にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4のGMT設定方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

世界中のFXブローカーで採用されている取引ツールのMT4。

そんなMT4で取引をしている人の中には、MT4の時間設定について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

取引ツールであるMT4ではGMTという標準時間が採用されています。

そこで今回はMT4のGMT設定方法について詳しく解説していきます。

MT4のGMT設定方法を分かりやすく解説

MT4のGMTとは?

MT4の時間表示で採用されることも多いGMTとは「Greenwich Mean Time」というもので、日本語で「グリニッジ標準時」のことです。

このグリニッジ標準時とは、経緯0度にある英国のグリニッジ天文台を通る子午線(南北線)を基準とした「平均太陽時」のことを指しています。

英国のグリニッジ天文台を基準とした時刻表示になるので、英国のロンドンなどは「GMT±0」と表示されるルールです。

また日本の自国をGMTにて表示する場合ロンドンと東京の時差は+9時間ありますので、日本時間は「GMT+9」と表示されることになります。

MT4のGMTはFXブローカーによっても設定が異なる

MT4のチャートの表示時間を見ていると日本時間とずれていてわかりにくいという人も多いでしょう。

MT4で表示されている時刻はGMTでどれくらいなのかが気になるという人もいますよね。 MT4のGMTはFXブローカーによっても設定が異なります。

そのため、たとえば日本時間の20時にMT4のチャートを確認したとしても、登録しているFXブローカーによってMT4で表示されている時刻は異なってくるのです。

ここでは日本人トレーダーに人気のあるFXブローカーのGMT表示時刻をみていきましょう。

海外FXブローカー「XM」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

海外FXブローカー「TitanFX(タイタンFX)」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

海外FXブローカー「GemForex(ゲムフォレックス)」

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

海外FXブローカー「Axiory(アキシオリー)」

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

海外FXブローカー「LAND FX」

  • 夏時間...GMT −5
  • 冬時間...GMT −4

国内FXブローカー「FOREX.COM」の場合

  • 通念を通して...GMT+9

国内FXブローカー「楽天証券」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

国内FXブローカー「楽天証券」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

国内FXブローカー「楽天証券」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

国内FXブローカー「OAMDA JAPAN」の場合

  • 夏時間...GMT+3
  • 冬時間...GMT+2

基本的には国内FXブローカーも海外FXブローカーも「夏時間はGMT+3」「冬時間はGMT+2」を採用しているところが多くなっています。

日本時間には夏時間や冬時間という概念がなく、通年を通してGMT+9ですので、「夏時間はGMT+3」「冬時間はGMT+2」を採用しているところは、

「夏時間は日本時間と6時間差」「冬時間は日本時間と7時間差」でMT4に時刻が表示されていることになるでしょう。

MT4のGMT設定 複数のFXブローカーを利用している人は表示時刻に注意

このように同じMT4を利用している場合でも、FXブローカーによってはMT4に表示されている時間が異なってきます。

複数のFXブローカーを併用して使っているという人の場合、MT4上の同時刻のチャートを見ていても実は全く違う時間のチャートを見ているという可能性もあるので注意してください。

複数のFXブローカーにてチャートを確認する場合には、それぞれのFXブローカーのGMT表記時刻を事前に確認しておきましょう。

MT4のGMT設定 夏時間と冬時間の切り替わりタイミングもFXブローカーによって異なるので注意

MT4を採用しているFXブローカーの中には夏時間と冬時間の概念を持ち、GMTの切り替えが行われるFXブローカーも多いものです。

基本的に夏時間と冬時間の切り替えを採用しているFXブローカーでは毎年3月と11月に切り替えが行われます。

ただし詳細な切り替え日時はFXブローカーによっても異なりますので、

同じGMT+2(またはGMT+3)を採用しているFXブローカーでも切り替え日時によってMT4の表示時刻にずれが生じる可能性があるでしょう。

複数のFXブローカーのMT4でチャートを確認している人は、夏時間と冬時間の切り替えのタイミングもしっかりブローカーごとに確認しておくのがおすすめです。

MT4のGMT設定 日本時間への切り替え方法

ここまでMT4のGMT設定はFXブローカーのサーバー時間によって表示される時刻が異なるという説明をしてきました。

しかし、複数のFXブローカーを利用している人であればMT4のGMT表示時間を1つに統一したいという人もいるでしょう。

MT4のインジケーターの中には、MT4のGMTを日本時間に表示変更できるツールもあります。

ただしデフォルトの状態でMT4に実装されているインジケーターではありませんので、外部からインジケーターを実装する必要があるでしょう。

MT4の表示時刻を日本時間に切り替えるインジケーターには「JPN_Time_Light(MT4用)」などのインジケーターをインストールしてみるのがおすすめです。

他にもGoogleなどで「MT4 日本時間 インジケーター」などのキーワードで検索をかけると、無料で配布している日本時間表示のためのインジケーターを見つけることができます。

それぞれのインジケーターで表示方法なども異なりますので、自分に合ったものを選んでいきましょう。

MT4のGMT設定方法を分かりやすく解説まとめ

今回はMT4のGMT設定方法について詳しく解説してきました。

MT4のGMTはFXブローカーによっても表示時刻が異なり、夏時間はGMT+3・冬時間はGMT+2を採用しているところが多くなっています。

複数のFXブローカーのMT4で取引をしているという人は、日本語表示のインジケーターなどを利用して表示時刻を統一してしまうのもよいでしょう。