にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

MT5のVPSを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210415221509j:plain

国内・海外ともに利用できるFXブローカーが増えているトレーディングシステムのMT5。

そんなMT5で自動売買を始めたいと考えている人の中には、VPS選びでお悩みの方もいるのではないでしょうか。

また自動売買をこれから始めるという人の中には、VPS自体について調べているという人もいるでしょう。

そこで今回は、トレードで利用するVPSとはなんなのかや、MT5で利用可能なおすすめのVPSについて分かりやすく解説していきます。

MT5のVPSを分かりやすく解説

MT5のVPSとは?

MT4やMT5などのトレーディングシステムを利用した自動売買でのトレードに興味を持っているという人も多いでしょう。

自動売買は、一定の設定を行っておくことでトレーダーがチャートに張り付いていなくてもルールに基づいて、システムが自動でトレードを行ってくれるという機能です。

副業としてFXをしている人などは、MT4やMT5での自動売買を採用しコンスタントに利益を得ているという人も多くなっています。

そしてそんな自動売買に魅力を感じている人の中には、MT5での自動売買の始め方について調べているという人もいるでしょう。

さらにMT5での自動売買を行うためには、「VPSというものが必要になるのかも?」と気づいた人もいますよね。

MT5などで利用できるVPSとは、別名を「仮想専用サーバー」といいます。

そもそもMT5で自動売買を稼働させておくためには、常にMT5の自動売買が導入されているPCなどのデバイスを起動させておく必要があるのです。

MT5で自動売買をしているパソコンは常に電源がオンの状態という人でも、災害や停電などの理由によって、パソコンが強制的にオフになってしまうという場合もあるでしょう。

そんな時でも仮想専用サーバーのVPSを導入しておけば、パソコンがオフの状態になっていてもインターネット上では、MT5と自動売買は稼働し続けます。

つまりVPSをMT5に採用しておくことで、万が一パソコンがオフになっても、自動売買自体は稼働し続けられるという安全対策ができるのです。

MT5のVPSおすすめを紹介!

FXの自動売買にVPSが必要なことがわかったという人でも、実際にどこのVPSを利用すれば良いのかわからないという人もいるでしょう。

ここではMT5を利用して自動売買を行う人のために、VPSのおすすめをいくつか紹介していきます。

MT5のVPSのおすすめ お名前.com デスクトップクラウド for MT4

MT5を使って自動売買を行っている人の中で利用者の多いVPSが、お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4です。

このお名前.comデスクトップクラウドは、名称に「for MT4」がついていますが、トレーディングシステムのMT4とMT5両方で利用することができます。

名前に「for MT4」がついている通り、メタクォーツ社の開発するメタトレーダーシリーズに特化したVPSであり、MT5でもかなり使いやすいVPSだと評判です。

VPSは、FXに特化したものばかりというわけではなく「ホームページの閲覧専用のもの」などシンプルなものからアプリ開発やwebサイト構築などのプロのエンジニア向けのものまで多種多様に存在します。

そのためFXやMT5に特化していないVPSを選んでしまうと、余計な機能がつきすぎていて価格も割高になってしまったり、シンプルすぎて使いにくいというデメリットが生じやすくなるのです。

一方で、お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4は、メタトレーダーに特化したVPSですので、MT4やMT5の動きに焦点を絞った使いやすいVPSとなっています。

月額料金もギガ数によって異なりますが1300円〜5000円以内くらいのものが主流であり、コスト面でも利用しやすいVPSだといえるでしょう。

MT5のVPSのおすすめ ABLENET VPS

MT5で利用可能なVPSのシェア率としては「お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4」が一番高いシェア率を誇っています。

そして「お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4」の次に利用者が多くなっているMT5向けのVPSが「ABLENET VPS」です。

「ABLENET VPS」を運用するABLENETは、VPSの業界では20年以上の実績を持つ老舗となっており、他社に比べて信頼度が非常に高いというのも特徴になっています。

また価格も「お名前.comのデスクトップクラウドfor MT4」と同様に、1ヶ月2000円前後の月額料金が基本となっており、コストパフォーマンスが非常に良いというのも大きな特徴です。

サーバー自体の快適度にも定評があり、他のサーバーからVPSをABLENETに乗り換えてかなりつかやすくなったという人も多くなっています。

ただし、「ABLENET VPS」は、システムメンテナンスを平日に行うことが多いというクチコミも多く、「メンテナンスの日時だけ設定を変えて欲しい」と考えているユーザーも多いようです。

土日などトレードが休みの時よりも、市場がオープンしている平日にシステムメンテナンスが発生すると自動売買も止まってしまうため、改善を求めることが多くなっています。

MT5のVPSを分かりやすく解説まとめ

今回は、トレードで利用するVPSとはなんなのかや、MT5で利用可能なおすすめのVPSについて分かりやすく解説してきました。

MT5で利用できるVPSとは仮想専用サーバーの略称であり、MT5で自動売買を稼働させているパソコンなどのデバイスがオフの状態でも、インターネット上のサーバーでMT5を稼働させられるサービスです。

MT5で利用可能なVPSにもさまざまなものがありますので、価格やスペックなどをしっかり確認して、自分に合ったものを利用していきましょう。