にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は取引プラットフォームのバリエーションが豊富な海外FXブローカー。

そのなかでもMT4は海外FXで広く採用されている汎用性の高いプラットフォームです。

しかし、MT4はプロのトレーダーも利用するほど高機能なため使い方が難しいというのもまた事実です。

そのため、はじめて海外FXをする人の中には事前にMT4の使い方を知っておきたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方【ダウンロード方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を解説する前に、まずは口座タイプについて紹介しておきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)で利用できる口座タイプは以下の4種類。

・XLeverage口座

・ILC口座

・cTrader口座

・Currenex口座

この中でXLeverage口座とILC口座についてはMT4とMT5のいずれの取引プラットフォームも利用可能です。

MT4を使いたい人はどちらかの口座タイプを使いましょう。

その後、口座開設の申込が完了するとMT4のダウンロードリンクの記載されたメールがTRADEVIEW(トレードビュー)から届きます。

あとはそのリンクをクリックすれば自動的にダウンロードが開始されます。

なお、TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4はPC版だけではなくスマホアプリも存在します。

そちらについてはTRADEVIEW(トレードビュー)のリンクではなくApp StoreまたはGoogle Play Storeから、普通のアプリをインストールするのと同じ手順で入手できます。

もちろん、PC版のMT4とアプリ版のMT4を併用することも可能です。

自宅ではPC版、出先ではアプリ版といった使い方をするとよいでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方【設定方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4はダウンロードしただけではまだ使えません。

MT4上でのトレードを口座へ反映させるためには、あらためてMT4からTRADEVIEW(トレードビュー)の取引サーバーへログインする必要があります。

まずはMT4を起動させて「ファイル」→「取引口座にログイン」と進みましょう。

すると下記のようなフォームが表示されます。

あとはTRADEVIEW(トレードビュー)に口座を開設した際に配布されているログイン情報を入力すればよいだけです。

以降、MT4上のトレード結果が口座へ反映されるようになります。

ちなみに、アプリ版のMT4でも、まずはTRADEVIEW(トレードビュー)にログインするという使い方は同じです。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方【基本構成】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の基本的な画面構成をおさえておきましょう。

MT4は基本的には上記のような4つのウィンドウで構成されています。

(※ カスタムも可能)

それぞれのウィンドウの名称と使い方は以下のとおり。

1.気配値・・・通貨ペアの売値と買値をリアルタイムに一覧で確認する

2.チャート・・・通貨ペアの値動きの推移をグラフィカルに表示する

3.ナビゲーター・・・口座管理やインジケーターの追加などをする

4.ターミナル・・・取引履歴や保有ポジションなど様々な情報を表示する

MT4は非常に高機能なプラットフォームのため詳しい使い方については省略します。

ただ、「気配値」で選択した通貨ペアを「チャート」へ表示させる、「ナビゲーター」でインジケーターを「チャート」へ追加する、この2点さえできれば基本的なトレードで困ることはないでしょう。

なお、MT4はTRADEVIEW(トレードビュー)だけではなく数多くの海外FXブローカーに採用されているプラットフォームです。

そして若干の違いはあれどブローカーごとのMT4の使い方はほぼ同じです。

そのためTRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方に慣れてしまえば、他社のMT4もほぼ同じ感覚で使っていけるようになります。

ぜひともこれを機に慣れてしまいましょう。

なお、アプリ版のMT4は当然ながらPC版とはレイアウトが異なります。

アプリ版のMT4では上記のようにメインメニューで気配値やチャートを切り替えて表示させる仕様となっています。

PC版にくらべると使い方も比較的やさしい印象です。

PC版のMT4が使いづらいと感じる人は、アプリ版のみでトレードするのもよいかもしれません。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方【注文方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4で利用できる注文方法は以下のとおり。

・成行注文

・Buy/Sell Limit

・Buy/Sell Stop

デフォルトでは成行注文が選択されています。

成行注文は、市場の成り行きに任せて発注する注文方法。

あわせて損切りや利確を設定するのでなければ数量を入力すればよいだけです。

対して、LimitとStopは売買価格を指定する注文方法。

上記、「注文種別」を指値注文に切り替えることでこれらの注文方法を選べます。

あとは注文したい通貨ペアや数量、指値価格などを設定して「発注」すれば注文完了です。

成行注文、指値注文いずれの注文方法もそれほど難しくはありませんね。

ちなみに、TRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーのMT4の場合、項目の名称や利用できる注文方法が若干違うことがあります。

基本的な使い方は同じとはいえ、他社のMT4を使う場合にはそういった細かな違いがあることには注意しておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方の注意点

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4では口座管理ができないことに注意しておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4はあくまでトレード専用。

入金や出金といった会員ページのような使い方は不可能です。

もっとも、TRADEVIEW(トレードビュー)の会員ページはスマホのブラウザでもログインできます。

そのため、ブックマークをしてホーム画面に置いておけば、あたかもアプリのような使い方も可能です。

スマホメインでトレードする人はMT4と会員ページのアイコンを並べて配置しておくことをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT4の使い方を分かりやすく解説してきました。

ただ、正直なところMT4は非常に高機能なプラットフォームゆえ、すべての機能の解説にまでは至っていないところです。

TRADEVIEW(トレードビュー)はそれほど面倒な手続きもなく誰でも無料で口座を開設できます。

より詳しく使い方を知りたい人は、口座を開設して実際にMT4を触ってみてはいかがでしょうか。