にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

数ある海外FXブローカーのなかでもLANDFX(ランドFX)は手厚いボーナスが特徴的な企業です。

しかし、他のブローカーでは一般的なゼロカットがLANDFX(ランドFX)ではないようにも思えます。

ゼロカットなしでハイレバレッジな取り引きをするのはあまりにもリスクが高すぎますよね。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)のゼロカットについて、その有無から適用条件まで、分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)のゼロカットとは?追証との違いは?

ゼロカットとは、取り引きによって損失が生じ口座残高がマイナスになっても、マイナス分をカットして口座残高をゼロにリセットしてくれる救済措置です。

ゼロカットは多くの海外FXブローカーでも採用されており、LANDFX(ランドFX)にもゼロカットはあります。

しかし、LANDFX(ランドFX)は大々的にゼロカット採用を公言しておらず、あくまでひっそりと行われているにすぎません。

下記の画像は、LANDFX(ランドFX)の公式サイトにあるものです。

このように、LANDFX(ランドFX)では、ゼロカットについて公式サイトのお客様サポート情報の一環として小さく書かれているだけです。

ところで、上記画像では「追証に関して」とされてゼロカットについて説明されています。

追証とは追加の証拠金のことで、為替相場が急変した結果、不足することとなった証拠金をポジション保有のために差し入れることを指します。

したがって、強制的にポジションが決済された結果生じた口座残高のマイナス分は、厳密には追証とは異なります。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは申請制

ゼロカットにあまり積極的ではないLANDFX(ランドFX)は、ゼロカットシステムの適用方法も他の海外FXブローカー違い申請制になっています。

多くの海外FXブローカーは、口座残高がマイナスになると一定時間経過後に自動的にゼロカットされるのに対して、LANDFX(ランドFX)ではいくら待っても口座残高がゼロにリセットされることはありません。

また、リスク管理が十分にされていないとLANDFX(ランドFX)が判断した場合、ゼロカットの対象外となることもあります。

やや厳しい条件のようにも思えますが、そもそもLANDFX(ランドFX)は非常に手厚いボーナス制度があり、ボーナスは損失補てんにも使えることを考えると、それでリスク管理をしてほしいということなのかもしれませんね。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットとロスカットの違い

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは、為替相場の急変などで一時的にマイナスになった口座残高をゼロに戻してくれるシステムでした。

一方で、ロスカットには損失をなくす機能はありません。

ロスカットは保有ポジションの含み損が、口座残高では耐えられない水準になったときに自動的にポジションを強制決済するシステムです。

このシステムはLANDFX(ランドFX)ではロスカットではなく、ストップアウトと呼ばれ、保有ポジションに対する証拠金維持率が30%を下回ると自動的に執行されます。

LANDFX(ランドFX)でゼロカットになるタイミング

先ほど触れたように、LANDFX(ランドFX)のゼロカットは自動的に執行されません。

サポートデスクに連絡を入れて、ようやくゼロカットの申請がされます。

その後、LANDFX(ランドFX)側で申請が受理されて承認となって、やっとゼロカットとなります。

具体的なゼロカットのタイミングはケースバイケースなのですが、一般的にはロールオーバー時間に合わせてゼロカットするブローカーが多くなっています。

LANDFX(ランドFX)のロールオーバー時間は冬時間では平日の07時~07時5分です。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットにデメリットはある?

ゼロカットの申請が通らないというリスクはあるものの、ゼロカット自体にリスクはありません。

ゼロカットしたからといって特にペナルティがあるわけでもなく、その後、資金を入金すれば通常どおりにトレードが再開できます。

LANDFX(ランドFX)でゼロカットされないケース

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは申請制のため、ゼロカットされるかどうかは非常に重要です。

しかし、LANDFX(ランドFX)はゼロカットの対象となるか否かについて「リスク管理」以外に明確な基準を示していません。

他の海外FXブローカーでもゼロカットとなる以下のような取り引きはゼロカットの対象外となると考えておいたほうが良いでしょう。

・LANDFX(ランドFX)でゼロカットされないと思われるケース①:複数口座(複数アカウント)を使った両建てトレード

複数口座(複数アカウント)を使った両建てトレードは、ゼロカットを悪用するとローリスク・ハイリターンの取り引きとなります。

これはゼロカットによってブローカーが損失(リスク)を一方的に被る取り引きのため、多くのブローカーは不正な行為とみなし、ゼロカットの対象外としています。

まず間違いなくLANDFX(ランドFX)でも、複数口座(複数アカウント)を使った両建てトレードはゼロカット対象外となるでしょう。

・LANDFX(ランドFX)でゼロカットされないと思われるケース②:システムの欠陥をついたトレード

相場急変時などに起こりやすいサーバー遅延などの欠陥やシステム上のエラーを利用したトレードについても、多くの海外FXブローカーはゼロカット対象外としています。

おそらくLANDFX(ランドFX)も同様です。

・LANDFX(ランドFX)でゼロカットされないと思われるケース③:過度なスキャル・スキャルピング

サーバーに大きな負荷をかけるような、過度なスキャル・スキャルピングを禁止しているブローカーも少なくありません。

これはなんともいえないのですが、LANDFX(ランドFX)でも過度なスキャル・スキャルピングをゼロカットの対象外としている可能性は低くないと思われます。

LANDFX(ランドFX)でゼロカットされず口座残高がマイナスになったままのときは?

ゼロカットが執行されず口座残高がマイナスになったからといって、マイナス分を追加で入金することはできません。

まずは、LANDFX(ランドFX)へゼロカットの申請をする必要があります。

それでも理由もわからず口座残高がマイナスのままの場合、サポートデスクの見落としの可能性があります。

焦って入金しようとせず、かならず再び問い合わせましょう。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは、他の海外FXブローカーと異なり、積極的には執行されません。

口座残高がマイナスになった時点で自分からサポートデスクにゼロカットの申請をしなければなりません。

また、リスク管理が不十分とLANDFX(ランドFX)にみなされた場合はゼロカットの対象外となることもあります。

そもそもLANDFX(ランドFX)は損失補てんにも使える手厚いボーナスがあります。

ゼロカットがあるからと大胆になりすぎず、十分なリスク管理をしてトレードするようにこころがけましょう。