にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4のアラート設定方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

MT4を利用している人の中には、一定の価格を相場が突破したらお知らせしてほしいと考えている人もいるでしょう。

裁量トレーダーの多くは、24時間チャートに張り付いていることが難しく注文や決済のタイミングを逃してしまうという人も多くなっています。

しかしMT4に実装されているアラート機能を利用すれば、自分の希望するタイミングでアラートがお知らせをしてくれるでしょう。

ここでは、MT4のアラート設定方法について分かりやすく開設していきます。

MT4のアラート設定方法を分かりやすく解説

MT4のアラート設定方法でお知らせできること

MT4のアラート機能を活用すると、以下のようなお知らせをアラートにて通知してもらうことが可能です。

  • 売値が指定したレートよりも低くなった場合
  • 売値が指定したレートよりも高くなった場合
  • 買値が指定したレートよりも低くなった場合
  • 買値が指定したレートよりも高くなった場合
  • MT4上で指定した時間になった場合

MT4のアラート設定方法 基本的なアラート設定画面の表示方法

MT4のアラート設定は複数の条件を組み合わせて利用することができるようになっていますが、ここでは基本的なアラート設定画面の表示方法までをまずはみていきましょう。

MT4にてアラート設定画面を表示させる場合には、以下の手順を踏んでください。

  • MT4にログイン後に上部メニューバーに表示されている「表示」をクリックする
  • 「表示」のプルダウンメニューにて表示される「ターミナル」をクリックする
  • 画面下部にターミナルウィンドウが表示されるので、ターミナルウィンドウ下部に表示されるタブの中から「アラーム設定」をクリックする
  • 「アラーム設定」タブをクリックしたターミナルウィンドウ上で左クリック(Macはダブルクリック)し、「作成」をクリックする
  • アラート設定画面が表示される

MT4のアラート設定方法 項目別の詳細な設定方法

MT4のアラート設定画面が表示できたら、実際にアラートの設定を行っていきましょう。

MT4のアラート設定方法では、さまざまな条件でアラートが設定できる分、操作が少々複雑になっていますので各項目ごとにそれぞれ詳しく開設していきます。

MT4のアラート設定の「有効にする」ボタン

MT4のアラート設定画面が表示されると、一番上に「有効にする」というチェックボックスが確認できるでしょう。

このチェックボックスにチェックをいれて「有効にする」の状態になると、指定した条件でアラート通知がくるようになります。

「有効にする」のチェックボックスにチェックが入っていない場合には、アラートの条件を指定してもアラート通知がされませんので注意してください。

MT4のアラート設定の「アクション指定」

MT4のアラート設定では「アクション指定」の設定も行えるようになっています。

「アクション指定」とは、ユーザーが指定した条件を満たしてアラートが発動するタイミングで、どのようなアクションを起こすかを指定する項目です。

具体的に「アクション指定」では、次のようなアクションを指定することができます。

  • 「Sound」...アラート通知が発動すると音が鳴る
  • 「File」...アラート通知が発動すると指定したファイルのプログラムが起動する(音楽ファイルや動画ファイルが起動してお知らせするなど)
  • 「Mail」...アラート通知が発動すると事前に指定したメールアドレスにメールが届いてお知らせする
  • 「Notification」...スマホにMT4アプリをインストールしている場合、アラート通知が発動するとスマホのプッシュ通知にてお知らせする

アクション指定の「テスト」をクリックすると、正常にアラート通知が指定した方法で作動するかどうかが確認できるでしょう。

MT4のアラート設定の「通貨ペア」

通貨ペアはアラームを有効化する通貨ペアを選択します。 指定した通貨ペアで条件を満たすと、アラートが発動するでしょう。

MT4のアラート設定の「ソース」

「ソース」とは、MT4アラート設定の「アクション指定」で指定した方法により、表示されるものが変わってきます。

アクション指定で指定したアラート通知方法の詳細を設定する項目です。

たとえばアクション指定にて「Sound」を指定すると、「ソース」にて効果音が複数選択できるようになり好きなものを通知音として利用できます。

またアクション指定にて「File」を指定すると、「ソース」にてアラート通知条件を満たした時に発動させるファイルを選択することになるでしょう。

MT4のアラート設定の「間隔設定」

アラート設定の「間隔設定」では、通知を繰り返す間隔の設定が行えます。

「10sec」「30sec」「60sec」はそれぞれ10秒間隔・30秒間隔・60秒間隔となり、「3min」「5min」はそれぞれ3分間隔・5分間隔、「1hour」は1時間間隔を意味します。

MT4のアラート設定の「有効期限」

アラート通知の条件に有効期限を設けたい場合には、ここで設定していきます。

アラート設定に特に期限を求めない場合には、有効期限のチェックを外しておけば無期限で条件設定が行えるでしょう。

有効期限を設ける場合には、「有効期限」項目をタップするとカレンダーが表示されるので、そこで有効期限を指定してください。

MT4のアラート設定の「条件」

アラートを通知するための具体的な条件を選択していきます。

条件は以下のいずれかを選択してください。

  • Bid<...売値が指定したレートよりも低くなった時にアラートを起動させたい場合
  • Bid>...売値が指定したレートよりも高くなった時にアラートを起動させたい場合
  • Ask<...買値が指定したレートよりも低くなった時にアラートを起動させたい場合
  • Ask>...買値が指定したレートよりも高くなった時にアラートを起動させたい場合
  • Time...MT4上で指定した時間になった時にアラートを起動させたい場合

MT4のアラート設定の「価格」

アラートの条件を選択したら、アラートを起動するトリガーとなる価格を設定していきます。

価格にはレートを直接キーボードで数字を入力することも可能ですし、チャート上の価格をクリックして指定することも可能です。

またアラート設定の「条件」に「Time」を指定した人は、MT4でアラート通知が起動する時間を入力してください。

MT4のアラート設定の「反復時間」

通知を繰り返す回数の選択ができます。

1回から最大1000回までの反復回数が選択できるので好きなものを選んでいきましょう。

MT4のアラートはスマホからは設定できない

MT4にはスマホアプリもありますが、MT4アプリではアラート通知を受けることができますが、アラート設定を行うことはできません。

よってMT4のアラート設定を利用したいという場合には、必ずPCからのアラート設定が必要になってくるでしょう。

スマホのみを利用してトレードしている人の場合、アラート設定が利用できませんので注意してください。

MT4のアラート設定方法を分かりやすく解説まとめ

MT4のアラート設定方法について分かりやすく開設してきました。

MT4ではPC画面からアラート設定を行うことができるようになっています。

通知の受け取り方や条件なども細かく設定できますので、ぜひ活用してみてくださいね。