にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5のMACDを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内・海外のFXブローカーで採用するところも徐々に増えているトレーディングシステムのMT5。

そんなMT5を使って、これからテクニカル分析にチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

MT5にはテクニカル分析に利用できる豊富なインジケーターが標準装備されていますが、MACDを使っていきたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、MT5のMACDを分かりやすく解説していきます。

MT5のMACDを分かりやすく解説

MT5のMACDとは?

MT5で利用可能なMACDとは、テクニカル分析に利用可能なインジケーターの1つです。

MT5で使えるMACDがどんなインジケーターなのかを簡単に説明すると、チャート上に表示される2本の平均線の位置関係などからトレンドのタイミングを見極めていく手法です。

MACDは移動平均線を応用したテクニカル分析の手法と定義されていますが、実際に利用されているMACDの線は移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均線(EMA)と呼ばれるものが使用されます。

よって価格の高い直近の価格が線に反映しやすいという特徴があることから、相場の転換点が判断しやすかったりダマシを見極めやすいなども大きな特徴です。

MT5のMACDの2本の線の意味

MT5に標準装備されているインジケーターであるMACDで表示される2本の線には、それぞれ以下のような意味があります。

  • MACD線...短期の指数平滑移動平均(EMA-長期の指数平滑移動平均EMA)で算出される線
  • シグナル線...中期の指数平滑移動平均(EMA)

基本的に上記の2つの線がくっついたり離れたりしている位置関係をみてトレンドのタイミングなどを見極めていくことになるでしょう。

代表的なものとして移動平均線同様にMACD上でゴールデンクロスやデッドクロスなどが発生すれば、売り・買いのサインとして捉えられるなどがあります。

  • ゴールデンクロス...MACD線がシグナル線を下から上に貫けば買いのサイン
  • デッドクロス...シグナル線がMACD線を下から上に貫けば売りのサイン

MT5でMACDをチャート上に表示させる方法

MACDのテクニカル指標としての特徴がわかったところで、実際にMT5のチャート上にMACDを表示させる方法をみていきましょう。

MT5のインジケーターにはMACDが標準装備されています。 まずはMT5にログインし、MACDを表示させたい通貨ペア・時間足のチャートを表示させましょう。

MT5の画面上部メニュー一覧に表示されている「挿入」をクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

プルダウンメニューの中から「インジケーター」をクリックすると、さらにプルダウンメニューが表示されるので、その中の「オシレーター」をクリックしてください。

「オシレーター」メニューの中の「MACD」をクリックしていきましょう。

MACD表示の設定画面が表示されますのでMACDの表示定義をここで設定していきましょう。

設定が完了したら「OK」をクリックします。

MT5でMACDインジケーターは外部から追加することも可能

このようにMT5ではインジケーターの中にMACDが標準装備されていますので、基本的には標準装備のインジケーターをチャート上に挿入するだけでMACDがMT5上で利用できます。

しかし中にはMACDのインジケーターにアラート機能など追加機能搭載型のものを利用したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

MT5では、MT5に対応しているMACD系のインジケーターであれば、外部から追加して利用することもできるようになっています。

MT5の外部MACDインジケーターを利用中のMT5に追加する方法

MT5に標準装備はされていませんがMACD系の外部インジケーターには以下のような機能が搭載されたものも揃っています。

  • アラート機能が搭載されたもの
  • MACDダイバージェンスを検知するもの
  • EMAの代わりに出来高加重移動平均線(VWMA)を計算に利用したもの
  • ゴールデンクロスやデットクロスなどのシグナルをピンポイントでお知らせしてくれるもの

など。 これらのMACDインジケーターはMQLの公式サイトなどから無料で手に入れることが可能です。

MT5に外部インジケーターを追加するためには、まずはMT5の利用したいMACD系の専用インジケーターを取得してください。

MT5で作動するインジケーターは、「ex5」または「mq5」というシステムのものになっています。

「ex5」または「mq5」という形式のインジケーターを取得してファイルをコピーしていきましょう。

続いてMT5を開き、左上のメニューバーの中から「ファイル」をクリックして、ファイルをMT5に追加していきます。

 プルダウンメニューが表示されるので、その中の「データフォルダを開く」をクリックしてください。

データフォルダの画面が表示されるので、ファイルの中から「MQL5」というフォルダを探してクリックしましょう。

「MQL5」を開くとさらにフォルダが複数入っていますので、その中の「Indicators」というフォルダをクリックしていきましょう。

既存のインジケーターファイルが入っているので、この「Indicators」フォルダの中に先程コピーした「ex5」または「mq5」形式のファイルを貼り付けてください。

「Indicators」フォルダの中に市場の色分けを行うファイルが入ったら、画面を閉じて一旦MT5を終了させます。

MT5に追加した外部MACDインジケーターを起動させる

MT5に市場の色分けインジケーターのファイルを追加した状態で、MT5上の画面左側に表示される「ナビゲーター」の項目から先程追加したMACDのインジケーターファイルを探します。

市場時間の色分けインジケーターファイルを選択した状態で、そのままチャートにドラッグしてドロップすれば、追加したMACDインジケーターがチャートに反映されるでしょう。

MT5のMACDを分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5のMACDを分かりやすく解説してきました。

世界で最も多く利用されているトレーディングシステムの1つであるMT5では、標準装備のインジケーターとしてMACDが利用できるようになっています。

さらに標準装備で搭載されていないMACD系のインジケーターであっても、MT5に対応していれば外部から追加して利用することも可能です。

まずは標準装備のMACDを利用して、MT5で検証を行ってみてくださいね。