にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は昨今、ユーザー数を急増させている新進気鋭の海外FXブローカー。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)で両建てをしたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、そもそもTRADEVIEW(トレードビュー)は両建てを禁止していないのでしょうか。

また、両建てに際してなんらかの制限などはないのでしょうか。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)の両建てについて分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てを分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てとは

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てとは同一通貨ペアに対して売り(ショート)と買い(ロング)のポジションを同時に建てる手法です。

このようにしておけばマーケットがどう変動しても双方のポジションで損益が相殺されます。

ここで「相殺が相殺されるのでは意味がないのでは」と思う人もいるかもしれません。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)で両建てする狙いは利益獲得ではありません。

あらかじめポジションを建てておくことで相場の動きに柔軟かついち早く対応できることが両建ての大きなメリットです。

TRADEVIEW(トレードビュー)は両建てを禁止していない

TRADEVIEW(トレードビュー)は両建てを禁止していません。

それもあらゆる取引制限なしにです。

TRADEVIEW(トレードビュー)以外の海外FX業者でも両建てを禁止していないところは珍しくありません。

しかし、その大半は「単一口座内」の両建てのみ可能としています。

これは裏を返せば「複数口座(アカウント)」の両建ては禁止ということです。

そして「複数口座(アカウント)」には単一ブローカーのみならず他社の口座も含まれています。

対して、TRADEVIEW(トレードビュー)ではそのような両建ても禁止されていません。

TRADEVIEW(トレードビュー)ならば様々なかたちでの両建てが可能なのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建ての注意点

TRADEVIEW(トレードビュー)ではあらゆる制限なく自由な両建てが可能です。

しかし、それはTRADEVIEW(トレードビュー)の規約にかぎった話しです。

別のブローカーの多くでは複数口座(アカウント)の両建ては禁止です。

したがって、異業社間で両建てをしている場合、TRADEVIEW(トレードビュー)で問題なくとも相手方のブローカーの規約に反してしまう場合があるのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)で異業社間の両建てを行う場合は、相手方のブローカーの利用規約にも注意しておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建ては証拠金にも注意

TRADEVIEW(トレードビュー)で両建てをするときは証拠金維持率にも注意が必要です。

TRADEVIEW(トレードビュー)でポジションを維持するために最低限必要な証拠金維持率は100%。 この証拠金維持率を下回ると強制的なポジション決済、つまりロスカットが発生します。

そして当然ながら、両建て時にはそれぞれのポジションに対して十分な証拠金を維持しなければロスカットを回避できません。

そのため、TRADEVIEW(トレードビュー)では十分な資金力がないと両建てを活用することが難しくなってしまうのです。

ちなみに、他の海外FX業者の証拠金維持率(ロスカットレベル)は0~20%程度です。

この水準にくらべるとTRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベルはやや厳し目の条件です。

TRADEVIEW(トレードビュー)は取引コストやスプレッド、両建ての制限がないなど優れたポイントが多数あることは事実です。

ただ一方で、ロスカットレベルに関しては他社に遅れをとっていると言わざるを得ないでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建ての使いどころ

TRADEVIEW(トレードビュー)で両建てが真価を発揮するのは相場が荒れると予想されるタイミングです。

相場が乱高下して注文が殺到する状況下では注文が狙ったとおりに約定しない場合があります。

しかし、あらかじめ両建てをしておけばそのような事態は回避できます。

ただし、TRADEVIEW(トレードビュー)のようなFXには、ポジションを保有し続けるかぎり発生するスワップポイントがあります。

通常、スワップポイントは支払うだけではなくもらえることもあります。

しかし、両建ての場合はほとんどの通貨ペアでスワップポイントはマイナス(支払い)になってしまいます。

つまり、両建ては長期保有には不向きということです。

基本的にTRADEVIEW(トレードビュー)での両建ては短期間、リスクヘッジのために使うものと考えておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てに制限はないが過信は禁物

先に触れたとおりTRADEVIEW(トレードビュー)の両建てに制限はありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)ならば複数口座(アカウント)の両建ても異業社間の両建ても自由です。

しかし、他社がこのような両建てを禁止している理由を考えると、常に必ず利用規約違反にならないとはかぎりません。

他社が複数口座(アカウント)の両建てを禁止しているのは、口座残高のマイナス損失をなしにしてくれるゼロカットシステムを採用しているからです。

仮に複数口座(アカウント)の両建てができたとします。

すると、片方の口座の利益はトレーダーが獲得する一方で、もう片方の損失はゼロカットにより口座残高までに限定されることになります。

これは明らかにリスクとリターンのバランスを欠いています。

これがTRADEVIEW(トレードビュー)以外の海外FXブローカーが複数口座(アカウント)の両建てを禁止する理由です。

そして、TRADEVIEW(トレードビュー)もまたゼロカットシステムを採用しています。

したがって、利用規約で禁止していないとはいえ、あまりに悪質なゼロカットの濫用とみなされた場合にはなんらかのペナルティもありえると考えられるのです。

実際にTRADEVIEW(トレードビュー)に複数口座(アカウント)の両建てを理由にペナルティを受けたというケースはまだありません。

しかし、ゼロカットを前提としたあまりにも大胆な両建ては控えておいたほうが無難でしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の両建てを分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)では自由に両建てができます。

複数口座(アカウント)間の両建ても異業社間の両建ても禁止されていません。

ただし、多くの海外FX業者は異業社間の両建てを禁止しています。

TRADEVIEW(トレードビュー)で異業社間の両建てをするときは相手方のほうで利用規約違反とならないように注意しておきましょう。