にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は多彩な取引プラットフォームの選択肢がある海外のFXブローカーです。

そのなかでもMT5は最新のプラットフォームのひとつです。

ただ、海外FX初心者の人の中にはMT5の使い方を事前に知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。

あるいはMT4とMT5の違いを把握しておきたいという人もいるかもしれません。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方を分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方【ダウンロード方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5は複数ある取引プラットフォームのうちのひとつです。

TRADEVIEW(トレードビュー)で利用できるプラットフォームは以下のとおり。

・MT4

・MT5

・cTrader

・Currenex

当然、それぞれ使い方も異なってきます。

なお、TRADEVIEW(トレードビュー)の口座タイプでMT5が使えるのはXLeverage口座とILC口座の2種類。 それ以外の口座タイプではMT5は使えないので注意しましょう。

対応する口座タイプでTRADEVIEW(トレードビュー)に口座を開設すると、MT5のダウンロードリンクがメールで送られてきます。

あとはそこからPCにダウンロードすればMT5が入手できます。

ちなみに、TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5はPC版だけではなくスマホアプリも存在します。

ただ、スマホアプリ版のMT5はTRADEVIEW(トレードビュー)からは入手できません。

App StoreまたはGoogle Play Storeで「MT5」と検索してダウンロードしましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方【設定方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5はただダウンロードしただけの段階では使えません。

あらためてMT5経由でTRADEVIEW(トレードビュー)の取引サーバーにログインすることで、ようやくトレードの結果が口座へ反映されるようになります。

MT5からのログイン方法は簡単です。

PC版ならばそのまま「取引サーバーにログイン」のメニューから、スマホアプリ版は「設定」からログインすることができます。

その際に必要な情報は「口座番号」「パスワード」「サーバー」の3種類。

いずれもTRADEVIEW(トレードビュー)に口座を開設した時点でメールで受け取っているはずです。

それらを入力すれば、以後MT5でのトレードが口座へ反映されるようになります。

ここまでの使い方はPC版とスマホアプリ版でほとんど差はありません。

どちらのMT5を使うにしろ取引サーバーへのログインは必須です。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方【画面の見方】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方はお世辞にも簡単とは言えません。

MT5はプロのトレーダーも愛用するほど高機能なため、余さず使い方を解説するのは難しいというのが正直なところです。

そこでここでは使い方の概要を紹介しておきます。

MT5の基本構成は上記画像のとおり。

それぞれ以下のような使い方をしていきます。

A.気配値・・・現在の通貨ペアの売値と買値を確認する

B.チャート・・・通貨ペアの値動きを視覚的に確認する

C.ナビゲータ・・・インジケーターの追加や口座管理などをする

D.ツールボックス・・・取引履歴や保有ポジションなどを確認する

ここで、上記MT5の画像がTRADEVIEW(トレードビュー)のものではないことにお気づきの方もいるのではないでしょうか。

実はMT5はTRADEVIEW(トレードビュー)専用ではなくサードパーティ製の製品です。 そのため他社で採用していることも珍しくないのです。

したがって、TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方に慣れてしまえば、同じくMT5を採用しているブローカーであらたにトレードを始めることも容易です。

こういった汎用性の高さもまたMT5のメリットのひとつといってよいでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方【注文方法】

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の注文ウィンドウは以下のようになっています。

(※ こちらは他社ではなくTRADEVIEWのものです)

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5では、デフォルトでは「タイプ」の項目がカウントダウン注文になっています。

カウントダウン注文とは要するに成行注文です。 売買価格を指定できない代わりに即座に約定できるという特徴があります。

売買価格を指定したい場合はタイプで指値注文を選びます。

タイプの下にもうひとつ「タイプ」の項目が表れて、さらに細かく注文方法を選べます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の指値注文で選択できる注文方法は以下のとおり。

・Buy/sell Limit・・・指値注文

・Buy/Sell Stop・・・逆指値注文

・Buy/Sell Stop Limit・・・ストップリミット注文

指値注文は売買価格を指定する注文方法。

逆指値注文は不利な価格を指定する指値注文の一種です。

ストップリミット注文は、あらかじめ指定したストップ価格になると、あわせて設定していた指値注文が有効になる注文方法です。

ややテクニカルな使い方をする必要があるので海外FX初心者の人は無理に使う必要はないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方のMT4との違い

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5とMT4の使い方に大きな違いはありません。

多少の違いこそありますが、どちらを選んでも同じようにトレード可能です。

ただ、MT4にはストップリミット注文がありません。

一方で、MT5ではMT4で使えたカスタムインジケーターや自動売買(EA)が使えないこともあります。

したがって、MT5とMT4のどちらの口座タイプを選ぶべきかはTRADEVIEW(トレードビュー)で自分がトレードする手法次第ということになります。

一概には言えないところもありますが、基本的には自動売買(EA)メインの使い方をするつもりならばMT5、そうでなければMT4がおすすです。

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のMT5の使い方を分かりやすく解説してきました。

ただ、MT5は非常に高機能なため、残高ながら十分に詳しく解説できたとは言えません。

TRADEVIEW(トレードビュー)はそれほど面倒な手続きなしに誰でも無料で口座が開設できます。

できれば口座を作って実際にMT5の使い方を試してみることをおすすめします。