にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5が重い原因と解決方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

MT5を使ってトレードしている人の中には、MT5が重いと感じている人もいるようです。

FXのトレードでは、短期トレードなどリアルタイムでのレートの動きを重要視している人もいますので、MT5の動作はなるべく軽くしておきたいものですよね。

そこで今回は、MT5が重い原因と解決方法について分かりやすく解説していきます。

MT5が重い原因と解決方法を分かりやすく解説

MT5の動作が重い場合いくつかの原因が考えられますが、基本的にMT5にログインできるのに動作が重いという場合には以下のような原因が多くなっています。

  • 不要なチャートを開きすぎている
  • インジケーターやEAを起動させすぎている
  • 使用していない機能が複数有効化されている
  • 利用しているデバイスのOSやMT5のアプリケーションのバージョンの問題
  • wifiなどの通信環境の問題
  • ブローカー側のサーバートラブルなどによるもの

それでは、1つずつMT5が重くなる原因について詳しくみていきましょう。

MT5が重い原因と解決方法 不要なチャートを開きすぎている

MT5が重い原因として、不要なチャートを複数開きすぎている場合があります。

MT5のチャートは複数の通貨ペア・時間足を同時に開くことができるので、不要なものを閉じ忘れて複数の通貨ペアを同時に開いてしまっている場合があるのです。

MT5は現在開いているチャートが、チャート下部のタブにて確認できますので、現在不要なチャートはできるだけ閉じて、現在必要なものだけを表示させておきましょう。

複数チャートを閉じると、容量に空きが出て重い動作が軽くなることがあります。

MT5が重い原因と解決方法 インジケーターやEAを起動させすぎている

MT5が重い原因として、インジケーターやEAを起動さすぎているという場合もあるでしょう。

考え方としては複数チャートを開いている状態と同じで、MT5のシステムに負荷がかかりすぎてMT5が重くなってしまっている可能性があります。

インジケーターを複数使っている人や、EAを稼働させている人などは、現在不要なインジケーターなどを一旦チャート上から削除してみるとMT5の動作の重さが解消される場合があるでしょう。

MT5が重い原因と解決方法 使用していない機能が複数有効化されている

MT5が重い原因として、使用していない機能が複数有効化されて容量オーバーとなっている可能性も考えられます。

MT5は自分で設定を行っていなくても、さまざまな機能がデフォルトの状態で有効化されているようです。

たとえばMT5の動作が重い場合に有効化されている機能として、ニュース機能や音声機能などが考えられるでしょう。

MT5が重い時に不要な機能が有効化されているようであれば、使わないものは無効化してしまうのもおすすめです。

たとえばMT5に表示されるニュース機能を無効化する場合には、上部メニューバーの「ツール」からプルダウンメニューの「オプション」をクリックしていきます。

オプションウィンドウが開くので「サーバー」タブを開き、一番下の「ニュースを有効にする」のチェックボタンを外して「OK」ボタンをクリックしていきましょう。

また音声機能を無効化する場合も、上部メニューバーの「ツール」からプルダウンメニューの「オプション」をクリックしていきます。

オプションウィンドウが開くので「音声設定」のタブを開き「有効にする」についているチェックボタンを外して「OK」をクリックすると、音声機能が無効化されます。

このように使っていないMT5の機能があれば、ある程度整理して無効化させることによって容量に空きが出てMT5が軽くなることがあるので試してみてください。

MT5が重い原因と解決方法 利用しているデバイスのOSやMT5のアプリケーションのバージョンの問題

MT5が重い原因としてMT5にて利用している機能が容量を使ってしまい動作が重くなるというパターンもありますが、他にも利用しているデバイスのOSやMT5自体のアプリケーションに問題がある場合もあるでしょう。

まずデバイスのOSのバージョンが古いという原因についてです。

MT5でトレードする際に利用しているPCやスマホのOSが最新バージョンでない場合には、MT5が正常に作動せずに重くなることがあります。

windowsを利用しているかMacを利用しているのかでも、OSバージョンの確認方法は異なりますが、OSバージョンを確認し最新バージョンがインストールできるようであればインストールを行っていきましょう。

またOSが最新バージョンになっていても、利用しているMT5のアプリケーションやスマホアプリが最新バージョンになっていない場合にも、動作が重くなる可能性があります。

OSを最新バージョンにしたら、続いてMT5のアプリケーションが最新バージョンになっているかも一緒に確認していきましょう。

MT5も最新バージョンがインストール可能であれば、最新バージョンをインストールしてみてください。

OSとMT5アプリケーションのどちらも最新バージョンになったら、一旦システムを再起動して、再びMT5を立ち上げて再び動作を確認してみましょう。

MT5が重い原因と解決方法 wifiなどの通信環境の問題

MT5が重い原因には、MT5は利用しているデバイスなどの不具合の他にもwifiなどの通信環境が原因になっている場合もあります。

MT5の画面右下に表示される通信環境の状態が「回線不通!」と表示されている場合には、通信環境に何かしらの問題があり、MT5が重くなっていることが考えられるでしょう。

MT5が重い状態で「回線不通!」が表示されている場合には、一旦wifiなど通信機器の電源を入れ直してみると回線が復旧する場合もあります。

また一定期間の利用可能な容量をオーバーして、利用制限がかかっている可能性もありますので、回線元に問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

MT5が重い原因と解決方法 ブローカー側のサーバートラブルなどによるもの

MT5が重い原因として、ユーザー側ではなくブローカー側のサーバートラブルやメンテナンスなどによりMT5が重くなっている可能性もあります。

ブローカー側の原因によりMT5が重くなっている場合には、復旧を待つしかありません。

公式サイトや公式Twitterなどでブローカー側のサーバーの状況などがアナウンスされている場合もあるので、公式からのアナウンスを確認しながら復旧を待ちましょう。

また公式サイトからのアナウンスがない場合でも、同じブローカーを利用しているユーザーがTwitterなどでMT5の状態をつぶやいていることもありますので、クチコミを確認してみるのもおすすめです。

MT5が重い原因と解決方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、MT5が重い原因と解決方法について分かりやすく解説してきました。

MT5が重い原因にはMT5自体の問題や通信環境の問題、さらに利用しているブローカー側のトラブルなど、複数の原因が考えられます。

MT5が重い場合には、まずはMT5の動作が重くなっている原因を確認して、原因に合わせた解決方法を試していくのがよいでしょう。