にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性は大丈夫? 海外FXブローカーは出金拒否などがあって資金の安全面において怪しいという評判があるけれど、TRADEVIEW(トレードビュー)は出金できないの?

TRADEVIEW(トレードビュー)は金融庁から警告を受けているようだけれど、安全性について詳しくしりたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXブローカーの中でも、TRADEVIEW(トレードビュー)の知名度は低いため、出金拒否の可能性や金融庁からの警告から怪しいと感じている方もいるでしょう。

ここではTRADEVIEW(トレードビュー)の評判をもとに、安全性について解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判 出金拒否について

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否について怪しいという声も聞かれていますが、実際に出金できたという声も聞こえてくるため、安全性は高いと言えます。

出金拒否の評判を流すユーザーの多くは、トレードで負けた腹いせや、悪意によってTRADEVIEW(トレードビュー)の評判を落としたいと考えているユーザーによるものと考えてよいでしょう。

また先入観から「海外FXブローカー=出金拒否」と考えるトレーダーは少なくないため、TRADEVIEW(トレードビュー)の出金時間がかかることを出金拒否と勘違いするユーザーも少なくありません。

そもそも出金拒否をすると、ユーザーからの悪い評判がSNSなどで拡散されてしまうことを、TRADEVIEW(トレードビュー)を含む海外FXブローカーは理解しています。

悪評が拡散されて顧客離れが進んでしまってはTRADEVIEW(トレードビュー)の運営が成り立たなくなってしまいます。

そのようなリスクを負ってまで、TRADEVIEW(トレードビュー)が出金拒否をするとは考えにくいと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判 金融庁からの警告について

TRADEVIEW(トレードビュー)を含む海外FXブローカーの多くは、日本の金融庁から無登録業者として警告されているため、安全性について怪しいと感じる方も少なくありません。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)は海外を拠点とした海外FXブローカーであるため、国内金融庁から認可される必要はありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)が、日本語の翻訳サイトを提供するなど、日本人に宣伝やプロモーションなどを行う行為は法律違反となります。

一方、日本人ユーザーがTRADEVIEW(トレードビュー)を利用することや、TRADEVIEW(トレードビュー)が日本人ユーザーにサービスを提供することも、法律上問題のない行為です。

ではなぜ金融庁はTRADEVIEW(トレードビュー)を無登録業者と警告しているのかというと、TRADEVIEW(トレードビュー)の評判をさげて、顧客を日本のFXブローカーに向かわせるためだと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)などの海外FXでは、ハイレバレッジやゼロカットなど、国内FXでは考えられないような良質なサービスを提供しています。

このため顧客離れを危惧した金融庁は抑止力はないものの、国の力を利用し無登録業者としてTRADEVIEW(トレードビュー)に警告を行っています。

金融庁の警告や悪い評判とは異なり、TRADEVIEW(トレードビュー)は日本語翻訳が甘いなど、控えめに運営を行っていることが読み取れます。

抑止力のない金融庁の警告に配慮して運営をしていることが読み取れるため、むしろTRADEVIEW(トレードビュー)は優秀で安全性の高い海外FXブローカーと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判 金融ライセンスについて

一部の怪しいという評判とは異なり、TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性は金融ライセンスの取得によって証明されています。

顧客の資産保証や分別管理など、一定の基準をクリアしなければ金融ライセンスを取得することはできません。

もちろんTRADEVIEW(トレードビュー)は取引所と顧客資産の分別管理を行う、信託保全によって万が一の破たんでもユーザー1人あたり35,000ドルが補償されています。

ケイマン諸島にオフィスを構えるTRADEVIEW(トレードビュー)は、世界トップクラスの信頼性を誇るケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを保有しているため、資産の安全性は高いと言えるでしょう。

一部ユーザーによる悪い評判として出金拒否があるという声も聞かれていましたが、万が一TRADEVIEW(トレードビュー)が出金拒否をしてしまった場合、金融ライセンスははく奪されてしまいます。

世界トップクラスの金融ライセンスを保有するTRADEVIEW(トレードビュー)がみずから信頼性を失うようなことをするとは考えにくいと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の安全性・怪しいという評判について解説しました。

出金拒否の前例がなく、世界トップクラスの信頼性を誇る金融ライセンスを保有するTRADEVIEW(トレードビュー)は安全性が高い海外FXブローカーと言えるでしょう。

危険が高いFXブローカーだと悪い評判を流すユーザーもいますが、うのみにしないことが大切だと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は資産や運営体制の安全性が高いだけでなく、取引口座タイプやプラットフォームをトレードスタイルに合わせて選択できることから、質の高い取引所として評判です。 上級者の方にお勧めしたい取引所と言えるでしょう。