にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5とMT4の違いと比較を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内・海外のFXブローカーで幅広く採用されているトレーディングシステムのMT5とMT4。

実際にMT5とMT4のどちらも利用可能なFXブローカーも増えてきていますが、MT5とMT4のどちらを利用すればよいか迷っているという人も多いのではないでしょうか。

同じメタクォーツ社が提供しており、サービス内容も似ているMT5とMT5ですが実際にどのような違いがあるのかは気になるところですよね。

そこで今回は、MT5とMT4の違い・比較を分かりやすく解説していきます。

MT5とMT4の違い・比較を分かりやすく解説

世界中のFXブローカーで採用されているMT5とMT4は、ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software Corp.)が開発したトレーディングシステムです。

これまでトレーディングシステムといえば圧倒的にMT4が主流というイメージがありましたが、ここ数年でMT5も利用可能なブローカーがどんどん増えてきているという印象があります。

システムの提供元が同じなので、使い方や画面のデザインなどもほとんど同じに見えるMT5とMT4ですが、口座開設時にどちらを利用するのか良いかきになるところですよね。

MT5とMT4の違い・比較を一覧で紹介

MT5とMT4どちらを利用すればよいかというトレード初心者の質問は、かなり多くなっています。

実際にMT5とMT4のどちらを利用するのが良いかという質問の答えとしては、特殊なトレードをしなければ、基本的にどちらを使っても良いといわれることが多いようです。

しかし基本的に同じに見えるMT5とMT4ですが、ところどころに違いがあります。

ここではMT5とMT4の詳細な違いを比較一覧でみていきましょう。

  • 時間足の種類...MT4は9種類/MT5は21種類
  • 動作スピード...MT4はやや遅め/MT5は早い
  • 板情報...MT4はなし/MT5はあり
  • 気配値ウィンドウ...MT4は機能が少なめ/MT5は機能が多め
  • モバイルアプリ...MT4は機能が少なめ/MT5は機能が多め
  • 標準搭載のインジケータの種類...MT4は30種類/MT5は38種類
  • カスタムインジケータやEAの種類...MT4は多め/MT5は少なめ

MT5とMT4の違い・比較 動作スピードはMT5の方が早い

MT5とMT4の違いを比較した時に、一番クチコミなどでいわれることが多いのが動作スピードの違いです。

MT5とMT4を比較するとMT5の方がサクサク動き、MT4はもっさりとした動きをするという違いがあります。

そのためMT5はスキャルピングなどの超短期トレードを行う人や、複数の通貨ペアを監視しながらトレードを行うような短時間勝負の人に向いているといえるでしょう。

特に10種類以上の通貨ペアチャートをMT4で一度に表示させようとすると固まってしまうことも多いのですが、MT5では処理能力が早いので10種類以上の通貨ペアチャートを表示させた状態でもサクサク動くといわれています。

スピード勝負のトレードをしている人や、トレード中の容量が重くなりがちな人にはMT4よりもMT5がおすすめだといえるでしょう。

MT5とMT4の違い・比較 機能はMT4よりもMT5の方が多い

MT5とMT4の違いを比較した時に、利用できる機能の違いも大きな比較対象となってきます。

MT4はMT5よりも先にリリースされたトレーディングシステムであり、やはり規格として新目のMT5の方が利用できる機能は多くなっているようです。

時間足の種類・標準搭載のインジケーターの種類・板情報表示の有無や気配値表示の機能の数などはMT4と比較するとMT5の方が多くなっています。

そのため標準装備として使える機能が多い方が良い、標準でたくさんの機能が搭載されている方が使いやすいと感じる人であればMT5の方がおすすめです。

一方で、それほど細かい機能にこだわらないという人や、スイングトレードで特殊なトレードやテクニカル分析は行わず、王道の手法のみ使えれば良いという人であればMT4でも十分だといえるでしょう。

MT5とMT4の違い・比較 親しみやすさや普及率はMT4の方が上

MT5とMT4はどちらも同じメタクォーツ社から登場しているトレーディングシステムですが、やはりまだまだ根強い人気があるのはMT4です。

MT5とMT4を比較した時に、最初に登場したのがMT4であるなどの理由からもやはりMT4に使いやすさを感じているという人も多くなっています。

現在、少しずつではありますがMT4のサポートサービスが終了し始めており、MT5への移行を考えているという人も多くなっていますが、MT5に移行すると操作に違和感を感じるという人も多いようです。

また標準装備のインジケーターやシステムに関してはMT5の方が多くなっていますが、市場で利用されてきた期間の長いMT4の方が、外部インジケーターやEAソフトなどは数多く登場しています。

そのためMT4で利用していた外部インジケーターやEAがMT5に利用を乗り換えることによって使えなくなってしまったという事例もあるようです。

MT4とMT5を比較すると、まだまだ利用可能な外部サービスなどの面からもMT4の方が人気があるという印象を受けます。

さらにMT4やMT5に対応しているFXブローカーなどをみても、現在のところ圧倒的にMT4に対応しているところが多くなっているでしょう。

MT5が利用できるブローカーも増えてきてはいますが、現在のところMT4と比較するとMT5は利用できるブローカーの数が少なくなっています。

MT5とMT4の違い・比較を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5とMT4の違い・比較を分かりやすく解説してきました。

MT5とMT4はどちらもメタクォーツ社が提供するトレーディングシステムであり、基本的な利用方法はほとんど同じだといえるでしょう。

ただし利用可能な機能の種類や動作スピードなどに細かな違いがありますので、スキャルピングやEAトレードなど、特殊なトレード手法を用いるという人は、それぞれの特徴をしっかり確認しておくことが重要です。