にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のスキャルピングを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

日本のブローカーでは実現不可能なハイレバレッジトレードが魅力の海外FXブローカー。

そんな海外ブローカーの中でも近年日本人トレーダーの登録者数も増えているのが、TRADEVIEW(トレードビュー)です。

そしてTRADEVIEW(トレードビュー)に興味を持っているという人の中には、TRADEVIEW(トレードビュー)でスキャルピングトレードをしたいと考えている人もいますよね。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)のスキャルピングについて分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスキャルピングを分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)はスキャルピングOKの海外FXブローカー

数百倍というハイレバレッジをかけたトレードができる海外FXブローカーのTRADEVIEW(トレードビュー)。

そんなTRADEVIEW(トレードビュー)でこれからスキャルピングトレードをしてみたいという人もいるでしょう。

しかし海外FXブローカーの中には、スキャルピングトレード自体を利用規約などで禁止しているところも少なくありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトや利用規約にてスキャルピングが禁止されているかどうかを調べてみましたが、特にスキャルピングを禁止するような記述はないようです。

よってTRADEVIEW(トレードビュー)では、自由にスキャルピングを行うことができるといえるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)はスキャルピング向きの海外FXブローカー

海外ブローカーの中にはスキャルピング自体を禁止していない場合でも、スキャルピングトレードには向いていないブローカーも存在します。

特に約定率が低く、新規注文や決済注文が通りにくいブローカーは短期間で売り買いを繰り返すスキャルピングトレードには不向きだといえるでしょう。

また同じタイミングで同通貨での売値と買値の差額となるスプレッドが広すぎるブローカーもわずかな利幅を狙っていくスキャルピングには不向きとなっています。

そのためTRADEVIEW(トレードビュー)もスキャルピング自体は禁止ではありませんが、条件が揃っていないようでは実際にスキャルピングトレードをすることはできませんよね。

そこでTRADEVIEW(トレードビュー)の約定率や手数料などの面からも、TRADEVIEW(トレードビュー)がスキャルピング向きのブローカーなのかどうかを探ってみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)の約定率は他社に比べて高め

まずTRADEVIEW(トレードビュー)の注文の通りやすさに直結する約定率ですが、TRADEVIEW(トレードビュー)は約定率の高いブローカーだといえるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)はユーザーとの取引を行うメインサーバーにLD4というロンドンのデータセンターにて管理しています。

このTRADEVIEW(トレードビュー)が使っているLD4というメインサーバーは、世界中の金融機関が利用しているサーバーでありかなり高性能な回線だという高評価を得ているようです。

よってTRADEVIEW(トレードビュー)も高品質な回線の使用により、安定的に高い約定率が保てているブローカーであるといえるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスプレッドは狭めだが取引手数料に注意

TRADEVIEW(トレードビュー)では口座タイプが全部で5つ用意されており、中でもスキャルピング向きといわれているのが、ECN方式の採用された口座タイプです。

TRADEVIEW(トレードビュー)のECN方式が採用された口座タイプには、以下の3つがあります。

  • ILC口座
  • cTrader口座
  • Curennex口座

上記の口座タイプはいずれもECN方式の口座タイプとなっていますので、より透明性の高いトレードが可能であり、スプレッドも低めの設定です。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスプレッドはどの口座タイプも変動方式が採用されているため、タイミングによって同じ通貨ペアでもスプレッドが広がったり狭まったりしています。

そのためスプレッドの広さは一概にはいえないというのが前提にはなりますが、平均スプレッドを参照してみましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のECN口座の平均スプレッド

  • USD/JPY...0.1pips
  • EUR/JPY...0.4pips
  • GBP/JPY...0.5pips
  • EUR/USD...0.2pips
  • GBP/USD...0.5pips
  • AUD/JPY...0.5pips
  • AUD/USD...0.2pips

このようにスプレッドだけをみると、TRADEVIEW(トレードビュー)はスプレッドがかなり狭いブローカーだといえるでしょう。

スプレッドが狭いということは、1回のトレードにコストがかかりにくいので獲得できる利益がスプレッドの広い業者に比べて多くなります。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)のスプレッドだけをみてスキャルピング向きのブローカーだとは断定できません。

それはTRADEVIEW(トレードビュー)には、売値と買値の差額であるスプレッド以外に取引手数料が発生するためです。

TRADEVIEW(トレードビュー)は、手数料無料の口座タイプも存在しますが、ここで紹介したスプレッドの狭いECN方式の口座には別途で以下のような取引手数料がかかります

  • ILC口座 (MT4・MT5)...往復10ドル/1LOTあたり
  • cTrader口座(cTrader)...往復10ドル/1LOTあたり
  • Currenex口座(Currenex)...往復12ドル/1LOTあたり

トレードにおいての収益はpips計算になるため取引する通貨や取引量、レバレッジによっても計算方法は異なります。

しかしスキャルピングでは、短期間にわずかな利幅を狙ったトレードを行うため、1回に取得できる利幅が20pips以下ということもよくあるものです。

そして取引量によっては、1回の利益額が2000円以下になることもありますので、取引手数料でおよそ1000円が差し引かれ、さらにスプレッド分が差し引かれれば利益がマイナスになってしまう可能性もあるでしょう。

このようなことからTRADEVIEW(トレードビュー)でのスキャルピングは、取引手数料に注意しながらトレードを行う必要があります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)のスキャルピングについて分かりやすく解説してきました。

TRADEVIEW(トレードビュー)はスキャルピングを認めているブローカーであり、取引条件も比較的スキャルピング向きのブローカーだといえます。

ただしスプレッドの狭い口座タイプは別途で取引手数料が発生しますので、コスト負けしないように取引回数を制限しながらスキャルピングを行うことも大切です。