にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内や海外のFXブローカーで利用できるところも徐々に増えているトレーディングシステムのMT5。

MT5は、トレードを始めたばかりの初心者からプロのトレーダーまで幅広く利用されているトレーディングシステムです。

そんなMT5をこれから使ってみたいと考えている人の中には、実際にMT5の利用を始める前にMT5の注文方法(取引方法)について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、MT5の注文方法(取引方法)について分かりやすく解説していきます。

MT5の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

MT5の注文方法(取引方法)としては、大きく分けて以下の2種類の方法が利用できるようになっています。

  • ワンクリック取引を利用した注文方法(取引方法)
  • 新規注文を利用した注文方法(取引方法)

それでは実際にMT5で利用できる注文方法(取引方法)の具体的な手順をみていきましょう。

MT5の注文方法(取引方法) ワンクリック取引を利用した注文方法(取引方法)

MT5の注文方法(取引方法)として一番シンプルであり簡単に注文できる方法が、ワンクリック取引を利用した注文方法(取引方法)です。

ワンクリック取引とは、名前の通りワンクリックで注文が完了するという注文方法(取引方法)で成行注文で注文したい時に利用できるようになっています。

MT5のデフォルト画面では、チャートの左上にワンクリック取引の注文項目が表示されていますので確認してください。

MT5のチャート画面左上にワンクリック取引の注文項目が表示されていないという人は、MT5の上部メニューバーにある「ツール」→「オプション」→「ワンクリック取引」(または「オプション」→「ワンクリック取引」)をクリックしてください。

ワンクリック取引の注文画面がチャート左上に表示されます。

ワンクリック取引では成行注文でのみ注文可能です。

具体的な注文方法(取引方法)の手順としては、まずはワンクリック取引項目の真ん中にある数字の入力項目に注文数量を入力します。

注文数量の入力が完了したら、売り注文をする場合には「SELL」、買い注文をする場合には「BUY」のボタンをクリックしていきましょう。

「SELL」または「BUY」のボタンをクリックすると、「SELL」「BUY」ボタンそれぞれの下に表示されているレートにて注文が約定します。

このようにワンクリック取引は、チャートをみながらワンクリックで注文ができる簡単な方法になっていますのでMT5を初めて利用する人であればまず利用してみるのにもおすすめの注文方法(取引方法)だといえるでしょう。

MT5の注文方法(取引方法) 新規注文を利用した注文方法(取引方法)

MT5の注文方法(取引方法)で、利食いや損切り設定を行った成行注文をしたい人や、指値注文・逆指値注文などの注文方法を利用したい人におすすめなのが「新規注文」での注文方法(取引方法)です。

新規注文での注文方法(取引方法)を利用する場合には、成行・指値・逆指値のどの注文方法(取引方法)を行う場合でも以下の手順で行います。

まずはMT5の上部メニューバーの中から、「新規注文」アイコンをクリックしてください。

新規注文ボタンをクリックすると別ウィンドウにて新規注文画面が表示されるので、この画面を操作して注文をおこなっていきましょう。

MT5の新規注文を使った成行注文方法(取引方法) 利食いや損切りの設定を行う方法

まずはMT5の新規注文を使った成行注文方法(取引方法)です。 注文画面にてまずは一番上の「銘柄」の項目で取引を行う通貨ペアを選択してください。

続いて「注文種別」の項目で「成行注文」を選択すると、注文画面が成行注文の画面に切り替わります。 次に「数量」の項目で、注文数量を入力してください。

(例:1Lotであれば1.0、0.1Lotであれば0.1など)

成行の新規注文時に利食いや損切りのラインをあらかじめ決めておく場合には、「数量」の下の「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」に希望する決済価格を入力していきましょう。

「決済逆指値(S/L)」には損切りする希望価格、「決済指値(T/P)」には利食いする希望価格を入力します。

入力内容を確認し、価格や数量などに間違いがなければ売りの成行注文であれば「Sell by Market」、買いの成行注文であれば「Buy by Market」をクリックして注文を完了させましょう。

MT5の新規注文を使った指値注文方法(取引方法)

続いてMT5の新規注文を使った指値注文(取引方法)をみていきましょう。

注文画面にてまずは一番上の「銘柄」の項目で取引を行う通貨ペアを選択してください。 続いて「注文種別」の項目で「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択すると、注文画面が指値・逆指値注文の画面に切り替わります。

さらに下枠の中にある「注文種別」にて、売りの指値注文を行う場合には「Sell Limit」、買いの指し値注文を行う場合には「Buy Limit」を選択してください。

「数量」の項目で、注文数量を入力していきましょう。

(例:1Lotであれば1.0、0.1Lotであれば0.1など)

「価格」の項目に希望する指値価格を入力します。

指値注文で注文する場合にも、利食いと損切りの設定を一緒に行うことが可能です。

「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」に希望する決済価格を入力していきましょう。

「決済逆指値(S/L)」には損切りする希望価格、「決済指値(T/P)」には利食いする希望価格を入力します。 必要であれば注文の「有効期限」を指定していきましょう。

特に有効期限を指定しない場合には、「キャンセルするまで有効」を選択しておきます。

全ての入力内容を確認し、問題なければ「発注」をクリックして注文を完了させてください。

MT5の新規注文を使った逆指値注文方法(取引方法)

最後にMT5の新規注文を使った逆指値注文(取引方法)をみていきましょう。

注文画面にてまずは一番上の「銘柄」の項目で取引を行う通貨ペアを選択してください。

続いて「注文種別」の項目で「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択すると、注文画面が指値・逆指値注文の画面に切り替わります。

さらに下枠の中にある「注文種別」にて、売りの逆指値注文を行う場合には「Sell Stop」、買いの逆指値注文を行う場合には「BuyStop」を選択してください。

「数量」の項目で、注文数量を入力していきましょう。

(例:1Lotであれば1.0、0.1Lotであれば0.1など)

「価格」の項目に希望する逆指値価格を入力します。

  必要であれば注文の「有効期限」を指定していきましょう。

特に有効期限を指定しない場合には、「キャンセルするまで有効」を選択しておきます。

全ての入力内容を確認し、問題なければ「発注」をクリックして注文を完了させてください。

MT5の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5の注文方法(取引方法)について分かりやすく解説してきました。

MT5の注文方法(取引方法)では、シンプルなワンクリック取引やより複雑な注文が行える新規注文を利用できるようになっています。

また成行・指値・逆指値注文などが利用できますので、目的や用途によって注文方法(取引方法)を利用してみてくださいね。