にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

LANDFX(ランドFX)ではゼロカットしてもらえるの?

ところでゼロカットってなに? あなたは今、このようにお考えですよね。

LANDFX(ランドFX)の最大レバレッジ500倍を適用すれば必要証拠金を抑えて取引することが可能です。

ハイレバレッジ取引での損失発生時に適用されるゼロカットですが、いったいどのようなものなのでしょうか。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは、トレーダーを多大な損失から守る制度です。

自動的にゼロカット執行となる取引所が多い中、LANDFX(ランドFX)では申請が必要になります。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットとは?

LANDFX(ランドFX)のゼロカットとは、FXトレードの損失(マイナス残高)をゼロにしてもらえる制度です。

たとえばLANDFX(ランドFX)でゼロカット対象となるシーンは、相場の急変によって思わぬ相場でロスカットされてしまった場合です。

国内FXではゼロカットが適用されないため、トレードで発生させてしまった損失は、借金として返済しなければいけません。

ゼロカットは、LANDFX(ランドFX)を含む海外FXで広く採用されている、FXトレーダーを借金リスクから守る制度です。

ようするにLANDFX(ランドFX)のトレードで負けてしまったとき、トレーダーが失うものは証拠金だけ、ということです。

ゼロカットはLANDFX(ランドFX)で安心してトレードするために、かかせない制度と言えるでしょう。

LANDFX(ランドFX)のゼロカット申請方法

LANDFX(ランドFX)のゼロカット申請方法は、「お客様サポート」フォームから行います。

サポートフォームに、LANDFX(ランドFX)の口座残高がマイナスに転じてしまったむねと、マイナス金額・MT4アカウントを記載し、日本サポート窓口へゼロカット申請を行ってください。

するとLANDFX(ランドFX)でゼロカットが執行され、マイナス口座から回復します。

他社ではマイナス口座になった後、自動的にゼロカット執行となる取引所が多いですが、LANDFX(ランドFX)では申請しなければ執行されませんのでご注意ください。

ご注意いただきたいのはゼロカット申請が完了したからと、執行前にLANDFX(ランドFX)へ入金しまうことはおすすめできません。

LANDFX(ランドFX)のヘルプにも「入金前」にサポートへゼロカット申請するように記述がありますので、ゼロカットご希望の方はすみやかに申請しましょう。

LANDFX(ランドFX)のゼロカット執行のタイミング

LANDFX(ランドFX)のゼロカット執行タイミングは、LANDFX(ランドFX)へゼロカット申請後に承認されて執行されます。

ゼロカットの執行タイミングや時間は明確ではなく、LANDFX(ランドFX)でも公開していません。

ただ多くの海外FXのゼロカット執行タイミングを確認すると、ロールオーバー時だと言うパターンも見受けられます。

LANDFX(ランドFX)のロールオーバーは、平日の7時(サマータイムは6時)ですので、ゼロカット執行タイミングのひとつの目安になるかもしれません。

申請後、なかなかLANDFX(ランドFX)でゼロカット執行とならない場合は、一度問い合わせてみてもよいでしょう。

クローラーが巡回し、マイナス残高に対して自動的にゼロカット執行となる取引所の場合は申請が必要ありませんが、LANDFX(ランドFX)は申請制ですので手動ゼロカットの可能性が大きいです。

手動ゼロカットの場合は、LANDFX(ランドFX)側のミスも起こり得ますので、忘れてしまっている可能性も考慮し、再問合せすることをおすすめします。

LANDFX(ランドFX)はゼロカット対応。でも追証される可能性あり

LANDFX(ランドFX)のサポートでゼロカットに関する記述に、きちんとリスク管理が行われていないかった場合は追証する可能性がある、と記載されています。

追証とは、含み損を抱えてしまったポジションの証拠金維持率を回復させるために、証拠金を追加入金することをさします。

LANDFX(ランドFX)が提供するハイレバレッジ取引ではじゅうぶんな証拠金が必要で、証拠金が少ない場合は即ロスカットされゼロカットされてしまいます。

このような事態を考慮して、LANDFX(ランドFX)では追証を求めるパターンがあると考えられるでしょう。

通常追証は、ゼロカットが採用されている取引所では採用されていませんが、LANDFX(ランドFX)では追証に関する記述が存在します。

海外FXのセールスポイントであるゼロカットですが、LANDFX(ランドFX)ではゼロカットを積極的にアピールしているイメージがないことがうかがえるでしょう。

LANDFX(ランドFX)でゼロカットが認められないパターン

上述した通り、LANDFX(ランドFX)ではリスク管理されていなかった場合に追証発生とともにゼロカット認められない可能性があります。

その他にもゼロカットが認められないパターンは存在するのでしょうか。

LANDFX(ランドFX)をはじめとした多くの海外FXでゼロカットが認められないパターンをあげながらみていきましょう。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは複数口座による両建ての場合、認められない

LANDFX(ランドFX)で複数口座による両建てを行った場合の、ゼロカットは認められません。

両建てでは一方のポジションで利確し、もう一方も損失ポジションでゼロカットしてしまうと、トレーダーは確実に利益獲得となります。

一方、ゼロカットによる両建ての損失はLANDFX(ランドFX)が負担しなければいけません。

確実にトレーダーが利益獲得となるしくみができてしまうため、複数口座による両建てはゼロカット対象外となると考えられています。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは取引所やシステムの盲点をついた取引の場合、認められない

相場急変時のレート遅延など、あらかじめ予測できる取引所独自のシステムにおける盲点をついた取引は、多くの海外FXで認められていません。

よってLANDFX(ランドFX)でもゼロカット対象外となると考えられるでしょう。

その他にもアービトラージ取引やサーバーに負担をかけるようなスキャルピングなども、LANDFX(ランドFX)のゼロカット対象外になりかねません。

特にLANDFX(ランドFX)のトレード条件は、高額ボーナス制度などの理由から他社と比較して厳しいイメージがありますので、ご注意ください。

LANDFX(ランドFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

LANDFX(ランドFX)のゼロカットは、トレーダーの損失リスクをなかったことにしてくれる魅力的な制度です。

ただしLANDFX(ランドFX)のゼロカットは申請制ですので、忘れずに手続きを行いましょう。

LANDFX(ランドFX)はトレード条件が厳しいため、ゼロカット執行できないパターンも存在します。

他社で禁止されているトレードを守ることは、LANDFX(ランドFX)でゼロカットしてもらうためにかかせない条件と言えるでしょう。