にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】FXGTの詳細ページはこちらから

【4位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

海外FXブローカーの中でも最大500倍というハイレバレッジトレードにチャレンジできるLANDFX(ランドFX)でこれから取引してみたいという人もいるでしょう。

LANDFX(ランドFX)をはじめとする海外FXブローカーを利用する場合、国内FXブローカーとの違いにレバレッジの高さをあげる人もいますが、ゼロカットや追証についての違いに注目しているという人もいますよね。

LANDFX(ランドFX)では、ゼロカットやロスカットの条件はどのようになっているのでしょうか。

実はLANDFX(ランドFX)では、海外FXブローカーの中でも珍しい独自のゼロカットルールなどがあるようです。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)のゼロカットとは?

LANDFX(ランドFX)をはじめとする海外FXブローカーでは「ゼロカットシステム採用」という文章をよくみるという人も多いでしょう。

そもそも「ゼロカット」とは、トレーダーの必要証拠金がロスカットによりマイナスになった場合に、ブローカー側がマイナス分を補填してゼロにリセットしてくれるというシステムのことをさします。

LANDFX(ランドFX)などの海外FXブローカーは、日本の金融庁のライセンスではなく海外の金融ライセンスを保有しているというところも多く、日本の法律で定められた「追証」をルールとして強制的に導入することがほとんどありません。

「追証」とは、正式名称を「追加証拠金」といい、ポジション保有中にブローカー側が定めた一定の証拠金維持率を下回った場合に支払いを求められる追加の証拠金のことを指します。

日本国内のFXブローカーの場合、日本の法律によって「追証」ルールが義務付けられているため、ポジション保有中に一定の証拠金維持率を下回れば必ず追証が求められるでしょう。

そして追証を支払わずにそのまま証拠金維持率がさらに下回っていけば、ロスカットが執行されてポジションが強制的に決済されます。

しかしLANDFX(ランドFX)のような海外FXブローカーには追証ルールが義務付けられていませんので、一定の証拠金維持率を下回ればそのままロスカットが執行されるのです。

そのため、急な値動きによりロスカットが一定の証拠金維持率で間に合わず、大幅なマイナスを出してロスカットされるという場合があります。

このようにロスカットが間に合わず出てしまった証拠金のマイナス分は、LANDFX(ランドFX)側が補填してゼロにリセットしてくれるのです。

LANDFX(ランドFX)はゼロカット対応だが追証される可能性もあり

基本的にLANDFX(ランドFX)は、追証なしのゼロカットシステム採用とうたっています。

ただしLANDFX(ランドFX)側がトレーダーに対して、「きちんとリスク管理がされていなかった」と判断された場合には、ゼロカットせずに追証が求められる場合もあるようです。

「リスク管理がされなかった」とは、たとえば証拠金に対して金額ギリギリのハイレバレッジトレードを行い、エントリー後にすぐロスカットされるような状況のことを指します。

LANDFX(ランドFX)は基本的にはゼロカット採用だが、リスク管理ができていないと判断された場合には追証を求めるという独自のルールがありますので、資金にある程度余裕をもってハイレバレッジトレードを楽しむのがよさそうです。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは自己申告制

一般的な海外FXブローカーの場合、ロスカットにより証拠金がマイナスになれば自動的にロスカットが執行されるというところも多くなっています。

しかしLANDFX(ランドFX)は2021年現在のところ、独自のルールが採用されており、証拠金がマイナスになってしまった場合、トレーダーがLANDFX(ランドFX)側に申告を行うことでゼロカットが執行されるようです。

つまりLANDFX(ランドFX)のゼロカットで証拠金がマイナスになっても、トレーダーが申告しなければ証拠金はマイナスのままになってしまうことになります。

LANDFX(ランドFX)のゼロカット申請方法

LANDFX(ランドFX)で証拠金がマイナスになってしまった場合には、以下の手順でLANDFX(ランドFX)側にゼロカットを行ってもらいましょう。

  • LANDFX(ランドFX)の公式サイトを開き、画面右側にあるサポートセンターへの問い合わせボタンをクリックする(問い合わせ方法は「チャット」「電話」「Eメール」「facebook」などから選択可能)
  • 画面の案内に従って、氏名・Eメールアドレスなどを入力し、証拠金がマイナスになってしまったMT4アカウントIDとマイナス金額なども記載していく
  • 「内容」の欄などに、ゼロカットにより証拠金がマイナスになったのでゼロカットして欲しいという内容の文章を入力して送信する

LANDFX(ランドFX)は海外のFXブローカーですが日本語で問い合わせ内容を送信しても対応してもらえます。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットが執行されるタイミングは?

LANDFX(ランドFX)のゼロカットが執行されるタイミングについてですが、クチコミなどをみているとゼロカット申請を行ってから1日以内に行われることが多いようです。

またスワップが発生するロールオーバーの時間帯にゼロカットされることが多いというクチコミもありましたので、ロールオーバーに近いタイミングで申告を行うと比較的早くゼロカットが執行される可能性も高いかもしれません。

LANDFX(ランドFX)にゼロカットの申告を行って数日が経過してもゼロカットされないという場合には、再度LANDFX(ランドFX)に問い合わせを行ってみましょう。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説してきました。

LANDFX(ランドFX)は海外のFXブローカーであり、基本的に追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

ただし他の海外FXブローカーとは異なりゼロカットは自己申告制となっていますので、ロスカットにより証拠金がマイナスになってしまった場合には、すみやかにLANDFX(ランドFX)のサポートセンターへゼロカットの申請を行っていきましょう。