にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

狭いスプレッドと豊富な口座タイプが特徴のTRADEVIEW(トレードビュー)。

しかし、口座タイプが多いがゆえにTRADEVIEW(トレードビュー)の手数料やレバレッジ倍率の違いなどが分かりにくいと感じている人も少なくないのではないでしょうか。

そこでここでは、TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料について、口座タイプの違いも含めて分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)のやり方

TRADEVIEW(トレードビュー)には口座タイプと取引プラットフォームとして以下のものが用意されていますが、それぞれでレバレッジ取引(FX)のやり方の考え方に大きな違いはありません。

【口座タイプと取引プラットフォーム、最大レバレッジ】

・ICL口座・・・MT4またはMT5、最大レバレッジ200倍

・X leverage口座(スタンダード口座)・・・MT4、最大レバレッジ500倍

・メタトレーダー5口座・・・MT5、最大レバレッジ200倍

・cトレーダー口座・・・cトレーダー、最大レバレッジ400倍

・バイキング口座・・・Currenex、最大レバレッジ400倍

いずれの取引プラットフォームでも、レバレッジ取引(FX)をするときにはレバレッジ倍率を意識して注文を出す必要はありません。

口座開設時に選択したレバレッジが自動的に適用されます。

そのため、TRADEVIEW(トレードビュー)で注文を出すときにトレーダーが自由に設定できるものは「通貨ペア」と「数量」が基本になります。

これは逆にいえば、トレーダーはレバレッジを細かく調整して注文ができないということでもあります。

もし、異なるレバレッジで注文したいときは、メールかレバレッジ変更フォームからTRADEVIEW(トレードビュー)にレバレッジ変更依頼をかける必要があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)口座のそれぞれに用意されているプラットフォームには得手不得手があります。

たとえば、MT4は長い実績のあるプラットフォームのためカスタム性に長けている一方でMT5にくらべて動作が遅いという特徴があります。

また、cトレーダーはレバレッジ取引(FX)の注文時に必要証拠金や不足証拠金を自動的に計算してくれるなど、直感的な操作がしやすい作りになっています。

そして、バイキング口座は、Currenexと呼ばれる高機能な取り引きプラットフォームが利用できる、機関投資家や大口のトレーダー向けの口座です。

TRADEVIEW(トレードビュー)で普通の裁量レバレッジ取引(FX)を楽しみたいという方は、ICL口座、スタンダード口座、MT5口座のいずれかを利用すれば十分かと思います。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)の手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)の手数料:取引基本手数料 TRADEVIEW(トレードビュー)ではレバレッジ取引(FX)をするために特別な手数料はかかりません。

ただ、レバレッジ取引(FX)であるかどうかに関係なく、ECN口座とバイキング口座では手数料がかかります。

ECN口座とはトレーダーの注文が直接マーケットに出される注文方式で、取引のマッチング状況によってはスプレッドが非常に狭くなるという特徴があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)で利用できるECN口座と手数料は以下のとおりです。

・ILC口座・・・往復5ドル ・MT5口座・・・往復5ドル

・cトレーダー口座・・・往復5ドル

また、TRADEVIEW(トレードビュー)のバイキング口座はECN方式ではないものの、往復6ドルの手数料がかかります。 

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)の手数料:スプレッド

ここまでご紹介してきたようにTRADEVIEW(トレードビュー)のECN口座では手数料がかかりますが、それ以外の口座では手数料無料です。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)に限らず、基本手数料無料の場合には、実際にはスプレッドのなかに事実上の手数料が含まれているものです。

そういった点から、TRADEVIEW(トレードビュー)の各口座のスプレッドも比較しておきましょう。

【TRADEVIEW(トレードビュー)の各口座のUSD/UPYの平均スプレッド】

・ICL口座・・・0.2pips ・X leverage口座(スタンダード口座)・・・1.9pips

・メタトレーダー5口座・・・0.2pips

・cトレーダー口座・・・0.2pips

・バイキング口座・・・0.3pips

TRADEVIEW(トレードビュー)では、取引基本手数料が無料のスタンダード口座のみスプレッドが際立って広いことが分かると思います。

スプレッドは、高い倍率のレバレッジ取引(FX)をすればするほど影響が大きくなっていきます。

このように、単純に手数料だけをみるのではなくスプレッドも比較すると、どういったトレードをするかによって適した口座タイプが異なってくることが明らかになります。

また、スプレッドはTRADEVIEW(トレードビュー)に限らずですが、注文タイミングや経済指標の発表時などで広くなったりと変動するものです。

上記はあくまで参考値としてお考えくださいね。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)の手数料:入出金手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)ではレバレッジ取引(FX)の倍率も口座タイプも関係なく、入出金手数料は一律です。

入金手数料は基本的に無料、出金手数料は銀行送金で35ドルがかかります。

ただ、それぞれの口座ごとに以下のように初回最低入金額があることに注意が必要です。

・ICL口座・・・10万円

・X leverage口座(スタンダード口座)・・・1万円

・メタトレーダー5口座・・・10万円

・cトレーダー口座・・・10万円

・バイキング口座・・・10万円

TRADEVIEW(トレードビュー)では、スタンダード口座以外は初回入金額が10万円と高くなっています。

スタンダード口座はTRADEVIEW(トレードビュー)の口座タイプのなかでも唯一手数料が無料な代わりにスプレッドが広い口座でした。

また、最大500倍までのレバレッジ取引(FX)ができるのもスタンダード口座だけです。

様々な条件から考えても、TRADEVIEW(トレードビュー)で少額の入金で高い倍率のレバレッジ取引(FX)がしたい方は、スタンダード口座の利用がおすすめです。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)でレバレッジ取引(FX)をする際には、注文時に個別にレバレッジの倍率を設定する必要はなく自動的に口座開設時に設定したレバレッジが適用されます。

逆に、個別にレバレッジを変更したいときには、あらためてレバレッジ変更の依頼をTRADEVIEW(トレードビュー)にする必要があります。

また、TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引(FX)自体には手数料はかかりませんが、それ以外の取引基本手数料やスプレッドについては口座タイプによってかかる手数料が変わってきます。

ご自分の運用スタイルによって適切な口座タイプを選びましょう。