にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

海外FXブローカーの中でも、徐々に日本人ユーザーからの人気を獲得しているTRADEVIEW(トレードビュー)。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

海外FXブローカーでは法人口座自体が開設できないところや、法人口座の開設ができるところでも実際には日本の法人が口座を開設するのが難しいところも多いものです。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座について詳しく調べてみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座が作れる!日本の法人も口座開設者が多い

まずTRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座が開設できるのかについてですが、TRADEVIEW(トレードビュー)では法人口座の開設が可能になっています。

またTRADEVIEW(トレードビュー)は海外FXブローカーの中でも法人口座を開設したい人に人気のブローカーでもあるようです。

その大きな理由の1つとなっているのが、TRADEVIEW(トレードビュー)は国内FX業者に匹敵するスプレッドの狭さを持ち合わせているという部分でしょう。

さらに法人口座独自のレバレッジ制限などをうけることがないので、法人でも取引がしやすいという点がTRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設する人が多い理由となっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座開設のための必要書類

法人口座開設にメリットの多いTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、他の海外FXブローカー同様に法人口座開設のためには必要な提出書類を揃える必要があるでしょう。

個人口座の開設よりも必要書類は多くなりますので、スムーズな口座開設のためにも事前に書類の準備はしっかり行なっていくのがおすすめです。

TRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設する場合に必要になる書類には、以下のようなものがあります。

  • 法人確認書類
  • 法人現住所確認書類
  • 本人確認書類
  • 代表者現住所確認書類

それでは、それぞれどのような書類が必要なのか具体的にみていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座必要書類:法人確認書類

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座を開設するためには、まずは法人を証明するための書類が必要になります。

TRADEVIEW(トレードビュー)で認められている法人確認書類には、いかのようなものがありますのでいずれか1点を準備しておきましょう。

  • 定款(写し)
  • 全部事項証明書

どちらも入手するまでにある程度時間のかかるものではありますが、特に全部事項証明書を提出する場合には、英語に翻訳済みのもので公認印があるものでなければ認められません。

翻訳や公認印をもらうまでに通常よりも時間がかかりますので、早め早めに準備をしていくのがよいでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座必要書類:法人現住所確認書類

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人書類でもう1つ必要になってくるのが、法人現住所確認書類です。

法人としての現住所を証明するために以下のいずれかの書類が必要になります。

  • 電気・ガス・水道など公共料金の利用明細
  • 印鑑証明
  • 住所が記載されている銀行証明

公共料金の領収書は法人名義になっているもので、現住所の記載がされているものが必要です。

またどの書類も発行から3ヶ月以内のもののみが有効になります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座必要書類:本人確認書類

TRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設する場合には、法人に関する書類の他に代表者個人に関する書類も必要です。

代表者個人として用意するべき書類の1つめが顔写真付きの本人確認書類となっており、以下のような書類が認められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

いずれも顔写真付きのもので、かつ有効期限内のもののみが認められていますので、準備しておいてください。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座必要書類:代表者現住所確認書類

TRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設するために必要になる書類には、代表者個人の現住所確認書類も必要になってきます。

現住所確認書類の代表者の名義は個人の確認書類の名義と同じものであり、以下のような書類をいずれか1点準備してください。

  • 電気・ガス・水道など公共料金の利用明細
  • 印鑑証明
  • 住所が記載されている銀行証明

公共料金の領収書は代表者の個人名義になっているもので、現住所の記載がされているものが必要です。 またどの書類も発行から3ヶ月以内のもののみが有効になります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座開設の手順

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座開設の必要書類が揃ったところで、実際に法人口座の開設手続きをすすめていきましょう。

まずはTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトにアクセスし、画面をスクロールさせると表示される「新規口座開設」ボタンをクリックしてください。

新規口座開設手続きの画面が表示されたら、法人口座の場合は「TRADEVIEW 法人口座」をクリックしていきましょう。

法人口座専用の開設手続き画面が表示されますので、まずは取引を行うプラットフォームと通貨を選択してください。

続いて法人に関する基本情報を画面の案内にしたがって入力していきましょう。

続いて法人に関する情報(設立年月日や登録国など)、役員に関する情報を入力していきます。

さらに米国市民権に関する情報、収入源に関する情報、投資経験に関するアンケートなども入力していきましょう。

必要事項への入力が完了したら、前もって準備しておいた法人口座開設のための必要書類をアップロードしていきましょう。

書類のアップロードが完了したら、署名を手書きで行い、同意ボタンにチェックを入れて「送信する」のボタンをクリックしていきましょう。

後ほどTRADEVIEW(トレードビュー)から登録したメールアドレス宛に口座開設手続き完了のお知らせが届けば、法人口座の開設手続きが完了となります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の法人口座について詳しく調べてみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)では法人口座の開設ができるようになっており、法人口座の開設も公式サイトから個人口座同様に行えるようになっています。

ただしTRADEVIEW(トレードビュー)で法人口座を開設する場合には、個人口座とは異なる入力内容となり必要書類も変わってきますので、早めに書類の準備などはおこなっておきましょう。