にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4アプリの使い方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

世界シェアNo1の取引ツールであるMT4。

そんなMT4をスマホアプリで使ってみたいという人もいるでしょう。

MT4には専用アプリがありますので、アプリでのチャート分析や注文・決済が可能です。

ここでは、MT4アプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

MT4アプリの使い方を分かりやすく解説

MT4アプリを利用してトレードを始めるためには、まずはMT4に対応したFXブローカーにてMT4口座の開設が必要です。

MT4に対応したブローカーには以下のようなところがありますので、それぞれ自分にあったFXブローカーにてMT4口座を開設してください。

MT4対応の国内FXブローカー

  • 楽天証券
  • オアンダジャパン
  • JFX
  • ゴールデンウェイジャパン
  • フォレックスエクスチェンジ

など。

MT4対応の海外FXブローカー

  • XM
  • TitanFX(タイタンFX)
  • Axiory(アキシオリー)
  • BigBoss(ビッグボス)
  • Gemforex(ゲムフォレックス)
  • iForex(アイフォレックス)

など。 ここでは、海外FXブローカーであるXMのMT4口座を利用してアプリの使い方を開設していきます。

MT4アプリの使い方 アプリのインストールからログインを行う方法

まずはMT4アプリをスマホにインストールして、アカウントを開設したFXブローカーの取引口座にログインする方法をみていきましょう。

iPhoneであればAppStore、AndroidならGooglePlayを立ち上げて、検索窓に「MT4」と入力してください。

MT4アプリが表示されるので「入手」「インストール」などをタップして、アプリをスマホにインストールします。

インストールが完了したらアプリを立ち上げて、MT4アプリのメイン画面を表示させてください。

始めに気配値一覧の画面が表示されるので、画面下部にあるメニュー一覧の中から「設定」をタップしていきましょう。

設定画面が表示されたら「新規口座」をタップして、アカウント開設したFXブローカーのアカウントにログインします。

  1. 「新規口座」画面が表示されたら「既存のアカウントにログイン」をタップする
  2. 「サーバー」が表示されたら検索窓に登録しているアカウントの指定するサーバー名を入力して選択する
  3. 「ログイン」画面が表示されたら、登録しているアカウントの指定するログインIDとパスワードを入力し、右上の「サインイン」をタップする

正常にログインが完了すれば、登録したFXブローカーの取引画面が表示されます。

MT4アプリの使い方 チャートの見方と使い方

MT4アプリから登録しているFXブローカーの口座にログインできたら、続いて実際に取引を行うためのチャートの見方と使い方を確認していきましょう。

自分の取引する通貨ペアのチャートをMT4アプリに表示する方法

  • MT4アプリの下部に表示されるメニュー一覧の中から、「気配値」をタップする
  • 気配値一覧の中からチャート表示させたい通貨ペアをタップする
  • 通貨ペアごとのメニューが表示されるので、その中から「チャート」をタップする
  • 指定した通貨ペアのチャートが表示される

表示させた通貨ペアチャートの時間足を変更する

  • MT4アプリで取引する通貨ペアのチャートを表示させた状態から左上の「H1」をタップする(デフォルトの状態だとH1になっているが、M1やD1などの表示の場合もある)
  • 表示可能な時間足の選択メニューが表示される(M1は1分足、H1は1時間足、D1は日足、W1は週足、MNは月足など)ので自分が表示させたい時間足を選択してタップする
  • チャートが指定した時間足のものに切り替わる

チャートの表示方法を変更する(バーチャート・ローソク足・ラインチャートのいずれかでの表示が可能)

  • MT4アプリで取引する通貨ペアのチャートを表示させた状態から、チャート上で一度タップする
  • メニューが表示されるので、その中の「設定」をタップする
  • チャートの設定画面が表示されるので「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」から好きなものを選んでタップする
  • 選択した表示方法にてチャートが表示される

チャート上に水平線やトレンドラインを書き込む

  • MT4アプリで取引する通貨ペアのチャートを表示させた状態から、チャート上部に表示されている図形(まる・三角・四角が重なったアイコン)アイコンをタップする
  • 「オブジェクト」画面が表示されるので「オブジェクト追加」をタップする
  • チャート上に表示させたいラインを選ぶ
  • チャート上の表示させたいところでタップすると指定したラインが表示される

表示させたいラインによっては始点と終点をそれぞれタップしてラインを作るものもあります。

チャート上にインジケーターを挿入する

  • MT4アプリで取引する通貨ペアのチャートを表示させた状態から、チャート上部に表示されている「f」アイコンをタップする
  • 「インディケータ」画面が表示されるので「メインウィンドウ」をタップする
  • 追加可能なインジケーターの一覧が表示されるので挿入するものを選んでタップする
  • インジケーター表示の条件などを入力してOKボタンを押せば、チャート上にインジケーターが表示される

MT4アプリの使い方 注文方法

MT4アプリのチャートが使いこなせるようになってきたら、続いてMT4アプリでの新規注文や決済にもチャレンジしてみましょう。

ここではMT4アプリを使った新規注文方法を紹介します。 MT4アプリで新規注文を行う場合には、自分の取引する通貨ペアチャートを表示させた状態から、画面を一度タップしてメニューを表示させてください。

メニューが表示されたら「トレード」をタップするとMT4アプリの新規注文画面が表示されます。

成行注文のやり方

  • MT4アプリの新規注文画面を表示させた状態から、一番上に表示されている注文方法にて「成行注文」をタップする
  • 注文数量(ロット数)を選択する
  • 損切り価格を指定したい場合には「ストップロス」、利食い価格を指定したい場合には「テイクプロフィット」にそれぞれ指値価格を入力する
  • 売注文の場合には「成行売り」、買注文の場合には「成行買い」をタップして注文を完了させる

指値注文のやり方

  • MT4アプリの新規注文画面を表示させた状態から、一番上に表示されている注文方法にて指値買いは「Buy Limit」指値売りは「Sell Limit」をタップする
  • 取引数量(ロット数)を選択する
  • 「価格」に指値価格を入力する
  • 損切り価格を指定したい場合には「ストップロス」、利食い価格を指定したい場合には「テイクプロフィット」にそれぞれ指値価格を入力する
  • 有効期限を設定したい場合には「有効期限」の項目にて日付を設定する
  • 「発注」をタップして注文を完了させる

MT4アプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回はMT4アプリの使い方を分かりやすく解説してきました。

MT4は多くのFXブローカーで採用されているアプリでも利用しやすい取引ツールです。

まずは取引を行うFXブローカーにアカウント登録を行い、MT4口座を開設していきましょう。