にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5の日本時間表示の設定方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内・海外のFXブローカーで利用可能なところも徐々に増えているトレーディングシステムのMT5。

そんなMT5を使って検証や実戦トレードを行っている人の中には、MT5で表示されている時間が日本時間とズレていてみにくいと感じている人もいるでしょう。

しかしMT5では日本時間を表示させるインジケーターを追加することにより、MT5のチャートに表示される時間を日本時間表示にすることが可能です。

そこで今回は、MT5の日本時間表示の設定方法を分かりやすく解説していきます。

MT5の日本時間表示の設定方法を分かりやすく解説

MT5を日本時間表示設定にするために必要なインジケーターとは?

MT5のチャート表示を日本時間に設定するために必要になってくるのが、MT5の日本時間表示設定を行うためのインジケーターです。

そもそもMT5のインジケーターとは、チャート画面に表示させるトレードのためのサポートツールのことを指します。

インジケーターには主にテクニカル分析を行うためのものが多く採用されていますが、中には時間表示を変えるためのインジケーターなども用意されているのです。

インジケーターはもともとMT5に入っていてすぐに利用できるものもありますが、MT5のチャート表示を日本時間に変えるためのインジケーターは外部から入手してくる必要があります。

MT5を日本時間表示にするためのインジケーターの追加方法と設定方法

それでは実際にMT5のチャート表示を日本時間表示にするためのインジケーターを外部から追加して、さらにチャート画面に設定する方法をみていきましょう。

MT5の日本時間表示のインジケーターを自分のMT5に追加する

まずはMT5に対応した日本時間表示を行うための専用インジケーターを取得してください。

MT5で作動するインジケーターは、「ex5」または「mq5」というシステムのものに限ります。

まずは日本時間表示設定を行うための「ex5」または「mq5」という形式のインジケーターを取得してファイルをコピーしてください。

続いてMT5を開き、左上のメニューバーの中から「ファイル」をクリックしていきましょう。

プルダウンメニューが表示されるので、その中の「データフォルダを開く」をクリックしてください。

データフォルダの画面が表示されるので、ファイルの中から「MQL5」というフォルダを探してクリックしましょう。

「MQL5」を開くとさらにフォルダが複数入っていますので、その中の「Indicators」というフォルダをクリックしていきましょう。

既存のインジケーターファイルが入っているので、この「Indicators」フォルダの中に先程コピーした「ex5」または「mq5」形式のファイルを貼り付けてください。

「Indicators」フォルダの中に市場の色分けを行うファイルが入ったら、画面を閉じて一旦MT5を終了させます。

MT5に追加した日本時間表示のインジケーターを起動させる

MT5に日本時間表示のインジケーターのファイルを追加した状態で、MT5上の画面左側に表示される「ナビゲーター」の項目から先程追加した日本時間表示のインジケーターファイルを探します。

市場時間の色分けインジケーターファイルを選択した状態で、そのままチャートにドラッグしてドロップすれば、日本時間表示のインジケーターがチャート画面に反映されるでしょう。 表示されている時間帯が日本時間であれば、設定完了です。

MT5を日本時間表示にしなくても日本時間との差を把握しておけば時間の理解がしやすい

ここではMT5を日本時間表示にしたいという人に向けて、インジケーターを使った日本時間表示の設定方法を解説してきました。

しかしインジケーターを外部から追加して、さらにチャート上に設定していく必要があるため「面倒だ」と感じてしまう人もいるでしょう。

MT5にわざわざ日本時間表示を行わなくても、MT5に表示されている時刻と日本時間との時差は基本的に一定です。

そのため、MT5のデフォルトの状態での表示時間と日本時間の時差さえ把握すると、慣れてしまえばMT5の表示時間をみただけで日本時間で何時なのかがわかるようになるでしょう。

MT5の表示時間と日本時間の時差は6時間または7時間

MT5にデフォルトの状態で表示されている時間は「GMT+2(夏時間はGMT+3)」です。

このGMTとは、「GMT = Greenwich Mean Time = グリニッジ標準時」のことを指しており、かつて国際的な標準時間として採用されていた時間帯のことを指します。

グリニッジというのはイギリス ロンドン南東部に位置する街であり、この街の時刻が「GMT±0」として表示されるのです。

よってMT5の表示時間は、このグリニッジの時刻からさらに2時間(夏時間の場合は3時間)すすんだ時刻が表示されていることになるでしょう。

そして日本時間をこのGMTで表すとGMT+9と表されますので、グリニッジ時刻を9時間すすめた時刻が日本時間ということになります。

つまり冬時間のMT5がGMT+2ですので、日本時間(GMT+9)と比べると7時間の時差があり、夏時間のMT5はGMT+3ですので、日本時間(GMT+9)と比べると6時間の差があることがわかるでしょう。

ちなみに夏時間と冬時間の切り替わりはブローカーによって詳細が異なりますが、大まかに以下のようにとらえておいてください。

  • 3月〜11月がサマータイム...6時間の差
  • 12月〜2月が冬時間...7時間の差

アカウント開設しているブローカーごとに、登録しているメールアドレスなどにサマータイムと冬時間の切り替えのお知らせがくるでしょう。

基本的な考え方としては、MT5に表示されている時間にプラス6(またはプラス7)することで日本時間を割り出すことができます。

  • サマータイムにMT5が5:30の場合....「5:30+6時間=11:30」となり、日本時間では11:30
  • 冬時間にMT5が5:30の場合...「5:30+7時間=12:30」となり、日本時間では12:30

このように、MT5をわざわざ日本時間表示に直さなくても、時差を把握しておくだけで瞬時に計算できるようにもなります。

MT5の日本時間表示の設定方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5の日本時間表示の設定方法を分かりやすく解説してきました。

MT5のデフォルトの状態での表示時間はGMT+2(夏時間の場合はGMT+3)ですので、日本時間表示にしたい場合には、日本時間表示ができるインジケーターを追加して設定していく必要があります。

無料で配布されている日本時間表示のインジケーターを探して、使いやすそうなものを追加していきましょう。