にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)では出金拒否(出金トラブル)や出金できないという事例はあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXブローカーでは悪質な出金拒否の噂があることから、TRADEVIEW(トレードビュー)の出金トラブルや出金できない可能性について気になる方も多いでしょう。

ここではTRADEVIEW(トレードビュー)では出金拒否(出金トラブル)や出金できないケースがあるのかについてみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否(出金トラブル)や出金できないことはあるの?

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否(出金トラブル)や出金できない事例について口コミを確認してみましたが、特にありませんでした。

口コミを確認したところ、数ある海外FXブローカーの中でも、TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否(出金トラブル)がないと評判で、出金できないという事実もありません。

このようなことからTRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否などの出金トラブルがなく、資金の安全性が高いFXブローカーと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否(出金トラブル)や出金できないのではなく単に出金が遅いだけ

出金拒否がないTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、出金できない、着金しないという出金トラブルに関する口コミが確認できます。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)で出金できないという口コミの多くは、ただ出金に時間がかかっているだけというものでした。

実際、他社ブローカーとTRADEVIEW(トレードビュー)の出金時間に関する口コミを比較すると、大幅に時間がかかっていることが確認できます。

出金時間がかかってしまう原因のひとつとして、TRADEVIEW(トレードビュー)の徹底した資金管理があげられるでしょう。

不正出金が疑われるとTRADEVIEW(トレードビュー)では本人確認を行います。

入出金方法のひとつとしてTRADEVIEW(トレードビュー)では海外送金を利用できますが、銀行側から本人確認を求められることがあるため時間がかかってしまい、出金できないと勘違いされてしまうのです。

もちろんTRADEVIEW(トレードビュー)では出金拒否も出金できないという出金トラブルはないと考えてよいでしょう。

もし何日待ってもTRADEVIEW(トレードビュー)から出金できないという場合は、サポートデスクへ問い合わせてみることをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否(出金トラブル)はなし。出金できない原因は入金方法と同じではないこと

悪質な出金拒否(出金トラブル)はありませんが、TRADEVIEW(トレードビュー)から出金できない原因として、入金方法とは異なるルートで出金手続きをすることがあげられます。

TRADEVIEW(トレードビュー)では入金方法と、同じルートで出金しなければいけません。

複数の入金方法を利用した場合は、クレジットカードの出金が最優先されることを覚えておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否(出金トラブル)がなく信頼性が高い海外FXブローカー。その理由は?

TRADEVIEW(トレードビュー)では悪質な出金拒否(出金トラブル)はなく、信頼性の高いFXブローカーですが、その理由についてみていきましょう。

海外FXブローカーによる出金拒否(出金トラブル)の原因は不正トレードであり、規約違反のペナルティとして出金できなくなります。

一方、他社で不正トレードとして制限されている、超短期のスキャルピングや複数口座による両建てトレードを、TRADEVIEW(トレードビュー)では禁止していません。

すなわちTRADEVIEW(トレードビュー)では不正トレードとして制限される取引が存在しないため、ペナルティである出金拒否(出金トラブル)もないこということです。

もうひとつTRADEVIEW(トレードビュー)に出金拒否(出金トラブル)がなく信頼性が高い理由は、以下のことがあげられます。

  • 世界中でも厳格なケイマン諸島の金融ライセンス「CIMA(Cayman Islands Monetary Authority)」を取得している
  • 2004年に運営をスタートさせた老舗FXブローカー

金融ライセンスを取得するためには、資金管理や補てんなどが一定水準をクリアすることが必要です。

TRADEVIEW(トレードビュー)では世界でも厳格と言われているFCSライセンスと同じイギリスのCIMAライセンスを保有しているため、信頼性が高いFXブローカーと言えるでしょう。

15年を超える運営実績はそれだけで信頼性が高いと言えます。

悪質な出金拒否(出金トラブル)を行うFXブローカーは評判が悪いため、15年以上も運営を続けることができません。

また出金拒否が発覚すると金融ライセンスはく奪のペナルティがありますが、厳格なライセンスを保有するTRADEVIEW(トレードビュー)は信頼性が高いFXブローカーと言えるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金拒否(出金トラブル)や出金できない事例について解説しました。

まずTRADEVIEW(トレードビュー)は悪質な出金拒否(出金トラブル)はなく、信頼性も高いFXブローカーと言えるでしょう。

ただし出金できないケースとして、入金ルートと同じ方法で出金する必要があることを覚えておきましょう。

またTRADEVIEW(トレードビュー)は出金時間がかかるケースもあるため、出金できないのではなく、時間がかかっているだけということにもご注意ください。