にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際の所は?

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

最大400倍のレバレッジトレードが可能であり、日本語でのサポート対応もついているTRADEVIEW(トレードビュー)。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)で今後口座を開設し、トレードをしてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

海外ブローカーは国内ブローカーでは実現できないようなハイレバレッジトレードや、豪華なボーナスキャンペーンを魅力としているところも多くなっていますが、安全面を不安視してなかなか利用できないという人もいますよね。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際の所は?

TRADEVIEW(トレードビュー)は2004年にスタートしたケイマン諸島を拠点とする海外のブローカーです。

まだまだ海外ブローカーの中でも知名度は低くなっていますが、スプレッド幅の狭さや日本語サポートなどの面から今後もユーザー数を伸ばしていくことが期待されるブローカーの1つとなっています。

しかし海外ブローカーの中でも多いのが、豪華なボーナスキャンペーンやハイレバレッジトレードを売りにしているにも関わらず、安全面が不安であるという取引所です。

まず結論を言ってしまうと、TRADEVIEW(トレードビュー)は2019年現在においては、比較的安全に利用できるブローカーなのではないかと言えます。

次項から具体的なTRADEVIEW(トレードビュー)の安全性について詳しくみていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい? 金融ライセンスは取得済み

第一にTRADEVIEW(トレードビュー)が数ある海外ブローカーの中でも、比較的安全であるといえる理由に金融ライセンスを取得しているというものがあります。

TRADEVIEW(トレードビュー)はケイマン諸島金融庁からの許認可を受けており、しっかりと登録番号も付与されている取引所です。

そもそも金融ライセンスとは、各国で金融業を行うための資格のようなもののことをさします。

国によってライセンスの内容には違いがありますが、金融ライセンスを取得しているということはその国で決められたルールの中で金融業を行っている業者であるということが証明されます。

そのため、ブローカー自体に万が一のことがあっても出金の保証をしてくれたりなど、利用者側が一方的に不利になるような取引のリスクが極めて低くなるといえるでしょう。

逆にどの国の金融ライセンスも取得していないというブローカーの場合、完全に独自のルールでのみ取引を行っていると判断されるので、万が一のことがあった場合、利用者側に一切の保証がされないという可能性も十分にあるのです。

しかし金融ライセンスを取得しているTRADEVIEW(トレードビュー)の場合、ケイマン諸島金融庁の規定の中で取引が行われるので、比較的安全に取引ができる可能性が高くなっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい? 資金管理も大手銀行にて行っているので安心

またTRADEVIEW(トレードビュー)が比較的安全なブローカーであるのには、資金の管理方法も大きな理由となっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)では資金の管理を、スペイン・マドリードに本拠を置くスペイン最大の商業銀行グループのサンタンデール銀行で行っているのです。

また事業運転資金と顧客の資金は完全に分けられて管理されており、外部管理者を起用して顧客資金の管理も行われています。

このような管理体制からも、万が一TRADEVIEW(トレードビュー)自体が倒産などに追いやられた場合でも、顧客の資金は別で守られているので、資金を保証してもらえる可能性が高くなるでしょう。

実際にTRADEVIEW(トレードビュー)では35000ドルまでの顧客資金保証も完備しているため、安全性は非常に高いブローカーであると言えます。

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際に利用している人の口コミは?

それでは最後に実際にTRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人の口コミをみていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人の中で、出金拒否をされたというような口コミは見られませんでした。

ただし、日本の銀行への送金に対応していないので、不便さを感じるという人もいるようです。

安全性から考えると特に問題はありませんが、国内銀行で入出金を行いたいという人であれば多少の不便性を感じてしまうでしょう。

またTRADEVIEW(トレードビュー)では、注文が通りにくいという声もみられました。

しかしこれはどのトレーディングプラットフォームを利用しているのかによっても異なるようで、MT4は比較的サーバーが落ちやすいという口コミが多くなっています。

注文の通りやすさや操作のしやすさを考えるとcTraderがおすすめのようです。

TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際の所は?まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく解説してきました。

TRADEVIEW(トレードビュー)では金融ライセンスを取得しており、資金の管理体制レベルも高いブローカーだといえるでしょう。