にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は急速にユーザー数を伸ばしている新進気鋭の海外FXブローカー。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)ではアプリが利用できることをご存知でしょうか。

アプリをスマホにインストールすれば時間と場所にとらわれずトレードができるようになります。

忙しい人にとってこれは大きなメリットとなることでしょう。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方【インストール方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)で利用できるアプリは「MT4」と「cTrader」「MT5」の3種類です。

以前はMT5のアプリは非対応でしたが、現在は使えるようになっています。

MT4、MT5とcTraderのアプリはApp StoreまたはGoogle Play Storeから誰でも無料で入手できます。

インストール方法も通常のアプリと同じです。

なお、cTraderを採用している海外FX業者はそれほど多くはありません。

対して、MT4(MT5)はTRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーでも広く採用されています。

また、MT4(MT5)はプロのトレーダーも使うほど高機能なプラットフォームゆえ使い方がやや難しいところがあります。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)でMT4(MT5)のアプリを使うことを想定して解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方【設定方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリはスマホにインストールしただけでは使えません。

あらためてアプリ経由でTRADEVIEW(トレードビュー)の取引サーバーにログインしなければ実際のトレードは始められません。

ログインに必要な情報は口座番号とパスワード。

これはTRADEVIEW(トレードビュー)へ口座を開設した際に必ず受け取っているはずです。

アプリを起動して「設定」→「新規口座」と進みましょう。

続けて「既存の口座へログイン」を選ぶと接続先サーバーの検索へと移ります。

「TRADEVIEW」と検索して接続先サーバーを選びましょう。

最後に口座番号とパスワードが求められるので入力します。

以上でアプリの設定は完了です。

以降、アプリでのトレードがTRADEVIEW(トレードビュー)の口座へ反映されるようになります。

続けて具体的な使い方を解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方【基本構成】

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの構成は以下のようになっています。

赤枠のメインメニューで画面を切り替える使い方が基本になります。

それぞれのメニューの概要は以下のとおり。

・気配値・・・通貨ペアの売値と買値をリアルタイムに表示する

・チャート・・・通貨ペアの値動きの推移をグラフで視覚的に表示する

・トレード・・・証拠金を確認しながら注文する

・履歴・・・取引履歴などを確認する

・設定・・・チャートのカスタムや口座設定などをおこなう

気配値は上記画像です。 そしてチャートは以下のように表示されます。

なお、アプリはチャートのみスマホの傾きセンサーに対応しています。

チャートを見るときはスマホを倒して上記のように横長表示にすることをおすすめします。

また、TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリは「トレード」のメニュー以外からでも注文可能です。

素早い注文のためにも他のメニューから注文する使い方にも慣れておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方【注文方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリでは以下の注文方法が利用可能です。

・成行注文

・Buy/Sell Limit

・Buy/Sell Stop

成行注文はマーケットの成り行きにまかせて発注する注文方法。

売買価格を指定できない反面、すぐに約定するという特徴があります。

対して、Buy/Sell Limitは売買価格を指定する注文方法。

指値注文とも呼ばれます。

指値注文は希望価格で約定できる一方で、マーケットの動きによっては一向に約定しないこともあります。

Buy/Sell Stopは逆指値とも呼ばれる注文方法で、不利な価格を指定する指値注文です。

逆指値注文は主に損切り目的の使い方がされます。

アプリでは「成行注文」と表示される部分をタップすることで注文方法を切り替えられます。

特に強調表示されていないので初見では分かりにくいかもしれません。

ちなみに、こういったアプリの使い方はTRADEVIEW(トレードビュー)にかぎらず他の海外FX業者でもほぼ同じです。

一度使い方に慣れておけば、TRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーを使う際にもスムーズに移行できるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方【口座管理】

残念ながらTRADEVIEW(トレードビュー)のアプリでは入金や出金などの口座管理はできません。

アプリでできるのはトレードだけです。

ただ、スマホで操作を完結できないわけではありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の会員ページはスマホのブラウザでも問題なくログインできるからです。

したがって、TRADEVIEW(トレードビュー)の会員ページをブックマークしておけば、アプリのような感覚で口座管理することも可能です。

ワンストップでトレードと口座管理ができないのは少しばかり不便かもしれませんが、それくらいは仕方のないことと我慢しましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方の注意点

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリのメリットは時間と場所にとらわれずトレードができることです。

しかし、トレードする場所に関しては注意が必要です。 たとえばカフェの公衆無線LANなどを使ってトレードするのは非常に危険です。

公衆無線LANはセキュリティが甘いためアカウントが乗っ取られるリスクがあるからです。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリからは口座管理ができないとはいえ、パスワードなどが漏れてしまえば会員ページから出金することは可能です。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリを使うときはできるだけセキュリティの高いネットワークを使うようにしましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)で利用できるアプリはMT4とcTrader、MT5の3種類。

今回はもっとも汎用的なMT4のアプリの使い方を解説してきました。

MT4はTRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーでも広く採用されている汎用性の高いアプリです。

MT4が使えれば、仮に他のブローカーへ乗り換える際にも応用が聞きます。

早めに使い方に慣れてしまいましょう。