX(ランドFX)ではLPボーナス口座限定の、最大50万円ぶんの100%入金ボーナスを獲得でき、トレードの証拠金として利用できます。

LPボーナス口座で入金するだけで入金額を倍にし、お得にする使い方ができます。

同時にLive口座(スタンダード口座)とLPボーナス口座は、最大30万円ぶんの10%入金キャッシュバックを初回入金時に限り獲得できます。

最低3万円以上の入金でなければ獲得できないボーナスですが、現金化という使い方ができるのは大きな魅力でしょう。

さらに強制ロスカットを受けてしまい、10%入金キャッシュバック対象となってしまった場合は、5%リカバリーボーナスを獲得できます。

通常、低スプレッドの取引所はボーナス制が採用されていませんが、LANDFX(ランドFX)は低スプレッドでありながらボーナス制度を実現しています。

LANDFX(ランドFX)の使い方:証拠金維持率30%とロスカットされにくい

LANDFX(ランドFX)は30%と証拠金維持率が低くロスカットされにくいため、利益獲得をめざしやすくするための使い方ができます。

一般的な海外FXの証拠金維持率は20%とさらに低い設定ですが、中にはTradeviewのように100%の取引所も存在します。

証拠金維持率30%程度なら、最大レバレッジ500倍や200倍のハイレバレッジ取引だったとしてもロスカットまで余力がある使い方が可能です。

万が一、ロスカットされてしまったとしてもLANDFX(ランドFX)ではゼロカットが執行されるため、損失による借金を防ぐ使い方も可能です。

ただしゼロカットは自動執行ではなく、LANDFX(ランドFX)への申告制ですので、サポートへ申請を行ってください。

LANDFX(ランドFX)の証拠金維持率と同時に、ゼロカットの使い方を覚えておきましょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方:プラットフォームにMT4とMT5を採用

LANDFX(ランドFX)では、取引プラットフォームにMT4とMT5を採用し、自動売買か裁量トレードのいずれかの使い方にあった取引環境を利用できます。

自動売買豊富なMT4はEAの利用に適し、動作が軽くスピーディなMT5は裁量トレードにおすすめです。

またMT4とMT5はパソコン・iOS・アンドロイドなどデバイス問わず利用できるため、多くのLANDFX(ランドFX)ユーザーに対応する使い方ができるのも魅力と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方:STICPAYによる即時入出金

LANDFX(ランドFX)では、STICPAYによる即時入出金に対応した使い方が可能です。

STICPAYは最低入金額が500円からと、少額トレードする使い方が可能です。

入金手数料は銀行振込1%・クレジットカード3.85%、出金手数料は0.3ドル+2.5%と、LANDFX(ランドFX)の中でもクレジットカード出金につぐ手数料の安さでコストを抑えた使い方も可能でしょう。

LANDFX(ランドFX)へのクレジットカード入金に対応していないマスターカードもSTICPAYを経由して入金する、と言う使い方もできます。

LANDFX(ランドFX)の使い方:日本語サポートでスピーディなレスポンス対応

LANDFX(ランドFX)は日本語サポートに対応しているため、英語がわからない方でも使い方に困りません。

メールサポートでは、ほぼ数時間で返事があり、スピーディなレスポンスにも対応しているのも大きな魅力と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)の使い方を分かりやすく解説まとめ

LANDFX(ランドFX)は約定スピードが速く、低スプレッド、最大50万円の入金ボーナス、証拠金維持率30%とトレードの使い方を向上させる条件が満載です。

入金方法にSTICPAYを採用、日本語サポートにも対応するなど、LANDFX(ランドFX)の使い方は非常によいため、おすすめです。

LANDFX(ランドFX)は禁止事項が他業者と比較して厳しいものの、利用規約を守った使い方をすれば、難なく利用できます。

ようするに普通にトレードすることが利用規約に反しない使い方であり、LANDFX(ランドFX)で利益獲得を目指せる方法と言えるでしょう。