にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は世界中の取引所を介して様々な通貨ペアの取り引きができる海外FXブローカーです。

しかし、基本的に土日をのぞいて24時間オープンしているマーケットをPCの前に張り付いて監視するのは不可能です。

スマホアプリを使ってトレードできればとお考えの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリに純正はないがサードパーティ制が利用可能

TRADEVIEW(トレードビュー)が独自に開発した純正のスマホアプリはありません。

しかし、一部のTRADEVIEW(トレードビュー)の口座タイプでは公式にサードパーティ制のスマホアプリを採用しています。

口座タイプごとに採用されているスマホアプリは以下のとおりです。

・スタンダード口座・・・MT4

・MT5口座・・・MT5

・ILC口座・・・MT4

・cTrader口座・・・cTrader

・バイキング口座・・・スマホアプリなし

TRADEVIEW(トレードビュー)でトレードに使えるスマホアプリは、MT4、MT5、cTraderの3つです。

残念ながら、Currenexと呼ばれるプラットフォームを使うバイキング口座では、スマホアプリは使えません。

MT4とMT5はバージョンが違うだけで、同じメーカーが開発したアプリのバージョン違いです。使い方にも大きな違いはありません。

そこでここからは、MT4とcTraderの使い方について解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方:MT4

MT4、MT5、cTraderいずれのスマホアプリもTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトからは入手できません。

お使いのOSに応じて、App StoreないしGoogle Play Storeから検索してダウンロード・インストールしましょう。

ちなみに、「Tradeview」で検索すると似た名前のスマホアプリがヒットしますが、まったくTRADEVIEW(トレードビュー)とは関係のないものです。

誤ってダウンロードしないようにしましょう。

ダウンロード・インストール方法は通常のスマホアプリと変わりありません。 インストール後にスマホアプリを起動すると下記のようなメインウィンドウが開きます。

画像は気配値表示です。他にチャート表示画面があり、それぞれのウィンドウから新規注文もできます。

ただ、このままではTRADEVIEW(トレードビュー)で取り引きはできません。口座の設定をしましょう。

口座設定は「設定」→「新規口座」→「既存のアカウントにログイン」から行います。

「既存のアカウントにログイン」を選ぶとサーバーが検索できるので、「tradeview」で検索します。

その後、ログイン情報を入力すればスマホアプリでTRADEVIEW(トレードビュー)を使う準備は完了です。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリ(MT4)での注文方法

MT4のスマホアプリでの注文画面は以下のようになっています。

標準では成行注文(ストリーミング注文)となっていますが、同じ部分をタップすれば別の注文方式が選べ、詳細条件も入力できるようになります。

取り引きする通貨ペアの変更も注文画面で通貨ペアをタップすれば可能です。

もちろん、気配値表示から選び直すこともできます。

MT4(MT5)のスマホアプリはTRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーの併用も可能

MT4(MT5)はTRADEVIEW(トレードビュー)純正のスマホアプリではなく、Metaquate社が作成したもので、TRADEVIEW(トレードビュー)以外にも数多くのブローカーが採用しています。

スマホアプリにおいても、複数のブローカーの口座をMT4(MT5)に同時に登録して使うこともできます。

取り引きする際に登録済みの口座を都度、選び直す必要はありますが、複数の口座を使ってリスク分散したい方にとって、MT4(MT5)のスマホアプリは非常に使いやすいのではないでしょうか。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方:cTrader

cTraderのスマホアプリは、MT4と異なり使っているブローカーごとに異なります。

TRADEVIEW(トレードビュー)に対応しているcTraderのアプリは「Tradeveiw Markets cTrader」です。

スマホアプリを起動すると下記のような表示になります。

デフォルトでは日本語表示設定になっていないので、設定を変更しましょう。

言語設定は「settings」→「Language」から変更し、アプリを再起動することで適用されます。

日本語表示が適用されました。 「売り」「買い」はそのままタップすれば注文画面に移ります。

チャート表示はその横のグラフのアイコンをタップすれば表示されます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリ(cTrader)での注文方法

cTraderのスマホアプリの注文画面は以下のようになっています。

MT4にくらべて非常に馴染みやすい、直感的に操作できるような画面ですね。

TRADEVIEW(トレードビュー)でcTraderのスマホアプリを使う方法については、実際に操作してみても戸惑う部分は少ないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)をスマホアプリ以外で使う方法

ここまで、TRADEVIEW(トレードビュー)の口座を使ってスマホアプリでトレードする方法をご紹介しました。

しかし、スマホアプリでできるのは、あくまでトレードのみです。

アカウントの追加や削除、口座への資金の入出金の操作はできません。

それでも、スマホを使ってTRADEVIEW(トレードビュー)の口座管理ができないわけではありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトは、しっかりとスマホサイト版も存在します。

スマホのブラウザを使ってPC版と同じように会員ページにログインすれば、入出金の手続きも可能です。

ただ、口座管理は自分の大事なお金を動かす操作です。 無料の公衆無線LANなどを使ってアクセスするのはやめておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)は取引プラットフォームとして、MT4、MT5、cTrader、Currenexの4種類がありますが、Currenexを除いた3種については、TRADEVIEW(トレードビュー)純正ではないもののスマホアプリが存在します。

MT4、MT5は高機能なスマホアプリで、他の海外FXブローカーとの併用も可能です。

cTraderのスマホアプリは、ブローカーによって使うアプリが異なりますが、非常に直感的に操作できる優れたアプリです。

ご自分の作った口座タイプによって使えるスマホアプリは異なりますが、時間と場所にとらわれず取り引きするためにも、スマホアプリの設定はしておいたほうが良いでしょう。