にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

FXトレードを行なっている人の中には、節税などの目的で法人口座を開設しておきたいと考える人もいるでしょう。

そんな中でTRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座開設を検討しているという人もいるのではないでしょうか。

日本語のサポート体制も充実しており、スプレッドも狭いと評判のTRADEVIEW(トレードビュー)では法人口座を開設できるのかどうか木になるところですよね。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設はできるのかについて詳しく調べてみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)は2004年にスタートした海外のブローカーです。

スプレッドの狭さやトレーディングプラットフォームの選択肢の広さなどからも、国内トレーダーの登録者数を徐々に増やしている取引所になっています。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を作りたいと考えている人もいるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を作ることが可能であり、公式サイト内から法人口座の開設手続きができるようになっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設方法

それでは実際にTRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設の手順をみていきましょう。

まずはTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトにアクセスし、右上に表示されている新規口座開設のボタンをクリックしていきます。

口座開設の手続き画面が表示され、口座タイプを選択していきます。 この時に「法人口座開設」のボタンをクリックしていきましょう。

法人口座開設のための手続きにすすみます。 まずは法人の基本情報を入力していきましょう。基本的に入力はローマ字で行なっていきます。

法人の詳細情報を入力します。

代表者(役員)に関する情報を入力していきます。

その他にも、米国市民権に関して、収入に関してなどの入力項目が続きますので、指示通りに項目を埋めていきましょう。

必要書類のアップロード項目があるので、ここで必要書類を提出していきます。

利用規約を確認し、最後に手書きでの署名(マウスを利用してPC上で署名できます)をし、ラジオボタンにチェックを入れて「送信する」をクリックすれば手続き完了です。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座を開設するために必要な書類は?

公式サイトから個人口座を作る要領で法人口座開設手続きができるTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、口座開設手続きを進めるためには、事前に必要書類を揃えておく必要があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設するために必要な書類は、以下の4点です。

  • 定款のコピー・履歴事項全部証明書のコピーなど法人格の証明書類
  • 法人の現住所がわかる書類(公共料金の利用明細や銀行の取引明細、印鑑証明など)
  • 運転免許証やパスポートなどの代表者の証明書類
  • 個人の現住所がわかる書類(公共料金の利用明細や銀行の取引明細、印鑑証明など)

個人口座を開設する場合には個人の確認書類のみが必要となりますが、法人口座を開設する場合には法人格を証明する書類や法人としての現住所を確認する書類も加えて必要になってきます。

特に定款のコピー・履歴事項全部証明書のコピーなどは法務局にて取得が必要になるものですので、法人口座の開設を急いでいる人であれば、事前にしっかり取得しておく必要があるでしょう。

また全ての書類に関してですが、現住所が記載されているもので、かつ発行から3ヶ月以内のものが有効です。

(ただし代表者の本人確認書類に関しては有効期限内のものであればOKです。)

発行から3ヶ月以上が経過しているものに関しては、書類として認められませんので、必ず発行年月日を確認してから提出するようにしてください。

TRADEVIEW(トレードビュー)では法人口座と個人口座を両方持つことができる

またTRADEVIEW(トレードビュー)は複数口座の開設がOKなブローカーとなっています。

そのため個人口座を残しながら法人口座を新規で開設するということも可能です。

法人と個人を使い分けながらトレードしたいという人でも利用できるので、おすすめのブローカーだといえるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は法人口座開設のハードルが低めなので口座開設しやすい

海外ブローカーの中には、法人口座の開設手続きが行えるところも多いものですが、口座開設のための手続きが英語のみというところも多いものです。

このようなブローカーを利用した場合、法人口座を開設するために書類の和訳を頼んだりという手間がかかってしまうこともあるでしょう。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)の場合には、日本語での法人口座開設手続きが可能であり、さらに日本語でのサポート対応も受けることが可能です。

このようなことからもTRADEVIEW(トレードビュー)は、海外ブローカーの中では法人口座開設のハードルが低く、英語が苦手な日本人トレーダーでも比較的簡単に手続きができるようになっています。

海外ブローカーは国内ブローカーでは実現不可能なハイレバレッジトレードができるなど魅力的な点も多いのですが、個人のトレードでは国内ブローカーとは異なる税制が適用されたりなどのデメリットも存在します。

口座を法人に切り替えることで、個人ではデメリットとなってしまう海外ブローカーでのトレードもうまくカバーできる可能性があるので、TRADEVIEW(トレードビュー)での口座開設を検討してみてください。  

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説してきました。

TRADEVIEW(トレードビュー)は公式サイトより日本語で法人口座の開設手続きが行えます。

法人口座の開設には個人口座とは異なる書類が必要となってきますので、手続きがスムーズに行えるように事前に書類の準備をしておきましょう。