にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法にはどのようなものがあるの?

各出金方法における出金手数料と出金時間を把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法は、資金と利益を出金するために必要な基本操作のひとつです。

ここではTRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法・出金手数料・出金時間について詳しくみていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法は他社と比較して種類が多く、大きくわけて以下の3種類に区分されます。

  • 銀行送金(海外送金)
  • クレジットカード
  • Eウォレット

ただしTRADEVIEW(トレードビュー)では入金と同じ方法で出金しなければいけないというルールがあるため、自由に選べるわけではありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法 銀行送金(海外送金)

TRADEVIEW(トレードビュー)の銀行送金による出金方法は、海外送金を利用することになります。

銀行送金(海外送金)は国内送金とは異なり、出金手数料と出金時間がかかってしまうことがデメリットです。

海外送金は、海外銀行から国内銀行に送金するため、SWIFTコードが必要になります。

SWFTコードとは、国際標準化機構が規定する、世界の金融機関の識別コードのことです。

日本の各金融機関にも、それぞれSWIFTコードがありますので、出金手続きを行う前に調べておくと手続きがスムーズになるでしょう。

一方、国内送金は、TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法で利用できません。

入金方法を海外送金をした方だけでなく、国内銀行送金を利用した方も、海外送金による銀行送金を利用することになるでしょう。

またクレジットカードで入金した金額で獲得した利益の出金方法でも、銀行送金(海外送金)を利用することになります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法 クレジットカード

クレジットカードによる出金方法は、出金ルールがあり、入金したカードと同じ金額を「返金する」という処理を行います。

すなわちTRADEVIEW(トレードビュー)ではクレジットカード入金した資金でトレードし、利益を獲得してもカードによる出金はできません。

すなわちTRADEVIEW(トレードビュー)における利益の出金方法では、基本的には銀行送金(海外送金)をする必要があるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法 Eウォレット

TRADEVIEW(トレードビュー)のEウオレットによる出金方法の種類として、日本人ユーザーに利用されているものは以下の通りです。

  • bitwallet
  • STICPAY
  • Uphold
  • bitpay

出金手数料・出金時間の観点からもTRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法としてもっともおすすめと言えるでしょう。

Eウオレットの出金方法は、資金と利益が出金できますが、利用条件としてEウオレットの入金履歴が必要です。

たとえばbitwalletで入金した資金と利益は、bitwalletで出金できます。

またクレジットカードとbitwalletを入金した場合は、先にクレジットカードに入金額を出金したのち、残額をbitwalletまたは海外送金で出金できます。

一方、クレジットカード入金のみの場合は、入金額をカードに、残額を海外送金で行う必要があるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法の手順

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法の基本的な手順は以下の通りです。

  • 手順1.TRADEVIEW(トレードビュー)のマイページにログイン
  • 手順2.「入出金」タブから入出金ページにアクセス
  • 手順3.画面下の「口座間資金移動や出金はこちらから可能です」を選択し「ご出金」から出金フォームにアクセス
  • 手順4.出金フォームの「トレード口座」「メール」「Phone」を確認
  • 手順5.各出金方法の出金フォームを記入し「送信する」で完了

流れに沿って進めることで、迷うことなくTRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法を完了できるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金手数料は、以下の通りです。

  • 銀行送金(海外送金):35ドル相当額。さらに受取銀行で3000~4000円相当額が上乗せされる
  • クレジットカード:無料
  • Eウォレット:基本的に無料。ただしサービス側の受取手数料が発生する

海外送金の出金手数料は3500円相当額ですが、中継手数料として受取銀行側で最低3000円相当額が上乗せされます。

中継銀行が増えるほど、手数料の負担は倍増していきますのでご注意ください。

EウオレットはTRADEVIEW(トレードビュー)に支払う出金手数料はありませんが、各サービスに応じた受取手数料が発生すると心得ておきましょう。

出金手数料を考慮すると、TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法としてEウオレットを利用するためにも、入金もEウオレットで行うことをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金時間

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金時間は、出金方法に応じて異なります。

  • 銀行送金(海外送金):数日〜1週間ほど
  • クレジットカード:およそ2週間〜1ヶ月ほど
  • Eウォレット:半日〜1日ほど

出金時間でもっともおすすめの出金方法は、基本的に1日程度で反映するEウオレットでしょう。

銀行送金(海外送金)の出金時間は、1週間程度を目安に考えておくことをおすすめします。

クレジットカードの出金時間は、TRADEVIEW(トレードビュー)で手続きするタイミングや、カード会社の決済手続き等により大幅に変動します。

出金方法では即時とはいかないため、TRADEVIEW(トレードビュー)の入金でクレジットカードをご利用になる場合は、出金時間の反映に時間がかかってしまうことを心得ておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法・出金手数料・出金時間を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法は、大きくわけて銀行送金(海外送金)・クレジットカード・Eウオレットの3種類です。

出金手数料は、クレジットカードがもっとも低コストですが、利益の出金に対応していないだけでなく、出金時間も大幅にかかります。

銀行送金(海外送金)は、資金と利益を出金できるものの、出金手数料の負担が大きく、出金時間もスピーディとは言えないでしょう。

そのようなことからTRADEVIEW(トレードビュー)の出金方法としておすすめしたいのはEウオレットの中でも出金手数料が安く、出金時間もスピーディなbitwalletだと言えるでしょう。