にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来るのか詳しく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

約定力の高さや取引コストの低さなどが理由となり、国内ブローカーも多く利用している海外ブローカーのTRADEVIEW(トレードビュー)。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)で自分のトレードスタイルに合わせて複数口座を作りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし海外ブローカーの中には、複数口座を作ること自体を禁止しており1アカウント1口座と規制をかけているところもあるようです。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来るのかについて詳しく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来るのか詳しく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)は2004年にスタートしたケイマン諸島に拠点をおく海外ブローカーです。

MT4・cTrader・Vikingと3種類のトレーディングプラットフォームを使い分けられるようになっており、自分の使いやすいシステムを利用してトレードすることができるようになっています。

またMT4には2タイプの口座、そしてcTraderとVikingにはそれぞれ1タイプの口座が用意されており、トレーディングプラットフォームによっては口座タイプまでを選択することが可能です。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)では、1つのアカウントで最大5つの口座を開設することができるようになっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来る 追加口座開設の手順

TRADEVIEW(トレードビュー)では、すでにアカウントを持っている方であれば、簡単に複数口座の開設手続きを行うことが可能です。

まだTRADEVIEW(トレードビュー)の口座を開設したことがないという人は、まずは新規口座開設で1つアカウントを開設しておきましょう。

まずはTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトにてログインを行なってください。

次に自分のマイページより「追加口座開設」のボタンをクリックしていきましょう。

追加口座に必要な情報を入力し、最後に「送信する」をクリックすれば追加口座の申請が完了です。

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る場合には必要書類の提出は不要

また新規口座開設時には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と現住所を確認するための公共料金の支払い明細書などを用意する必要がありました。

しかし一旦アカウントを開設しており、すでに本人確認書類や現住所の確認できる書類を提出している人であれば、追加口座を開設する際に必要書類の再提出は不要です。

新規口座開設の際には必ず書類の提出が必要になるので、新規アカウント開設から手続きを行う人であれば、本人確認書類と現住所の確認できる書類を事前に準備しておくようにしましょう。

基本的には一度書類の提出をしていれば、追加口座での書類の再提出は不要なTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、口コミでは現住所の確認できる書類の再提出を求められたという口コミもありました。

そのため、状況に応じて書類の再提出を求められることもあるようです。

ただし書類を求められる場合と求められない場合の基準などについては公表されていないので、万が一書類の提出を求められたら理由などをTRADEVIEW(トレードビュー)側に問い合わせてみるのも良いでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作って放置しても口座維持手数料は発生しない

1人のユーザーが複数口座を開設できる海外ブローカーも多いものですが、海外ブローカーの中には追加で開設した口座などが一定期間利用されない場合、口座維持手数料が発生してしまうというところもあります。

そのためトレードスタイルによって口座を分けたいなどの理由で追加口座を開設し、その後で口座を利用せずに一定期間が過ぎてしまうと手数料が毎月差し引かれてしまう場合もあるのです。

またこのような口座維持手数料が発生するブローカーの場合、ほとんどが口座に入金されている資金から毎月手数料分が自動で差し引かれる形をとっています。

さらに口座に入金されている資金がなくなると口座凍結となってしまう場合も多く、再度同じ口座を利用することができないという場合もあるようです。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)では、このように追加口座を開設し、未使用のまま一定期間が過ぎても口座維持手数料などが発生する心配はありません。

また未使用期間が理由となって口座を凍結されるという心配もないので、比較的気軽に追加口座を開設することができるでしょう。

絶対に追加口座を利用するという人ではなくても、TRADEVIEW(トレードビュー)は追加口座を作りやすいブローカーだと言えます。

TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来るのか詳しく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)で複数口座を作る事は出来るのか詳しく解説してきました。

TRADEVIEW(トレードビュー)では最大5つの口座を1人のユーザーが開設できるようになっており、公式サイトより手軽に追加口座開設の申請が行えるようになっています。

また1度アカウントを開設しておけば、口座を追加する際には本人確認書類や現住所の確認書類は基本的に提出不要です。

ただし口コミなどを見ていると、現住所の確認書類の再度提出を求められたという人もいるので、万が一提出を求められた場合にはTRADEVIEW(トレードビュー)へ問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

口座維持手数料もかからず気軽に追加口座を開設できるので、まずは公式ページから手続きを行ってみてくださいね。