にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)とXMの比較を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)は最大500倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカー。

そしてXMは老舗ともいえるほどの運営歴を持つ海外FXブローカーです。

海外FX業者の取引条件を評価するにはXMはまさにうってつけの比較対象といえるでしょう。

そこで今回はLANDFX(ランドFX)とXMのスペックを項目別に比較して分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【レバレッジ】

まずはLANDFX(ランドFX)とXMの最大レバレッジを比較してみましょう。

・LANDFX(ランドFX)・・・500倍

・XM・・・888倍

レバレッジの比較に関してはXMの勝利です。

ただ、LANDFX(ランドFX)の500倍も十分に高いレバレッジです。

また、XMのレバレッジは口座残高が200万円を超えると200倍までに制限されてしまいます。

LANDFX(ランドFX)にもレバレッジ制限はありますが、口座残高500万円からです。

したがって、口座残高によっては最大レバレッジの比較結果は逆転することになります。

そのため、レバレッジに関してはそれほど大きな差はないといってもよいでしょう。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【ボーナス】

LANDFX(ランドFX)とXMのボーナスの比較結果は以下のとおりです。

・LANDFX(ランドFX)・・・初回入金ボーナス、リカバリーボーナス

・XM・・・口座開設ボーナス、入金ボーナス

LANDFX(ランドFX)のボーナスは初回入金ボーナスとリカバリーボーナスの2種類。

初回入金ボーナスの内容は以下のとおり。

10%ですね。 率は高くありませんがLANDFX(ランドFX)のボーナスは出金できるという特徴があります。

リカバリーボーナスはロスカット時にもらえる5%のボーナスです。

(※ 出金不可)

LANDFX(ランドFX)ではいずれのボーナスも一度かぎりなうえに、自動的にはもらえず申請が必要です。

対して、XMのボーナスは申請不要で自動的にもらえます。

付与率も100%と破格なうえに残高があるかぎり継続的に受け取れます。

そしてなにより新規に口座を開設するだけでもらえる口座開設ボーナスがあることが大きな違いです。

LANDFX(ランドFX)とXMのボーナスの比較についてはXMの圧勝といってよいでしょう。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【取扱銘柄数】

LANDFX(ランドFX)とXMの取扱銘柄数の比較結果は以下のとおり。

・LANDFX(ランドFX)・・・FX67、CFD22

・XM・・・FX57、CFD47

LANDFX(ランドFX)は通貨ペアの銘柄数が多い一方でややCFDが少なめです。

対してXMはCFDが充実しているものの通貨ペアの銘柄数で劣っています。

FXとCFDは性質が若干異なるため単純比較は難しいところですが、総合的に見てあまり差はないといった印象です。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【プラットフォーム】

LANDFX(ランドFX)とXMで利用できる取引プラットフォームの比較結果は以下のとおり。

・LANDFX(ランドFX)・・・MT4、MT5、マルチターミナル、Zulrトレード

・XM・・・MT4、MT5

取引プラットフォームの比較はLANDFX(ランドFX)に軍配が上がります。

マルチターミナルは複数口座(アカウント)をひとつのプラットフォームで使い分けられることが特徴。

Zuluトレードはいわゆるミラートレードです。

したがって、両者は単なるプラットフォームというよりは派生に近いものです。 た

だそれでも、プラットフォームの選択肢が多いことはやはりLANDFX(ランドFX)の大きな強みです。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【スプレッド・手数料】

LANDFX(ランドFX)とXMの取引コストを比較してみましょう。

取引コストは取引手数料とスプレッドの双方を加味しないと公平な比較とはいえません。

そこでここではLANDFX(ランドFX)、XMのスプレッドの狭い口座タイプにおけるUSD/JPYの取引コストを比較していきます。

結果は以下のとおり。

・LANDFX(ランドFX)のECN口座・・・取引手数料8USD、スプレッド0.2pips

・XMのゼロ口座・・・取引手数料10USD、スプレッド0.1pips

手数料も加味した実質スプレッドはLANDFX(ランドFX)が1.0pips、XMが1.1pips。

取引コストの比較は僅差でLANDFX(ランドFX)の勝利です。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【ゼロカット】

LANDFX(ランドFX)とXMのいずれもゼロカットシステムがあります。

ゼロカットは万が一にも口座残高以上の損失を出しても、その分のマイナスをゼロにリセットしてくれるシステム。

ただ、その内容を細かく比較していくと両者には大きな違いがあることが分かります。

具体的にはゼロカットの執行タイミングが違います。

XMのゼロカットは全自動。

口座残高がマイナスになれば一定時間経過後にマイナス損失がゼロにリセットされます。

対して、LANDFX(ランドFX)のゼロカットには申請が必要です。

ゼロカットシステムの比較に関してはLANDFX(ランドFX)が一歩遅れをとっていると言わざるを得ないでしょう。

LANDFX(ランドFX)とXMを比較【サポート】

LANDFX(ランドFX)とXMのサポート体制を比較してみましょう。

・LANDFX(ランドFX)・・・24時間コールセンター、チャット、フェイスブック、コールバック、日本語メールサポート

・XM・・・日本語メールサポート、チャット XMはメールやチャットによるサポートしかないのに比較して、LANDFX(ランドFX)は通話サポートもあることが特徴的です。

また、マイページ上に常にサポート手段がポップアウトしていることも利便性を高めています。

XMもLANDFX(ランドFX)も充実した日本語サポートには定評があります。

しかし、総合的に比較するとやはりLANDFX(ランドFX)のほうが上を行っているといった印象です。

LANDFX(ランドFX)とXMの比較を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)とXMを項目に分けて比較してきました。

XMは手厚いボーナスとバランスのとれたスペックが特徴。

さすが老舗といったところです。

対して、LANDFX(ランドFX)は取引コストの安さ、プラットフォームのバリエーション、サポートの対応が優れています。

海外FXには約定力や入出金手段など他にも比較すべき項目があります。

しかし総じて、ボーナスよりは取引環境を重視するのであればLANDFX(ランドFX)のほうが使いやすいといってよいでしょう。