にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)はいわゆるFXと呼ばれる金融商品をトレードできるブローカーです。

そしてFXの大きな特徴といえばレバレッジ取引ができること。

しかし、投資未経験の人の中にはレバレッジ取引がどういったものかよく分からないという人もいることでしょう。

また、具体的なTRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引の条件を知りたいという人もいるかもしれません。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引について分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引とは

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引とは、一定の証拠金を担保として実資産以上のトレードをする取引形態です。

たとえば、1万円の証拠金に100倍をかけたレバレッジ取引の場合、手元には1万円しかないにもかかわらず「1万円×100=100万円」分の通貨ペアを売買できます。

当然、レバレッジ取引の結果として得た利益も同じ程度に大きくなります。

そのため高い倍率のレバレッジ取引ができるTRADEVIEW(トレードビュー)では少ない資金でも大きな利益が狙えるのです。

ただ、レバレッジ取引は高いリターンが見込める一方で、大きな損失を出してしまうリスクも避けられません。

通常の株式投資などとは違い、TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンなものと心得ておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引は口座タイプによって倍率が違う

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引は使用する口座タイプによって利用できる最大レバレッジの倍率が異なります。

具体的な口座タイプ別の最大レバレッジは以下のとおり。

・XLeverage口座・・・500倍

・ILC口座・・・200倍

・MT5口座・・・100倍

・cTrader口座・・・400倍

・Currenex口座・・・400倍

TRADEVIEW(トレードビュー)のもっともスタンダードな口座タイプであるXLeverage口座は500倍までのレバレッジ取引が可能です。

とにかく高いレバレッジが使いたい人はこの口座タイプが最適です。

ただ、やや低めの倍率でのレバレッジ取引しかできない他の口座タイプは取引コストが低いというメリットがあります。

また、単に高いレバレッジ倍率だけを求めるのであればTRADEVIEW(トレードビュー)よりも優れた条件のブローカーは多数あります。

さらに言えば、TRADEVIEW(トレードビュー)には他社のような手厚いボーナスもありません。

一方でTRADEVIEW(トレードビュー)の取引コストの低さには眼を見張るものがあります。

どうせTRADEVIEW(トレードビュー)を使うのであれば、取引コストの安さを最大限活用できるILC口座かcTrader口座を使うことをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引は口座残高による規制もある

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引は、口座残高に応じて利用できる最大レバレッジが低下するという制限があります。

レバレッジ取引に制限がかかるのは口座残高1,000万円。

これ以上の残高になると口座タイプにかかわらず100倍までのレバレッジ取引しかできなくなることがあります。

ただ、TRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーでもこのようなレバレッジ制限があることは珍しくありません。

そもそも、大きな利益が狙えるレバレッジ取引でもそれなりの手元資金を用意しなければ1,000万円はそうそう達するものでもありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引に口座残高による制限があったとしても、多くの人にとってはそれほど大きな問題とはならないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引のリスクは?

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな取引形態です。

しかし、実のところリスクについてはそれほどではありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)には、仮に口座残高以上の損失を出してしまったとしてもマイナス分の損失をなしにしてくれるゼロカットシステムがあるからです。

これによりトレーダーは借金のリスクなしに高い倍率でのレバレッジ取引に挑戦できるのです。

ちなみに、国内ブローカーにゼロカットシステムはないため、追証(=追加の証拠金)で借金を作ってしまうリスクは免れません。

国内ブローカーは安全、海外FXは危険というイメージを持っている人も少なくないでしょう。

しかし意外なことに、実際はゼロカットシステムがあるTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXのほうが、借金のリスクという点では安全なのです。

ただし、ゼロカットシステムがあるとしても、レバレッジ取引がハイリスク・ハイリターンな取り引きなことは変わりありません。

無謀なトレードをしていると口座残高が一瞬でゼロになってしまうことも十分にありえるという点は肝に銘じておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引の注意点

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引では証拠金維持率に注意が必要です。

証拠金維持率とはそのポジションを持つのに最低限必要な証拠金と、口座残高+含み損益の割合です。

この証拠金維持率が一定値を下回ると、それ以上含み損を膨らませないためにTRADEVIEW(トレードビュー)側で強制的にポジションを決済してしまいます。

これをロスカットと呼びます。

当然、含み損益が大きくなりがちなレバレッジ取引ではロスカットもされやすくなります。

また、TRADEVIEW(トレードビュー)がロスカットする証拠金維持率(=ロスカットレベル)は100%。

このロスカットレベルは、数あるレバレッジ取引ができる海外FXの中でもかなり厳し目の条件です。

たとえば、他の海外FX業者のロスカットレベルは20%~50%程度。0%というブローカーさえあります。

それに比べるとTRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベル100%は明らかに不利と言わざるを得ません。

海外FXでの高い倍率でのレバレッジ取引に慣れた人でも、TRADEVIEW(トレードビュー)を使う際はいつも以上に証拠金維持率の管理に注意しましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のレバレッジ取引は証拠金を担保として実資産以上のトレードができる取引形態です。

レバレッジ取引は倍率を高めれば高めるほど、獲得できる利益と失う損失があわせて大きくなります。

とはいえ、TRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットシステムがある海外FXブローカーのため最大損失は口座残高までに限定されます。

そのためどれほど失敗しても借金を作ってしまうリスクはありません。

それでも不安な人は、まずは少額の資金を入金してレバレッジ取引を経験してみてはいかがでしょうか。