にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【5位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

まだまだ知名度が低いものの、TRADEVIEW(トレードビュー)は急速に人気を集めている海外のFXブローカーです。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)を使うためには、追証・ロスカット・証拠金維持率の考え方が必要不可欠です。

しかし、FX初心者の人の中には追証やロスカット、証拠金維持率という言葉をはじめて聞くという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)の追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率の概要

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証・ロスカット・証拠金維持率を詳しく解説していく前に、まずは概要を紹介しておきます。

・追証・・・追加の証拠金

・ロスカット・・・ポジションの強制的な決済

・証拠金維持率・・・必要証拠金に対する有効証拠金の割合

国内ブローカーの場合、証拠金維持率が一定値を下回ってからさらに一定期間以上が経過するとロスカットされます。

それを回避するために証拠金維持率の回復を目的に追加で入金する証拠金が追証です。

追証は国内ブローカーではマージンコールとも呼びますね。

ちなみに、TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXにかかわる情報では、文脈上、追証を「追加の証拠金」ではなく「借金」といった意味合いで使うこともあります。

国内海外問わずFXブローカーを使うつもりの人はこういった用語の違いには注意しておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は追証なしでロスカット

TRADEVIEW(トレードビュー)は追証なしでロスカットされる仕様となっています。

国内ブローカーの場合、証拠金維持率が一定値以下になってしまっても、期限内に追証を入金すればロスカットが回避できます。

対して、TRADEVIEW(トレードビュー)の場合、証拠金維持率がロスカットレベルを下回ると、追証を入金する猶予なく即時ロスカットされてしまうのです。

もっとも、証拠金維持率がロスカットレベルに達する前に自主的に追加の証拠金(=追証)を入金することが妨げられるわけではありません。

証拠金維持率に注意しておけば国内ブローカーのようにTRADEVIEW(トレードビュー)を使うこともできなくはないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)が追証なしでロスカットであることのメリット・デメリット

TRADEVIEW(トレードビュー)に追証がないことのデメリットは、やはりロスカットされやすいということです。

自主的な追証の入金が可能とはいえ、やはり猶予はあるに越したことはありません。

ただ一方で、TRADEVIEW(トレードビュー)に追証がないことによる多大なメリットもあります。

それは借金を作ってしまうリスクがないことです。

通常、追証とは証拠金維持率を回復してロスカットを回避するための追加の証拠金を意味します。

ただ実は、ロスカット後に不足することとなった証拠金もまた追証の一種です。

国内ブローカーの場合、ロスカットの結果として口座残高でまかなえないほどの損失が出ると、その不足分は追証として口座へ入金しなければなりません。

これは事実上ブローカーに対する借金です。

対して、追証のないTRADEVIEW(トレードビュー)の場合、万が一にも口座残高以上の損失が出たとしても、そのマイナス分はなしにしてくれるのです。

こういったシステムはTRADEVIEW(トレードビュー)以外の海外FX業者にも採用されており、一般的にゼロカットシステムと呼ばれています。

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベルは証拠金維持率100%

TRADEVIEW(トレードビュー)でロスカットが発生する証拠金維持率は100%です。

この水準は海外FXの中ではかなり厳しいものです。

一般的な他の海外FX業者のロスカットレベルは証拠金維持率20%程度。 なかには0%というブローカーも存在します。

また、国内ブローカーの証拠金維持率は50%~100%程度。

国内ブローカーと比較してもTRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベルは厳しいと言わざるを得ません。

TRADEVIEW(トレードビュー)は追証がない、取引コストが安い、多彩な取引プラットフォームの選択肢があるなど、他社にないメリットが数多くあります。

一方でロスカットレベルに関しては他社に一歩劣るという点は否めないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率の計算例

TRADEVIEW(トレードビュー)で証拠金維持率が減少してロスカットされるまでを具体的に見てみましょう。

まず、証拠金維持率の計算方法です。

・証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

・有効証拠金・・・口座残高+ポジションの含み損益

・必要証拠金・・・ポジションサイズ÷レバレッジ

必要証拠金はTRADEVIEW(トレードビュー)で使うレバレッジに応じて決まります。

たとえば、レバレッジ100倍で100万円分のポジションを持つとすると必要証拠金は「100万÷100倍=1万円」です。

有効証拠金はTRADEVIEW(トレードビュー)の口座残高とポジションの含み損益の合計。

仮に口座残高10万円で上記のポジションを持ったとします。

すると証拠金維持率は以下のように求められます。

・10万円÷1万円×100=1,000%

以降、含み損に応じて有効証拠金10万円も減少していきます。

最終的に有効証拠金が必要証拠金1万円を下回ると証拠金維持率が100%を切り、追証の猶予なくロスカットされることになります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベルがやや厳し目なのは先に解説したとおりです。

そのため、他の海外FX業者のように使っていると一瞬にしてロスカットされてしまうことも珍しくありません。

また、国内ブローカーとは違い追証がないため資金の追加をする隙もありません。

意図せぬタイミングでロスカットされぬよう、TRADEVIEW(トレードビュー)を使う際は証拠金維持率に余裕を持たせるようにしましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)は証拠金維持率100%以下で追証なくロスカットされてしまいます。

これは他の海外FX業者や国内ブローカーとくらべてもやや厳し目の条件です。

TRADEVIEW(トレードビュー)にはゼロカットシステムがあるため追証で借金を作る心配はありません。

しかし、とはいえロスカットは基本的には避けるべき事態です。

TRADEVIEW(トレードビュー)を使う際は証拠金維持率に余裕を持って、できるだけロスカットされないように備えておきましょう。