にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)でゴールド(金)は取引できるの?

ゴールド(金)の取引条件をしりたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 TRADEVIEW(トレードビュー)はスプレッドが狭く、取引手数料などのコストを抑えて取引することが可能です。

ゴールド(金)は、TRADEVIEW(トレードビュー)における為替FXの取引条件と異なるのでしょうか。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)では、ゴールド(金)をはじめ、シルバーやブロンズなどの貴金属CFDとして取引することができます。

ゴールド(金)は、「XAU/USD」と表記され米ドルの価値を持ち、資産の中でも市場や経済の影響を受けにくく、安定した価値を保有し続けられる資産として人気があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)は、金利が低い今だからこそ、資産価値が高く取引におすすめと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)はボラリティが高い

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)は値動きが早くボラリティが高いため、利益獲得を狙いやすいと言われています。

ポンドや原油もボラリティが高いと言われていますが、ゴールド(金)はそれらを上回ると言われているため、短期間で利益獲得をめざしやすいのが大きな魅力と言えるでしょう。

ボラリティが高いということは、逆に短期間で大きな損失リスクをはらんでいると言っても過言ではありません。

ストップレベルを設定したり、損切り価格を設定したりなど、TRADEVIEW(トレードビュー) でゴールド(金)を取引する際はリスクヘッジすることをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)の最大レバレッジ

TRADEVIEW(トレードビュー) のゴールド(金)の最大レバレッジは、10倍です。

本来、TRADEVIEW(トレードビュー) の為替FXの最大レバレッジは100倍から500倍と、取引口座やプラットフォームごとに異なりますが、ゴールド(金)は統一されています。

最大200倍や500倍のレバレッジと比較すると、TRADEVIEW(トレードビュー) のゴールド(金)をトレードするには、必要証拠金が多く必要になってしまうと心得ておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)のスプレッド

TRADEVIEW(トレードビュー) のスプレッドは狭く、早朝でもゴールド(金)のスプレッドは広がりにくい傾向にあります。

ゴールド(金)・原油・日経平均などのボラリティは同等程度に高いですが、スプレッドを比較するとゴールド(金)は0.24pipsと狭い傾向にあります。

基本的にTRADEVIEW(トレードビュー) のスプレッドは狭いことでも定評があり、取引手数料も往復5ドル(0.5pips)と業界最安レベルを示しています。

スプレッドは、TRADEVIEW(トレードビュー) の取引コストのメインですので、ゴールド(金)取引でも狭く抑えられるのは大きな魅力と言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)はスワップポイントなし

金利の影響を受けないゴールド(金)の買いスワップポイントは、基本的にマイナスです。

2020年7月22現在の買いスワップポイントは-13.31585、売りスワップポイントは3.4635です。

現在、TRADEVIEW(トレードビュー)でゴールド(金)を売るとは考えにくいため、スワップポイントで利益獲得をめざすことはできないと考えてよい他方がよいかもしれません。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)の取引サイズ

TRADEVIEW(トレードビュー) のゴールド(金)の取引サイズは、1ロット100オンスです。

最少取引サイズ0.1ロットから、最大取引サイズは50ロットまでと定められています。

取引サイズが1ロットであったとしても、TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)の取引サイズは幅広く対応しています。

小規模取引から始めやすいのは、TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)のメリットと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)の取引時間

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)の取引時間は、月曜日から金曜日の1時5分から23時59分までです。

ただしこの取引時間はTRADEVIEW(トレードビュー)のサーバー時間(+GMT2)ですのでご注意ください。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)の取引時間を日本時間に換算すると、7時間前倒しになります。

夏時間は1時間時間が早まり、取引時間が6時間前倒しになりますので心得ておきましょう。

もしTRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)の取引時間を日本時間に換算するのが面倒な場合は、MT4やMT5のサーバー時間をご確認いただくと便利です。

TRADEVIEW(トレードビュー) ゴールド(金)の取引プラットフォーム

TRADEVIEW(トレードビュー) のCFDの中には、MT4とMT5でしか取引できないCFD商品が存在します。

ゴールド(金)はTRADEVIEW(トレードビュー) の全プラットフォームを利用でき、cTrader口座やCurrenex口座でも取引可能です。

特にcTraderは、TRADEVIEW(トレードビュー) のスキャルピングに定評があるプラットフォームで、約定力の高さから定評があります。

TRADEVIEW(トレードビュー) のcTraderは、ゴールド(金)の取引に重宝すると言えるでしょう。

特にcTraderは、スプレッドや取引手数料が狭いILC口座と相性がよく、コストがかさみがちなスキャルピングのコストダウンに役立つことが考えられるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のゴールド(金)は、価値を維持しやすいことから魅力的な資産と言えるでしょう。

ゴールド(金)は米ドルの値動きに連動すると言われ、米ドルが強い時には値下がりし、米ドルが弱い時には値上がりする傾向にあります。

TRADEVIEW(トレードビュー)ではスプレッドが狭いILC口座をはじめ、MT4やMT5、cTraderなどのプラットフォームで、ゴールド(金)を取引できるのは大きな魅力と言えるでしょう。