にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4の逆指値を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

国内・海外FXブローカーにてシェア率No1の取引ツールであるMT4。

そんなMT4をこれから使ってみたいという人の中には、MT4の逆指値注文方法が詳しく知りたいという人もいるでしょう。

MT4ではさまざまな注文方法が利用できるようになっており、逆指値注文も基本的なやり方から応用して使うやり方まで幅広く揃っています。

そこで今回は、MT4の逆指値を分かりやすく解説していきます。

MT4の逆指値を分かりやすく解説

MT4の逆指値注文の基本的な注文方法

MT4の逆指値注文には複数のやり方がありますが、まずはMT4の逆指値注文を単体で行う方法についてみていきましょう。

逆指値の新規注文を行う時には、MT4のメイン画面上部メニューバー二段目にある「新規注文」アイコンをクリックします。

注文画面が開きますので、ここから新規注文を行っていきましょう。

MT4逆指値買い注文を行う方法

  • 新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が指値注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 下枠内の「注文種別」から買い逆指値注文を行う場合には「Buy Stop」をクリックする
  • 「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望逆指値価格を入力する
  • 入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文完了

MT4逆指値売り注文を行う方法

  • 新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が指値注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 下枠内の「注文種別」から売り逆指値注文を行う場合には「Sell Stop」をクリックする
  • 「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望逆指値価格を入力する
  • 入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文完了

MT4にて指値注文を行う場合と逆指値注文を行う場合は、基本的に同じ手順を踏んでいくことになりますが、

2つめに表示される注文種別には以下のような意味がありますので注意してください。

  • Sell Limit...「指値売り」の意味(現在の価格よりも高い価格を指定して行う売り注文)
  • Buy Limit...「指値買い」の意味(現在の価格よりも低い価格を指定して行う買い注文)
  • Sell Stop...「逆指値売り」の意味(現在の価格よりも低い価格を指定して行う売り注文)
  • Buy Stop...「逆指値買い」の意味(現在の価格よりも高い価格を指定して行う買い注文)

逆指値注文を利用する場合には、「Sell Stop」または「Buy Stop」を利用していくことになります。

MT4の逆指値を応用した注文方法

ここまでMT4にて新規注文で逆指値注文を行う方法について解説してきました。

しかしMT4では、新規の単体のみで逆指値注文をいれる方法の他に、成行注文や指値注文のオプションとして逆指値注文を加えることも可能です。

オプションとして逆指値注文を利用する場合にも、逆指値の新規注文と同様に、MT4のメイン画面上部メニューバー二段目にある「新規注文」アイコンをクリックします。

注文画面が開きますので、ここから新規注文を行っていきましょう。

MT4の成行注文にてオプションで逆指値注文をいれる方法

  • 新規注文画面の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「成行注文」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が成行注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 「数量」に注文する数量を入力する
  • 「決済逆指値(S/L)」の項目に損切り逆指値価格を入力し、「決済指値(T/P)」の項目に利食いの指値価格を入力する(損切りだけを指定したい場合には「決済指値(T/P)」項目は空欄でOK)
  • 売り注文の場合には「Sell by Market」、買い注文の場合には「Buy by Market」をクリックして注文完了

MT4の指値注文にてオプションで逆指値注文をいれる方法

  • 新規注文画面上の一番上にある「銘柄」にて、注文を行う通貨ペアを選択する
  • 「注文種別」にて「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択する
  • 「注文種別」以下の項目が指値注文用の項目に切り替わるので確認する
  • 下枠内の「注文種別」から売り指値注文を行う場合には「Sell Limit」買い指値注文を行う場合には「Buy Limit」をクリックする
  • 「数量」に注文する数量を入力し、「価格」に希望指値価格を入力する
  • 「決済逆指値(S/L)」の項目に損切り逆指値価格を入力し、「決済指値(T/P)」の項目に利食いの指値価格を入力する(損切りだけを指定したい場合には「決済指値(T/P)」項目は空欄でOK)
  • 入力内容に問題がなければ「発注」をクリックして注文完了

MT4の逆指値注文ができない場合の原因と解決方法

ここまで基本的なMT4での逆指値注文と、成行注文や指値注文との組み合わせによる逆指値注文の方法を紹介してきました。

しかしここで紹介した手順通りに逆指値注文を入れても、注文が通らなかったり正常に注文手続きが完了しないという人もいるでしょう。

ここではMT4にて逆指値注文ができない場合の原因と解決方法をいくつか紹介していきます。

MT4で逆指値注文ができない原因 ストップレベル圏内の価格を入力している場合

MT4で逆指値注文がかけられないという場合、逆指値の価格にストップレベル圏内の価格を入力しているという可能性が考えられます。

ストップレベルとは、指値や逆指値注文をいれるときに現在の価格から離れていなければならないポイント数のことです。

「発注」ボタンを押した時に、注文画面に「現在価格から〇〇ポイント圏内の注文は発注できません」と表示された場合にはストップレベル圏内となっていますので、価格を離して再注文をかけてください。

MT4で逆指値注文ができない原因 逆指値で指定した価格が逆指値にならない場合

MT4の注文方法は、指定した注文種別と価格が一致していない場合に注文が入れられません。

たとえば「Buy Stop」で逆指値を入れるのであれば、「現在の価格よりも高い価格を指定する」ことが条件となります。

「Sell Stop」で逆指値を入れるのであれば、「現在の価格よりも低い価格を指定する」ことが条件です。

注文種別と価格の条件が一致している場合のみに注文が通りますので、今一度注文種別と価格を確認してみましょう。

MT4の逆指値を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT4の逆指値について分かりやすく解説してきました。

MT4では新規注文として逆指値注文を入れることもできますし、成行注文や指値注文に組み込んで逆指値注文を入れることもできるようになっています。

複数の注文を組み合わせながら、注文の自動化がしやすくなっていますので、逆指値注文をうまく使いこなしていきましょう。

また逆指値注文ができないという場合には、いくつかの原因が考えられますので逆指値価格などを再度確認して注文をいれてみてくださいね。