にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4のヒストリカルデータを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

国内・海外のFXブローカーの中で最も多く利用されている取引ツールのMT4。

そんなMT4のヒストリカルデータが欲しいという人もいるでしょう。

過去のデータを取得している人もいますが、MT4ではどのようにしてヒストリカルデータを入手するのでしょうか。

ここではMT4のヒストリカルデータについて分かりやすく解説していきます。

MT4のヒストリカルデータを分かりやすく解説

MT4のヒストリカルデータとは?

MT4のヒストリカルデータとは、MT4の過去チャートが記録されたデータのことを指します。

MT4は口座開設したFXブローカーによっても、チャートの動きが若干異なるように、ヒストリカルデータも取得するFXブローカーによってデータが異なるのも特徴です。

取得したヒストリカルデータはEAのバックテストに利用したり自作のシステムトレードの検証をする時などに役立ちます。

また中には裁量トレードの検証用にヒストリカルデータをインストールする人もいるでしょう。

MT4のヒストリカルデータが取得できるFXブローカー

MT4のヒストリカルデータの取得方法は、MT4の口座開設をしているFXブローカーによっても違いがあります。

中にはヒストリカルデータを配布していないFXブローカーもありますので、事前にヒストリカルデータを配布しているFXブローカーかどうかを確認しておくのがよいでしょう。

またマイナー通貨やCFD銘柄によってはヒストリカルデータが配布されていない場合もあるので、マイナー通貨やCFD銘柄のヒストリカルデータを入手したい人は、利用したいFXブローカーが対応してくれるかも合わせて確認しておくのがおすすめです。

MT4のヒストリカルデータが入手できる国内FXブローカー

  • オアンダジャパン
  • FXTF
  • 外為どっとコム
  • マネーパートナーズ
  • マネースクエア

など。 MT4のヒストリカルデータが入手できる海外FXブローカー

  • XM(ただしマイクロ口座の場合はヒストリカルデータがインポートできない)
  • Titan FX(タイタンFX)
  • Axiory(アキシオリー)
  • GemForex(ゲムフォレックス)

など。

MT4のヒストリカルデータを入手するための前準備

実際にMT4のヒストリカルデータを入手するFXブローカーが決まったら、ヒストリカルデータをインストールするための前準備をおこなっていきましょう。

特に以前ヒストリカルデータをインストールしたことがあるという人は、必ず行っておくのがおすすめです。

以前インポートしたMT4のヒストリカルデータは削除しておく

以前MT4のヒストリカルデータをインストールしたことがあるという人は、一度既存のデータを削除しておきましょう。

同じ内容のヒストリカルデータが重複してインポートされていると、デバイスのデータ容量を使用してしまう他、データの呼び出し時に混同してしまう可能性があります。

既存のヒストリカルデータを削除する場合には、以下の手順を踏んでください。

  • MT4を立ち上げて、上部メニューバーにある「ファイル」をクリックする
  • プルダウンメニューの中から「データフォルダを開く」をクリックする
  • データフォルダが開いたら、一旦MT4を終了させる(データフォルダからファイルを削除してもMT4を起動したままだとMT4が自動で削除したファイルを復元してしまうため)
  • データフォルダの中の「history」をクリックする
  • 新たにインストールする通貨ペアのHSTファイルを選択して削除ボタンをクリックして完了

チャートに表示できるローソク足の数を最大値にしておく

MT4を利用するFXブローカーによっても設定が異なる場合がありますが、多くのFXブローカーではデフォルトの状態でチャート上に表示させるローソク足の上限を設定しています。

ヒストリカルデータをチャート上に表示するということは、その分表示させるローソク足の本数も多くなりますので、事前にローソク足の表示可能本数を最大に設定しておきましょう。

  • MT4を立ち上げて上部メニューバーの「ツール」をクリックする
  • 表示されるプルダウンメニューから「オプション」をクリックする
  • オプション画面から「チャート」タブをクリックし、一番下に表示されるヒストリー内の最大バー数とチャート内の最大バー数をどちらも「9999999999999999...」としておく
  • 「OK」をクリックして再度「チャート」タブを表示すると、ヒストリー内の最大バー数とチャート内の最大バー数にそのFXブローカーの表示可能最大値が表示されるので確認する

MT4のヒストリカルデータをインポートする方法

MT4のヒストリカルデータをインポートする準備ができたら、実際にヒストリカルデータのインポート作業を行っていきます。

  • MT4を立ち上げて上部メニューバーにある「ツール」をクリックし、さらに「ヒストリーセンター」をクリックする
  • ヒストリーセンターを開いたら「インポート」をクリックする
  • 「参照」からダウンロードしたデータを選択し「OK」をクリックする
  • 通貨ペア一覧の項目が表示されるので、先ほどインポートした通貨ペアと時間足を選択して「インポート」をクリック
  • インポートしたデータが一覧で表示されれば完了

MT4のヒストリカルデータがインポートできない場合にはFXブローカーに問い合わせを

ここまで基本的なMT4のヒストリカルデータのインポート方法について紹介してきました。

しかし利用しているFXブローカーによっては、ここで紹介した手順でヒストリカルデータがインポートできないという人もいるでしょう。

またMT4のヒストリカルデータがインポートできたという人でも、データで表示されるチャートが明らかにおかしいという場合もあります。

まずヒストリカルデータが正常にインポートできないという人は、登録しているFXブローカーのカスタマーサポートに連絡をしてみるか、「Q&A」などでヒストリカルデータのインポートの手順を再度確認してみるのがおすすめです。

インポートしたヒストリカルデータがおかしいという場合には、他の信用できるFXブローカーのヒストリカルデータをインポートするのがよいでしょう。

MT4のヒストリカルデータを分かりやすく解説まとめ

今回は、MT4のヒストリカルデータについて分かりやすく解説してきました。

MT4のヒストリカルデータは、利用しているFXブローカーによって入手できるかどうかが異なります。

これから新たにFXブローカーにアカウント登録をしてヒストリカルデータをインポートしたいという人は、事前に口コミなどで利用するFXブローカーのヒストリカルデータの評判などを確認しておくのがよいでしょう。