にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)とXMの特徴を比較してみた

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)とXMはどちらもボーナスの手厚さに定評のある海外FXブローカーです。

しかし、具体的に両者のボーナスにはどういった違いがあるのでしょうか。

また、スプレッドやレバレッジ、手数料などの取引コストはどちらが優れているのでしょうか。

ここでは、LANDFX(ランドFX)とXMの特徴を項目別に比較してみました。

LANDFX(ランドFX)とXMの特徴を比較してみた

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:レバレッジ

LANDFX(ランドFX)とXMのレバレッジを比較すると大きな違いがあります。

LANDFX(ランドFX)の最大レバレッジは500倍なのに対して、XMの最大レバレッジは888倍です。

ただ、レバレッジを考えるときには最大値以外にもレバレッジ制限もみておく必要があります。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジは、有効証拠金と保有ポジションによって以下のように変わります。

・5万ドルまで・・・最大レバレッジ500倍、ただし保有ポジション50ロット以上で200倍に低下

・5万ドル~10万ドルまで・・・最大レバレッジ200倍、ただし保有ポジション100ロット以上で100倍に低下

・10万ドル以上・・・最大レバレッジ100倍、ただし保有ポジション100ロット以上で50倍に低下

また、LANDFX(ランドFX)のECN口座では、有効証拠金10万ドル以上で最大レバレッジ100倍になります。

一方で、XMの最大レバレッジの制限は保有ポジションだけが条件です。

・2万ドルまで・・・最大レバレッジ888倍

・2万ドル~10万ドルまで・・・最大レバレッジ200倍

・10万ドル以上・・・最大レバレッジ100倍

LANDFX(ランドFX)もXMも有効証拠金10万ドル以上のレバレッジは最大100倍で同じですが、少額の有効証拠金で取り引きする場合に大きく異なってきます。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:手数料

LANDFX(ランドFX)とXMのどちらも、スプレッドの狭さが特徴の口座では取引手数料が発生します。 具体的な取引手数料を比較すると以下のようになります。

・LANDFX(ランドFX)のECN口座の手数料・・・1lotあたり往復7ドル

・XMのZero口座の手数料・・・1lotあたり往復10ドル

XMのほうが取引手数料は高くなっていますね。

しかし、取引コストとしては取引手数料だけではなく、事実上の手数料ともいえるスプレッドの比較も欠かせません。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:スプレッド

スプレッドは通貨ペアの売値と買値の差額で、その差額がブローカーの収益となることから事実上の手数料と考えてよいものです。

LANDFX(ランドFX)とXMでそれぞれ、スプレッドの狭さを売りにしている口座のスプレッドを比較してみましょう。

今回はメジャーな通貨ペアとしてUSD/JPYで比較してみます。

・LANDFX(ランドFX)のUSD/JPYのスプレッド・・・0.2

・XMのZero口座のUSD/JPYのスプレッド・・・0.1

取引手数料では負けていたXMですが、スプレッドの狭さではLANDFX(ランドFX)よりも優れています。

ただ、スプレッドは取引タイミングや通貨ペアなどによって変動するもので、単純な比較は難しいものとご承知おきくださいね。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:約定力などの安定性

いくらスプレッドが狭く手数料も安くとも、問題なくトレードできる環境がなければ意味がありません。

XMの約定力については、賛否両論さまざまな声が聞かれますが、おそらく口座タイプによる違いなのでしょう。

それでも、総じておおむねXMは約定力が強いという評判が多いようです。

一方で、LANDFX(ランドFX)は約定力というよりはサーバーの安定性に少しだけ問題があり、たびたびサーバー障害が起こっています。

障害が原因の損失についてはLANDFX(ランドFX)は完全に損失補てん(+ボーナス付与)してくれていますが、通信の安定性を求めるのであればXMに軍配が上がります。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:証拠金維持率とロスカット

いくら高いレバレッジがかけられても、ロスカットになる証拠金維持率が高くては、思うような取り引きもままなりません。

LANDFX(ランドFX)とXMのロスカットになる証拠金維持率は以下のとおりです。

・LANDFX(ランドFX)・・・証拠金維持率30%

・XM・・・証拠金維持率20%

XMのほうがわずかに証拠金維持率が低くなっています。 とはいえ、どちらも十分に低いロスカットレベルといえます。

なお、LANDFX(ランドFX)ではロスカットをストップアウトレベルと呼んでいますが、ロスカットとまったく同じものです。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:ボーナス

LANDFX(ランドFX)もXMもボーナスの手厚さには定評があります。 ボーナスが適用される口座と具体的な入金ボーナスについては以下のとおりです。

・LANDFX(ランドFX)のLPボーナス口座・・・最大50万円まで100%の入金ボーナス

・XMのZero口座以外・・・最大5万円(500ドル)までの入金100%ボーナス+最大45万円(4500ドル)までの入金20%ボーナス

総額で比較すると、LANDFX(ランドFX)とXMどちらも50万円と変わりありませんが、XMではボーナスを満額もらうための必要入金額がLANDFX(ランドFX)にくらべてかなり多くなっています。

ただ、XMはこのほかにも、口座を開設するだけで「入金不要」で自動的にもらえるボーナスが3,000円あります。

単純な比較が難しいところですが、継続的なボーナス利用を考えるとLANDFX(ランドFX)のほうがやや手厚いといえるのではないでしょうか。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較:安全性

LANDFX(ランドFX)とXMでは取得している金融ライセンスに以下の違いがあります。

・LANDFX(ランドFX)の金融ライセンス・・・英国金融行動監視機構(FCA)

・XMの金融ライセンス・・・セーシェル金融庁

これだけみるとLANDFX(ランドFX)のほうが厳しいライセンスを取得しているように思えますが、XMは本社でもLANDFX(ランドFX)と同じくFCAのライセンスを取得しています。 どちらも運営の安全性という点では変わりありません。

ちなみに、LANDFX(ランドFX)は2016年まで取得が簡単なニュージーランドのライセンスしか取得しておらず、たびたび出金拒否が起こるなどの問題がありました。

しかしFCAを取得した現在では、LANDFX(ランドFX)から出金拒否されたという声はほとんど聞かれなくなりました。

LANDFX(ランドFX)とXMの特徴を比較してみた まとめ

LANDFX(ランドFX)とXMはどちらもスプレッドの狭さと手厚いボーナスが特徴的な海外FXブローカーです。

それぞれを詳しく比較してみると、最大レバレッジの高さ、約定力とサーバー安定性ではXM、ボーナスの手厚さではLANDFX(ランドFX)のほうが優れているようです。

ただ、それ以外の部分では大きな違いはみられませんでした。

海外FXブローカーは一定のリスクはあるものと割り切って、複数のブローカーに口座を作ってみるのも良いかもしれませんね。