にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5のインジケーターを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

MT5を使ってFXトレードを始めたばかりの人や、これからMT5を使ってトレードを始めてみたいという人の中には「インジケーター」について調べているという人もいるのではないでしょうか。

実際にMT5を利用してトレードすることの利点として、MT5には標準装備で豊富なインジケーターが揃っているという特徴があります。

しかしトレードを始めたばかりの人や、これからトレードを始めたいという人であれば「インジケーター」がなんなのか、どんなことに利用するものなのかを詳しく知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、MT5のインジケーターを分かりやすく解説していきます。

MT5のインジケーターを分かりやすく解説

MT5のインジケーターとは?

トレードをこれから始める人や、トレード自体を始めたばかりという人の中には「インジケーター」という言葉を最近知ったという人もいるでしょう。

そもそもMT5などのトレーディングシステムで活用される「インジケーター」とは、チャートを分析するためのテクニカルツールのことを指します。

FXでトレードを行うためには、現在上下している銘柄のレート(価格)がこれから上がるのか、下がるのかを予測して注文を行うことになりますよね。

しかしどんなにプロのFXトレーダーであっても、確実な未来を予測することはできません。

それでも、過去のチャートパターンなどをもとにして少しずつチャートの動きの優位性をあげて、これから上がる確率が高いのか下がる確率が高いのかを見極めることはできます。

そんなチャート上の優位性の根拠を構築するために活用できるのが、MT5などで使われるインジケーターです。

インジケーターを使いこなせるようになると、ポジションエントリーのタイミングや決済のタイミングなどを測れるようになります。

ただしMT5でインジケーターをチャート上に表示させればすぐにトレードで勝てるというわけではありません。

自分が利用するインジケーターを決めたら、過去チャートなどで検証しながら、インジケーターがどのような状態になった時にエントリーや決済が可能なのかを見極めていく必要があるでしょう。

MT5でインジケーターを利用する方法

MT5のインジケーターとはなんなのかがわかったところで、具体的にMT5にてインジケーターを利用する方法を紹介していきます。

MT5でインジケーターをチャート上に表示させて利用していく場合、以下のどちらかの方法を活用していくことになるでしょう。

  • MT5に標準で装備されているインジケーターを活用していく
  • 外部からインジケーターをMT5に追加して活用していく

MT5に標準で装備されているインジケーターを活用していく

MT5でインジケーターを活用する方法として初心者でも使いやすいのが、MT5に標準で装備されているインジケーターを活用するという方法です。

MT5では、外部からインジケーターファイルを追加して利用するという方法も利用可能ですが、MT5自体に数十種類のインジケーターが標準装備されています。

メジャーなインジケーターであればMT5に標準装備されている可能性が高いので、以下の方法で活用していきましょう。

まずはMT5の上部メニューバーの中にある「挿入」をクリックするとプルダウンメニューに表示される「インディケータ」をクリックしてください。

利用可能なインジケーターの一覧が表示されるので、好きなものを選択してください。

インジケーターを選択すると、チャート上に選択したインジケーターが表示されます。

以下のチャートはインジケーターを追加していない、デフォルトの状態のチャートです。

そして、先ほど解説した手順にてMACDのインジケーターをチャートに追加した状態が以下のものです。

インジケーターを追加して表示する条件は、インジケーターを選択したタイミングで表示される「プロパティ」にて詳細を設定することが可能です。

また「インディケータ」の項目に利用したいインジケーターがない場合でも「トレンド系」「オシレーター系」など、系統ごとにさらに検索ができるようになっていますので、色々なインジケーターを試してみるのもよいでしょう。

インジケーターをチャート上から削除したい場合には、表示しているインジケーターをチャート上で選択した上で、「分析ツールを削除」をクリックしていきます。

外部からインジケーターをMT5に追加して活用していく

MT5に標準装備されていないインジケーターでも、MT5上で起動できるものであれば外部からMT5に追加することが可能です。

まずはMT5で利用できるインジケーターを取得してください。

インジケーターの取得方法には色々ありますが、MT5公式のMQL5で配布されているインジケーターを取得するという人が多くなっています。

その他にも、個人のプログラマーの方が開発したインジケーターを提供してもらうという人もいるでしょう。

基本的にインジケーターは無料で配布されているものがほとんどですが、個人のプログラマが提供しているものの中には有料のものもあるようです。

MT5で作動するインジケーターは、「ex5」または「mq5」というシステムのものに限りますので、まずは「ex5」または「mq5」形式のインジケーターを取得してファイルをコピーしてください。

続いてMT5を開き、左上のメニューバーの中から「ファイル」をクリックしていきましょう。

プルダウンメニューが表示されるので、その中の「データフォルダを開く」をクリックしてください。

データフォルダの画面が表示されるので、ファイルの中から「MQL5」というフォルダを探してクリックしましょう。

「MQL5」を開くとさらにフォルダが複数入っていますので、その中の「Indicators」というフォルダをクリックします。

既存のインジケーターファイルが入っているので、この「Indicators」フォルダの中に先程コピーした「ex5」または「mq5」形式のファイルを貼り付けてください。

「Indicators」フォルダの中に取得したファイルが入ったら、画面を閉じて一旦MT5を終了させます。

再びMT5を立ち上げて、MT5上の画面左側に表示される「ナビゲーター」の項目から先程追加したインジケーターファイルを探します。

追加したインジケーターファイルを選択した状態で、そのままチャートにドラッグしてドロップすると、選択したインジケーターがチャートに反映されるでしょう。

MT5のインジケーターを分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5のインジケーターを分かりやすく解説してきました。

MT5のインジケーターは標準装備のものだけでもかなりの数が用意されており、さらに外部から導入することもできるようになっています。

インジケーターを使いこなしてトレードの勝率を上げるためにも、利用するインジケーターを用いて過去チャートにて検証を行ってみるのもおすすめです。