にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)は500倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカー。

その高いレバレッジを駆使すれば短期間に莫大な利益を出すことも可能です。

しかし、順調に利益を出すほど気になるのが税金と確定申告。

会社員の人は確定申告をする機会もないため税金の計算方法が分からないという人も多いことでしょう。

そこで今回はLANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告について分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)の利益に税金はかかる?

LANDFX(ランドFX)の利益には税金がかかります。

ただし、LANDFX(ランドFX)で得た利益からは給与のように税金が天引きされたりしません。

そのため、おさめるべき税金の金額を自分で計算して納税する必要があります。

このような、税金の金額を自分で「申告」して「確定」させる手続きが確定申告です。

確定申告の時期は年に一度、2月中旬~3月中旬。

ある程度の利益をLANDFX(ランドFX)で出している人は、その期間中に税務署へ向けて手続きをおこなわなければなりません。

具体的な確定申告のやり方や税金の計算方法はのちほど詳しく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)の税金は確定申告必須?

LANDFX(ランドFX)の利益には原則的に税金がかかりますが、必ずしも確定申告しなければならないわけではありません。

例外的に以下の場合、確定申告は不要です。

もちろん税金をおさめる必要もありません。

・給与所得があって、年間の雑所得が20万円以下の場合

・給与所得がなく、年間の雑所得が38万円以下の場合

LANDFX(ランドFX)で得た利益は雑所得に分類されます。

そして、雑所得にはそのほかの副業収入なども含まれます。

したがって、LANDFX(ランドFX)の年間利益が20万円以下だとしても、他の雑所得との合計額が20万円(38万円)を超えると確定申告することになります。

このような雑所得の扱いは具体的な税金の計算方法の過程においても同様です。

なお、上記の金額を超えて納税義務があるにもかかわらず確定申告しないのはれっきとした脱税行為です。 多少面倒でも必ず確定申告して税金をおさめましょう。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法は総合課税

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法は総合課税です。

総合課税とは、その名の示すとおり確定申告時に他の所得と合算して総合的に課税される方式です。

たとえば、給与所得が300万円あり、LANDFX(ランドFX)の利益が50万円あったとすると税金の対象は350万円になります。

日本は所得が高いほど適用税率が高くなる累進課税です。

そのため、LANDFX(ランドFX)の利益が多くなるほど、給与にかかわる税金に適用される税率もあわせて高くなってしまうのです。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法の国内FXとの違い

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法は総合課税です。

対して、国内FXの税金の計算方法は申告分離課税。 申告分離課税の税率は累進課税ではなく、特例的に一律20%です。

また、申告「分離」課税という名前のとおり、他の所得とは分離されて税金が計算されます。

同じFXでありながらこのように税金の計算方法が違うのはLANDFX(ランドFX)が海外のFXブローカーということが理由です。

LANDFX(ランドFX)のような海外FXは日本の金融ライセンスではなく国際金融ライセンスで営業しています。

そのため、LANDFX(ランドFX)で得た利益は確定申告時に投資で得た所得とはみなされず雑所得に分類されるのです。

ハイレバレッジが使えることやゼロカットがあることなど、海外FXの取引条件は国内FXにはない大きな魅力です。

しかし、こと税金の計算方法については残念ながら明らかに不利と言わざるを得ません。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告のやり方

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告のやり方を具体的に詳しく見ていきましょう。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法は総合課税。

そのため、まずは他の所得を洗い出す必要があります。

説明を分かりやすくするため、ここでは他の所得は給与所得が300万円だけ、LANDFX(ランドFX)の利益を50万円とします。

ちなみに、所得とは収入ではありません。 会社から支給された給与から源泉徴収や社会保険料控除など諸々を引いたものが所得です。

厳密には異なりますが、基本的には手取りと考えて差し支えありません。

そこにLANDFX(ランドFX)で得た利益を合算すると350万円になります。

この合計額が税金の対象になります。

あとは課税所得の金額ごとに定められた計算方法にしたがっていけば税金の金額が求められます。

国税庁が定める課税所得帯ごとの税率は以下のとおり。

・195万円以下・・・税率5%、控除額0円

・~330万円以下・・・税率10%、控除額97,500円

・~695万円以下・・・税率20%、控除額427,500円

・~900万円以下・・・税率23%、控除額636,000円

・~1,800万円以下・・・税率33%、控除額1,536,000円

・4,000万円以下・・・税率40%、控除額2,796,000円

・4,000万円~・・・税率45%、控除額4,796,000円

控除額とは、税率をかけて求めた税金からさらに引けるものです。

このケースではLANDFX(ランドFX)の利益も含めた課税所得は350万円なので税金の金額は以下のようになります。

・350万円×20%-427,500円=272,500円 実際には他にも医療費などの控除があるため税金の金額はさらに低くなります。

ただ、全体の流れは上記のとおり。考慮すべき項目が増えても考え方は同じです。

税金の計算方法の全体のイメージはできるのではないでしょうか。

あとは期間内に書類を作成して最寄りの税務署へ提出すれば確定申告完了です。

なお、納税はその場でもできますし、あとから支払うことも可能です。

ちなみに、LANDFX(ランドFX)以外のブローカーも併用している場合、それらの利益を個別に確定申告する必要はありません。

すべての利益を合算して確定申告すればよいだけです。

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)の税金の計算方法は総合課税です。

そのため確定申告時には他の所得と合算して税金を計算しなければなりません。

この計算方法は国内ブローカーにくらべると明らかに不利です。

しかし、LANDFX(ランドFX)のような海外FXにはハイレバレッジが使える、ゼロカットがあるという大きなメリットがあります。

それを考えればこの程度のデメリットは仕方がないといえるでしょう。