にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5の移動平均線を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内や海外のFXブローカーにてMT5を使って最近トレードを始めたという人や、MT5を使ってトレードの勉強をしているという人も多いでしょう。

MT5を使ったテクニカル分析を調べているうちに移動平均線というインジケーターに興味を持ち始めたという人もいるのではないでしょうか。

テクニカル分析の中でも有名なインジケーターとして活用されている移動平均線ですが、具体的にどのように利用していくのか詳しく知りたいところですよね。

そこで今回は、MT5の移動平均線について分かりやすく解説していきます。

MT5の移動平均線を分かりやすく解説

MT5の移動平均線とは?

MT5で利用できる移動平均線とは、FXのテクニカル分析において利用できるインジケーターの1つです。

移動平均線は、相場の強弱や方向性を分析するために利用できるインジケーターとなっており、向きやラインをみて視覚的に今後の方向性が把握しやすいという特徴があります。

そのため、テクニカル分析に難しさを感じている初心者にも人気のインジケーターの1つです。

具体的にMT5のチャート上に表示されている移動平均線とは、以下のようなものになっています。

このローソク足のMT5チャート上に表示されているラインが移動平均線です。 移動平均線はMT5上のインジケーターで「MovingAverage」というものであり、通称「MA」とも呼ばれています。

移動平均線とは、一定期間(5日間・25日間・75日・200日などユーザーが設定可能)の価格の終値の平均を線で繋いだラインを表しているというのが基本の考え方です。

期日の長い移動平均線を利用する人もいれば、短期的な期日の移動平均線を使う人もいるでしょう。

また短期・中短期・長期・中長期の移動平均線を組み合わせて使っているという人もいます。

代表的な移動平均線を使ってトレンドを読む方法に、ゴールデンクロスやデッドクロスなどがあるでしょう。

ゴールデンクロスとは、長期間設定の移動平均線を短期設定の移動平均線が下から上に突き破った時のパターンを表しています。

このように移動平均線が、ゴールデンクロスと呼ばれるパターンを描いたタイミングは上昇トレンドに入ったというシグナルの1つとして考えられるでしょう。

また移動平均線のゴールデンクロスと同様に、代表的なパターンとなっているのがデッドクロスです。

デッドクロスはゴールデンクロスの逆パターンであり、長期間設定の移動平均線を短期設定の移動平均線が上から下に突き抜けた時のパターンを表しています。

移動平均線が、ゴールデンクロスと呼ばれるパターンを描いたタイミングは下降トレンドに入ったというシグナルの1つとして考えられるでしょう。

移動平均線で現れるシグナルとしてはゴールデンクロス・デットクロスが代表的なものにはなっていますが、移動平均線を学んでいくと他にもさまざまな使い方を活用できるようになります。

MT5の移動平均線を利用する方法の基本

それでは実際にMT5のチャート上に移動平均線を追加していく方法をみていきましょう。

MT5でインジケーターを利用したい場合には、MT5の上部メニューバーの中にある「挿入」をクリックするとプルダウンメニューに表示される「インディケータ」をクリックしていきましょう。

利用可能なインジケーターの一覧が表示されるので、移動平均線を利用したい場合には、「Moving Average」を選択していきましょう。

また「インディケータ」の項目に利用したいインジケーターの「Moving Average」が表示されていない場合には、インジケーター名称の下に表示されている「トレンド系」をクリックすると表示されるでしょう。

また「インディケータ」を選択すると検索項目が表示されるので、「Moving Average」と名称を検索窓に入力して選択することもできます。

移動平均線であるMoving Averageのインジケーターを選択すると、移動平均線の設定ウィンドウが表示されるので、パラメーターにて表示する移動平均線の期間を設定していきましょう。

「OK」ボタンをクリックすればチャート上に移動平均線が表示されます。

MT5のスマホアプリのチャートでも移動平均線を表示させることが可能!

MT5には専用アプリが登場していますので、専用のMT5アプリを活用してスマホのチャート画面に移動平均線を表示させることも可能です。

MT5アプリのチャート上に移動平均線を表示させる場合、以下の手順を行っていきましょう。

  • MT5アプリを立ち上げて気配値一覧の中から、チャート表示させたい通貨ペアを選択してタップする
  • 通貨ペアごとのメニューが表示されるので「チャート」をタップして取引する通貨ペアのチャートを表示させる
  • 表示されたチャートの上部にある「f」をタップする
  • インジケーターの追加画面が表示されるので、その中から「メインウィンドウ」をタップする
  • 表示できるインジケーターの一覧が表示されるので、「トレンド」項目の中にある「Moving Average」をクリックする
  • 移動平均線の表示設定画面が表示されるので「期間」に移動平均線の期間を入力する
  • 「スタイル」などで移動平均線の色などの設定を行い、右上に表示される「完了」を押すとチャート上に移動平均線が表示される

MT5の移動平均線を分かりやすく解説まとめ

今回はMT5の移動平均線について分かりやすく解説してきました。

MT5で標準装備されているインジケーターの中でも初心者からトレード上級者まで幅広く利用されている移動平均線は、使いこなせるようになるとエントリーや売買のタイミングをみることができるようになりますよ。

まずはMT5にて移動平均線の設定を行い、過去チャートなどで移動平均線が有効に利用できるタイミングの検証などを行ってみましょう。