にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT4のスプレッド表示方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

FXブローカーで最も多く利用されている取引ツールのMT4。

そんなMT4を利用している人の中には、取引中の通貨ペアのスプレッドを表示させたいという人もいますよね。

MT4をデフォルトの状態で利用していると、スプレッドを調べるのに時間がかかるという人もいますが、スプレッドを視覚的に一瞬で確認できるツールがいくつか用意されているようです。

ここではMT4のスプレッド表示方法について分かりやすく解説していきます。

MT4のスプレッド表示方法を分かりやすく解説

MT4ではスプレッドの表示方法として以下の2つのいずれかの方法が利用可能です。

  • 気配値にスプレッドを表示させる方法
  • インジケータを使ってチャート上にスプレッドを表示させる方法

それではそれぞれの具体的なスプレッド表示方法についてみていきましょう。

MT4のスプレッド表示方法 気配値にスプレッドを表示させる方法

MT4の取引画面で一番シンプルにスプレッドを表示させる方法です。

インジケータの利用に慣れていないという人や、数字でスプレッドを逐一確認したいという人は気配値でのスプレッド表示方法を利用していきましょう。

MT4のチャートの左側に気配値一覧を表示させておいてください。

MT4上に気配値が表示されていないという人は、上部メニューバーの中にある「表示」をクリックし、プルダウンメニューの中にある「気配値表示」をクリックすると気配値一覧が表示されるでしょう。

または上部メニューバーに上下の矢印が表示された気配値アイコンがあるので、クリックすると気配値一覧が表示されます。 気配値一覧が表示されたら、気配値一覧の項目の上で左クリック(Macの場合にはダブルクリック)をしてください。

気配値一覧のメニューが表示されるので、その中から「スプレッド」をクリックします。

気配値一覧の「Bit」「Ask」の項目の隣に「!」という項目が表示され、ここに通貨ペアごとのリアルタイムでのスプレッドが表示されるでしょう。

MT4のスプレッド表示方法 インジケータを使ってチャート上にスプレッドを表示させる方法

MT4ではインジケータを利用して、チャート上にスプレッドを表示させるという方法もあります。

ただしMT4に実装されているインジケータでスプレッドを表示させるものはありませんので、チャート上にスプレッドを表示させたい場合には外部から専用のインジケータをインストールする必要があるでしょう。

MT4にてチャート上にスプレッドを表示させるインジケータは複数種類あるので、まずは外部インジケータをMT4に取り込む方法について開設していきます。

MT4に外部インジケータをインストールする方法

  • 利用するインジケータをインストールする
  • MT4画面を開き上部メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする
  • データフォルダが開いたら、その中の「MQL4」というフォルダをクリックする
  • さらに「MQL4」の中にある「Indicators」フォルダをクリックする
  • 先ほどインストールしたインジケータを「Indicators」の中にドラッグ&ドロップして入れる
  • ファイルが入ったことを確認した上で、一旦MT4を「×」ボタンで終了させる
  • 再びMT4を立ち上げて、気配値一覧の下部に表示されている「ナビゲーター」をクリックし、さらに「インディケータ」をクリックする
  • 「インディケータ」を開くと中に入っているファイル一覧が表示されるので、先ほど入れたファイルをクリックして指定した上で、チャート上にドラッグ&ドロップする
  • インジケータの設定画面が表示されるので自分の好みの表示方法を設定する
  • 「OK」ボタンをクリックするとインジケータがチャート上で起動し、スプレッドがインジケータごとの表示方法で表示される

外部インジケータを利用するのであれば、上記の方法でスプレッド表示のためのインジケータをチャート上に表示させていきましょう。

それでは次項より実際にスプレッドを表示させるためのMT4対応のおすすめインジケータを紹介していきます。

MT4でスプレッドを表示させるおすすめインジケータ「Spread Indicator」

MT4でスプレッドを表示させるインジケータの中でも一番シンプルなスプレッドのみを表示させるものが「Spread Indicator」です。

「Spread Indicator」をインストールすると表示している通貨ペアチャートのリアルタイムでのスプレッドを、チャート画面左上に数字で表示させます。

気配値画面を普段閉じているという人や、レートの動きも見ながら一括でスプレッドも確認していきたいという人にはおすすめのインジケーターです。

MT4でスプレッドを表示させるおすすめインジケータ「Ask Bid Spread」

MT4でスプレッドを表示させるインジケータの中で、スプレッドの他にリアルタイムでの売値と買値を表示させられるインジケータが「Ask Bid Spread」になります。

「Ask Bid Spread」をインストールすると、チャート画面左上にスプレッドに加えて現在の売値と買値も表示されるでしょう。

表示される順番としては、上から「買値」「売値」「スプレッド」の順で表示されます。 売値・買値・スプレッドが一眼でわかる便利なインジケータです。

MT4でスプレッドを表示させるおすすめインジケータ「BlueDigitsFx Open Trades」

MT4でスプレッドを表示させるインジケータの中で、保有中のポジションの含み損や含み益をスプレッドを含めて表示させておきたいという人におすすめなのが「BlueDigitsFx Open Trades」です。

リアルタイムのスプレッドが表示されるわけではありませんが、ポジションを保有した瞬間から、値動きでどれくらいのpipsが取得できているのかを数字で表示してくれます。

保有中のポジションが決済されると表示される獲得スプレッドの数字もチャート上から消えますので、スプレッドを含むチャート上の値動きによって自分の保有ポジションで獲得pipsがどれくらいになるのかを確認したい人にはおすすめのインジケータです。

MT4でスプレッドを表示させるおすすめインジケータ「Candle Time End And Spread」

MT4でスプレッドと共にローソク足形成の残り時間が知りたいという人におすすめなのが「Candle Time End And Spread」になります。

「Candle Time End And Spread」はチャート右上にローソク足確定までの残り時間+スプレッドを表示してくれるインジケータです。

MT4のスプレッド表示方法を分かりやすく解説まとめ

今回はMT4のスプレッド表示方法について分かりやすく解説してきました。

MT4のスプレッド表示方法は、気配値一覧にて表示させる方法と、外部インジケータを利用してチャート上に表示させるという2つの方法があります。

それぞれ自分に合ったスプレッドの表示方法をりようしていきましょう。