にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5の口座開設を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

世界で最も利用されているトレーディングシステムの1つであるMT5。

そんなMT5を使ってこれからトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

MT5を使ってトレードを始めるのであれば、MT5に対応したFXブローカーでMT5専用の口座開設を行っていく必要があります。

そこで今回は、MT5の口座開設について分かりやすく解説していきます。

MT5の口座開設を分かりやすく解説

MT5の口座開設を行うのであればMT5に対応したFXブローカーでのアカウント登録を行う

MT5でトレードを行うためにはFXブローカーにて口座開設手続きを行っていく必要がありますが、どこのFXブローカーでも良いというわけではなくMT5に対応したブローカーでのアカウント登録が必要です。

MT5の口座開設ができる大手ブローカーには、以下のようなところがあります。

MT5が利用できるおすすめ海外FXブローカー

  • XM
  • TitanFX(タイタンFX)
  • FXGT
  •  FBS
  • Tradeview
  • HotForex
  • CryptoGT(クリプトGT)
  •  LAND-FX

それぞれレバレッジの最大値やロスカット水準などトレードのルールが異なりますので、まずはそれぞれのブローカーのメリット・デメリットを確認した上で自分の口座開設するブローカーを選択してください。

上記で紹介したブローカー以外でも、公式サイトにてMT5に対応していることが記述されていればMT5を使ってトレードができるでしょう。

MT5の口座開設の手順

MT5を利用するためには、MT5に対応したFXブローカーにて以下の手順を踏んでいく必要があります。

  • FXブローカーのアカウント登録
  • アカウント登録したブローカー内でMT5の口座開設

FXブローカーのアカウント開設と同時にMT5の口座開設ができるところも多いようです。

ここでは大手海外FXブローカーでMT5の口座開設にも対応しているXMを例としてMT5口座開設までの手順をみていきましょう。

MT5の口座開設の手順 XMでアカウント登録を行う

それでは実際にMT5の口座開設を行う具体的な例として、ここでは海外FXブローカーのXMでのMT5口座の開設方法を紹介していきます。

まずはXMの公式サイトにアクセスし、「口座を開設する」ボタンをクリックしていきましょう。

XMのアカウントと口座開設手続きが行われます。

まずは「個人情報」の項目に氏名・居住国・言語・電話番号・登録するEメールアドレスなどの必要事項を入力していきましょう。

続いて口座開設のための情報を入力していきます。

「取引プラットフォーム」に「MT5(FXならびに株式指数、エネルギーのCFD商品)」を選択してください。

さらに利用するXMの口座タイプで好きなものを選択し、ニュースレターの項目にチェックをいれて「ステップ2へ進む」をクリックしていきましょう。

ステップではより詳細なユーザー情報を入力していきます。 最後に「リアル口座開設」をクリックすると、登録したメールアドレスに登録メールが届くので確認してください。

登録メールアドレスに届いたメールの案内に従ってメール認証手続きを行うと、アカウントの開設が完了します。

再度、登録メールアドレスにMT5へのログイン情報が記載されたメール届きますので、ログインIDやサーバー名を確認してください。

MT5の口座開設の手順 MT5のログイン情報を取得したらMT5システムをインストールして口座にログインする

MT5の口座開設手続きが完了し、MT5口座のログイン情報が取得できたら実際にMT5システムをインストールして口座へのログインが可能です。

ここでは口座開設が完了したXMのMT5口座を利用したシステムのインストール方法から口座へのログイン方法までを開設していきます。

まずはMT5のデバイスへのインストール方法です。

XMの公式サイト上にある上部メニューバーの中にある「プラットフォーム」をクリックすると、XMで利用可能なトレーディングプラットフォームの一覧が表示されます。

windowsを利用している人であれば「PC対応MT5」を、Macを利用している人であれば「Mac対応MT5」をクリックしてください。

MT5のダウンロード画面が表示されるので「ダウンロード」ボタンをクリックしていきましょう。

画面の案内に従ってMT5のインストールを行ってください。

インストールが完了しPCのデスクトップにMT5アイコンが表示されたら、ダブルクリックしてMT5システムを立ち上げていきます。

MT5が立ち上がり、ログイン画面が表示されるのでXMの口座開設時にメールにて届いたログインID・サーバー名・パスサードなどを正しく入力し、「ログイン」をクリックしていきましょう。

ログイン情報が正しく入力されると、MT5へのログインが完了してMT5のメイン画面が表示されます。

MT5の口座開設の手順 実際に取引を行う場合にはブローカーへの入金が必要

MT5を取り扱うブローカーにて口座開設手続きを行ってログイン情報を入手し、MT5システムを利用しているデバイスにインストールすれば、実際にMT5口座を利用することが可能です。

ただしMT5にログインができても資金が入っていない状態になりますので、口座開設を行い取引を始めるためには資金の入金を行っていく必要があるでしょう。

MT5口座に資金を入金する場合には、MT5画面上で手続きができませんので利用しているブローカーの公式サイトにて入金手続きを行っていく必要があります。

ここでは、XMを例としてMT5口座への入金を行う方法をみていきましょう。

XM公式サイトにログインし、マイページを表示させてください。

マイページを開くとメニュー一覧が表示されるので、その中から「入金」をクリックしていきましょう。

XMでは入金方法に「銀行送金」「クレジットカード」「bitwallet」など複数の方法が選択できるようになっています。

たとえば「銀行送金」にてXMへの入金を行いたい場合には、「国内銀行送金」を選択していきましょう。

XMサイトの画面に入金先の情報が表示されますので、画面の案内に従ってAMTやネットバンクから振り込みを行っていきます。

XMでは振り込み者名義は振込人の名前だけではなく、MT5の口座番号も含まれていますので振込先の画面にて支持されている通りに名義も変更して振込手続きを行うようにしてください。

XMへの入金が完了するとMT5口座の残高に入金額が反映されるので、実際にMT5でのトレードを始めることができるでしょう。

MT5の口座開設を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5の口座開設について分かりやすく解説してきました。

MT5で口座開設を行う場合には、MT5に対応したFXブローカーで口座開設を行いMT5へのログイン情報を入手していく必要があります。

まずはブローカーごとの特徴などをしっかりチェックして、自分のトレードスタイルに合わせたMT5口座を開設していきましょう。