にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方はどのようにしたらいいの? あなたは今、このようにお考えですよね。

TRADEVIEW(トレードビュー)を自宅だけでなく外出先でトレードしたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

またパソコンを持っていないため、TRADEVIEW(トレードビュー)のトレードをアプリで始めたいとお考えの方もいるでしょう。

ここではTRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方についてみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)に独自アプリはなし。トレードのみアプリに対応

TRADEVIEW(トレードビュー)では、取引所が独自にリリースするアプリはありません。

またTRADEVIEW(トレードビュー)ではトレーティングプラットフォームとして、MT4・MT5・cTraderなどを採用しています。

これらのトレーディングプラットフォームは、海外FXブローカーの多くが公式採用しており、パソコン版とスマホアプリ版がリリースされていて取引で利用できます。

ただしスマホアプリを含むプラットフォームの使い方は、あくまでも、チャートの確認・分析、気配値の確認、注文などの、トレード操作で利用できるにとどまります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のクライアントキャビネットにログインしなければいけない、口座管理や入出金などに、スマホアプリは利用できません。

口座開設や入出金に関しては、TRADEVIEW(トレードビュー)のスマホサイトから行うことになると考えておきましょう。

ここではTRADEVIEW(トレードビュー)のスマホアプリの中でも特に人気の高い、MT4のスマホアプリの使い方についてみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方 MT4のインストールとログイン方法

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方は、以下の手順で行います。

  • 1.TRADEVIEW(トレードビュー)でアカウント登録する
  • 2.MT4をインストールしログインする

では詳しくみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)でアカウント登録する使い方

スマホのブラウザからTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトにアクセスしましょう。

「新規口座開設」をタップし、口座開設フォームの記入を進めていきます。

まずは個人口座か法人口座のどちらを開設するのかを選択します。

ここでは例として個人口座をタップし、個人口座の開設フォームを記入していきましょう。

まず口座タイプとトレーディンプラットフォームを選択します。

リストには「口座タイプ/トレーディングプラットフォーム」と表示されていますので、MT4でトレードしたい方は「Xレバレッジ口座/MT4」「ILC口座/MT4」のどちらかをタップしましょう。

そして取引口座の通貨を選択します。

TRADEVIEW(トレードビュー)のユーザー情報として、氏名(ローマ字)・生年月日・出生地や国籍などを画面の案内にしたがって入力しましょう。

※の項目は、入力の必須事項ですのでもれなく記入してください。

つづいて職業や資産に関する情報を入力し、画面の案内に沿って項目を埋めていき、最後に投資経験を記入します。

ひきつづき、本人確認書類をTRADEVIEW(トレードビュー)に提出します。 本人確認書類を準備したらスマホで画像を撮影して、身分証明書と住所確認書類をアップロードフォームから提出しましょう。

最後に署名して「送信する」をタップして、アカウント登録の手続きを完了させましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)が審査を行い、承認されることで、MT4スマホアプリのログイン情報がメールで届きます。

MT4をインストール・ログインする使い方

MT4をインストールする使い方は、一般的なアプリの入手方法と同じです。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayの検索ウインドウで「MT4」を検索し、「インストール」をタップしてください。

MT4のインストールを完了したらスマホアプリを起動すると、気配値の画面が表示されます。 MT4にログインする使い方をみていきましょう。

スマホアプリのメニューから「設定」をタップします。

「新規口座」をタップして、「既存のアカウントにログイン」をもう一度タップしましょう。

前項の最後にメールで受け取ったTRADEVIEW(トレードビュー)のログイン情報を準備します。

MT4のサーバー検索フォームで、TRADEVIEW(トレードビュー)のサーバー名を検索して、選択しましょう。

ログインIDとパスワードの入力フォームに、各情報を記入して、MT4からTRADEVIEW(トレードビュー)の取引口座へのログインは完了となります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方 MT4のチャートの表示方法

MT4のスマホアプリにログインしたら、続いての基本的な使い方として、TRADEVIEW(トレードビュー)のチャートの表示方法をみていきます。

スマホアプリのメニュー「気配値」からチャートを表示したい通貨ペアをタップして、「チャート」を選択します。

もし気配値に希望の通貨ペアが表示されない場合は、気配値画面の右上にある「+」をタップして、シンボルを検索しましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方 MT4の注文方法

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの基本的な使い方として、MT4の注文方法をみていきます。

スマホアプリのメニュー「気配値」から通貨ペアをタップして「トレード」をタップしましょう。

注文フォームが表示されたら注文内容を記入していきますので、画面の上から順に注文方法の使い方をみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の注文銘柄をタップで変更できます。

ひとつ下では、成行注文、指値注文としてBuy Limit、Sell Limitなどから注文方法を選択しましょう。

つづいて注文数量を記入します。

指値注文ではさらにその下にある、価格も記入する必要があります。

「売り」「買い」のいずれかをタップして、TRADEVIEW(トレードビュー)の注文方法を完了させましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方の基本的な流れについて解説しました。

アプリの使い方はトレード関連に限定されており、TRADEVIEW(トレードビュー)の口座開設や入出金についてはスマホサイトで行う必要があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)が採用するスマホアプリは種類が多く、MT4をはじめ、MT5やcTraderなどがあるため、トレード手法に合わせた使い方ができることが大きな特徴と言えるでしょう。