にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5のダイバージェンスを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】FXGTの詳細ページはこちらから

【4位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内・海外を問わず導入するFXブローカーが増えているトレーディングシステムのMT5。

そんなMT5を使ってテクニカル分析の練習や検証をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

MT5で利用できるテクニカル分析のためのインジケーターの種類はかなり多くなっていますが、中でもダイバージェンスが検出できるインジケーターを探しているという人もいますよね。

そこで今回は、MT5のダイバージェンスについて分かりやすく解説していきます。

MT5のダイバージェンスを分かりやすく解説

MT5のダイバージェンスとは?

FXトレードにおけるダイバージェンスとは、チャート上の「逆行現象」の意味です。

MT5では、テクニカル分析を行うためのインジケーターとしてRSIやMACDなどオシレーター系のテクニカル指標が利用できるようになっています。

そしてこのオシレーター系のテクニカル指標が実際の相場とは逆方向に向かっているという状態を「ダイバージェンス(逆行現象)」と呼ぶのです。

そもそもRSIやMACDなどオシレーター系のテクニカル指標は、相場がどれくらい変化しているかの強弱を視覚化したものであり、トレンドを読むためのテクニカル指標とは全く別の視点からチャートを分析します。

このようにオシレーター系のインジケーターで読めるで相場の動きと、テクニカル指標は動きが一致する傾向にあるのが基本です。

しかしまれに反対の動きをすることがあり、この反対の動き(ダイバージェンス)を捉えることができるインジケーターがMT5には用意されています。

ただしこのダイバージェンスのシグナルがインジケーター上に表示されたとしても、必ずしも予想した方向にレートが動くとは限りません。

ダイバージェンスのシグナルはあくまでも根拠の1つであり、他のテクニカル分析などでもチャート上の優位性を見極めていくことが勝率をあげるコツになるでしょう。

また、ダイバージェンスが検知できるRSIやMACDなどのインジケーターはMT5に標準装備されていないので、外部から利用しているMT5に追加していく必要があるでしょう。

MT5でダイバージェンスをチャート上で検知する方法

MT5のチャート上でダイバージェンスを検知するためには、ダイバージェンスが検知できるインジケーターを、利用していくMT5に外部から追加する必要があります。

MT5でダイバージェンスが検知できるインジケーターを外部から追加する方法

それでは実際に、MT5でダイバージェンスが検知できるインジケーターの追加方法をみていきましょう。

まずはMT5のダイバージェンス検知を行うための専用インジケーターを取得してください。

MT5で作動するインジケーターは、「ex5」または「mq5」というシステムのものになります。

必ずMT5で作動することを確認してから取得していきましょう。

MT5のダイバージェンス検知を行うための「ex5」または「mq5」という形式のインジケーターを取得してファイルをコピーしてください。

続いてMT5を開き、左上のメニューバーの中から「ファイル」をクリックしていきましょう。

 プルダウンメニューが表示されるので、その中の「データフォルダを開く」をクリックしてください。

データフォルダの画面が表示されるので、ファイルの中から「MQL5」というフォルダを探してクリックしましょう。

「MQL5」を開くとさらにフォルダが複数入っていますので、その中の「Indicators」というフォルダをクリックしていきます。

既存のインジケーターファイルが入っているので、この「Indicators」フォルダの中に先程コピーした「ex5」または「mq5」形式のファイルを貼り付けてください。

「Indicators」フォルダの中に市場の色分けを行うファイルが入ったら、画面を閉じて一旦MT5を終了させます。

MT5のダイバージェンス検知を行うための専用インジケーターを起動させる

MT5に市場の色分けインジケーターのファイルを追加した状態で、MT5上の画面左側に表示される「ナビゲーター」の項目から先程追加したダイバージェンス検知を行うためのインジケーターファイルを探します。

ダイバージェンス検知を行うためのインジケーターファイルを選択した状態で、そのままチャートにドラッグしてドロップすれば、ダイバージェンス検知を行うためのインジケーターがチャートに反映されるでしょう。

MT5でダイバージェンスをチャート上で検知するインジケーター2つを紹介

ここまでMT5でダイバージェンスを検知するための外部インジケーターの追加方法を紹介してきました。

しかし、実際にMT5でダイバージェンスを検知するための外部インジケーターの入手方法自体がわからないという人もいますよね。

MT5でダイバージェンスを検知するための外部インジケーターは、MQLの公式サイトなどでファイルが無料配布されていることも多くなっています。

代表的なものとして、RSIのダイバージェンスを検出するMT5インジケーター「RSI_Divergence」やMACDダイバージェンスを検知するMT5インジケーターの「MACD Divergence」などが有名です。

ダイバージェンス検知系のインジケーターを使いこなすためには、まずはオシレーター系のインジケーターを使いこなせるようになることが必要になってくるでしょう。

RSIやMACDなどは、オシレーター系のインジケーターの中でも主流のものになっており、利用しているトレーダーもかなり多くなっています。

まずはRSIやMASDなどのインジケーターで検証をしっかり行った上で、ダイバージェンスの検知についても過去チャートなどで確認していくのがよいでしょう。

MT5のダイバージェンスを分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5のダイバージェンスについて分かりやすく解説してきました。

MT5などのトレーディングシステムを用いてチャート分析の指標の1つとして用いられるダイバージェンスは、「逆行」のことをさす言葉です。

ダイバージェンスを検知するためのMT5のインジケーターは外部からファイルを追加する必要がありますので、インジケーターの追加方法の手順を確認した上で、チャート上で使えるようにしていきましょう。