にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率ってどのようなものなの?

TRADEVIEW(トレードビュー)における追証の有無や、ロスカット水準である証拠金維持率はどのくらいなのかを把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TRADEVIEW(トレードビュー)は豊富な口座タイプと、MT4やMT5に加えてcTraderやCurrenexなど4種類の取引プラットフォームから選択してトレードできる海外FXブローカーです。

ここでは取引の基本スペックとして、TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット、証拠金維持率について解説していきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)は追証なしの海外FXブローカー

国内FXでのトレード経験者は、保有中のポジションがロスカットに近づいた場合に、追証を求められるという経験をした方も少なくないはずです。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーでは、追証制度がありません。

追証とは、追加証拠金の略語をさしており、その名の通り追加で支払う証拠金を示しています。

日本国内ではFXブローカーを運用するときに、法律でポジションが一定の証拠金維持率を下回ると、追証の支払が求められます。

一方、海外FXブローカーのTRADEVIEW(トレードビュー)は、日本の金融庁へのライセンス登録は行わないため、日本の法律に基づいた運用を行う必要はありません。

よって追証の導入も必要ではなく、TRADEVIEW(トレードビュー)では追証というルールが導入されていないのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)では、一定の証拠金維持率を下回ると追証を求められることなく、即ロスカットが執行されます。

ロスカットが執行されると、保有しているポジションが強制決済されて、損失額が確定するのです。

追証は、ポジションを決済するタイミングをトレーダーが図ることができるため、一見必要な制度に見えるでしょう。

しかし追証が求められるほど、ポジションで多くの含み損が発生している場合、レートが有利な方向に進む可能性は低く、損失をこうむる可能性が高くなります。

TRADEVIEW(トレードビュー)で追証なしのロスカットが採用されるということは、ポジション保有を感情まかせにする必要がなくなるため、損失リスクの安全性を向上させることにつながると言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準は証拠金維持率100%

TRADEVIEW(トレードビュー)は海外を営業拠点としたFXブローカーですので、国内FXブローカーのように追証制度は導入されていません。

一方TRADEVIEW(トレードビュー)では一定の証拠金維持率を下回った場合に、ユーザーが追証を選択することなく、即ロスカットが執行されます。

ロスカットの執行は、証拠金維持率が一定を下回ることで自動的に執行されるため、ユーザーが選択する必要はありません。

またロスカットの執行水準は、証拠金維持率100%を下回った場合に強制決済されるルールになっています。

ではTRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準を把握するために、他社と比較してみましょう。

大手海外FXブローカーのロスカット水準一覧

  • XM:証拠金維持率20%以下
  • FBS:証拠金維持率20%以下
  • Axiory(アキシオリー):証拠金維持率20%以下
  • TitanFX(タイタンFX):証拠金維持率20%以下
  • iForex(アイフォレックス):証拠金維持率0%以下
  • Gemforex(ゲムフォレックス):証拠金維持率20%以下

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準は証拠金維持率100%であるのに対して、その他の海外FXブローカーのほとんどは証拠金維持率20%です。

他社ブローカーと比較すると、TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準は80%から100%も証拠金維持率が高い設定になっています。

証拠金維持率が高いということは、他社のロスカット水準が低いFXブローカーと比較して、ロスカットされやすい業者になるということです。

よって他の海外FXブローカーのロスカット水準に慣れてトレードしている方は、証拠金維持率にゆとりを持つために、資金を多めに入金してロスカットされにくいトレードを意識することが大切と言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準「証拠金維持率100%」はいくらで執行されるのか

ではTRADEVIEW(トレードビュー)のロスカット水準である、証拠金維持率100%とは、いったいいくらを示しており、どのくらいでロスカット執行になるのでしょうか。

証拠金維持率の求め方ですが、証拠金維持率は「証拠金維持率=有用証拠金÷必要証拠金×100」の公式にもとづいた計算方法にて算出します。

  • 有用証拠金とは:口座残高+ポジションの含み損益
  • 必要証拠金とは:ポジションサイズ÷レバレッジ

たとえば、TRADEVIEW(トレードビュー)でレバレッジ1万円の必要証拠金で100倍のレバレッジをかけると、100万円分の取引ができるようになります。

そして有用証拠金が10万円だった場合の計算方法は「10万円÷1万円×100=1,000%」になります。

必要証拠金の1万円の100%はやはり1万円ですので、証拠金維持率が1万円を下回ればすぐにロスカットが執行され、有用証拠金の10万円が減少していきます。

このように証拠金維持率100%とは、必要証拠金のマイナスが許されない厳しいトレード条件となるのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット、証拠金維持率について解説しました。

追証なし、ロスカット水準は証拠金維持率100%と高水準を示していることが、TRADEVIEW(トレードビュー)の特徴でしょう。

追証とロスカット・証拠金維持率は、レバレッジ取引の基本的な知識としてリスク管理に必要ですのできちんと理解しておきましょう。