にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)に出金拒否や出金できないある?ない?

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は非常に狭いスプレッドとハイレバレッジが魅力の海外FXブローカーです。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーは、出金拒否や出金トラブルがあるという噂も絶えません。

では、実際にTRADEVIEW(トレードビュー)が出金拒否をするようなことはあるのでしょうか。

今回はTRADEVIEW(トレードビュー)に出金拒否や出金できないトラブルがあるのかどうか、みていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)に出金拒否や出金できないある?ない?

TRADEVIEW(トレードビュー)で出金できない・出金拒否にあったという声はほとんどない

出金という点でいえば、TRADEVIEW(トレードビュー)は大変評判の良いブローカーです。

手続きもスムーズで出金時間も早く、当然、出金拒否にあったという声もほとんどありません。

むしろ、他の海外FXブローカーで出金拒否になったときの対策として、TRADEVIEW(トレードビュー)にも口座を作っておくという方がいるくらいです。

TRADEVIEW(トレードビュー)で儲けすぎると出金拒否・出金できない?

海外FXブローカーではトレーダーが儲けすぎるとブローカー側で出金拒否するという噂がまことしやかに流れています。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)が儲けすぎを理由で出金拒否するようなことはほぼないと思われます。

なぜなら、TRADEVIEW(トレードビュー)はNDD方式と呼ばれる、トレーダーとマーケットのあいだに干渉しない注文方式をとっているからです。

この場合のTRADEVIEW(トレードビュー)の収益源はスプレッドのため、トレーダーとTRADEVIEW(トレードビュー)の利益は矛盾しません。

対して、DD方式をとっているブローカーはトレーダーとマーケットのあいだにブローカーが入るため、その中で何が起こっているかわ分かりません。

そのため、ときにはトレーダーとブローカーの利益が対立し、ブローカー側がなんらかの理由をつけて出金拒否するというケースが生じるのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)で出金できないのは出金ルール違反の可能性も

TRADEVIEW(トレードビュー)側で一方的な出金拒否をするようなことがないといっても、実際に口座から出金できないとうことは起こります。

その際にはまず、自分がTRADEVIEW(トレードビュー)の定める出金ルールに違反していないか確認してみましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)から出金できない場合によくある出金ルール違反は、入金した手段と違う出金方法を取ろうとしているというものです。

FXは金融取引であるため、登録している国の金融当局から厳しいマネーロンダリング防止の取り組みが要求されています。

その一環として、TRADEVIEW(トレードビュー)でも入金手段と出金手段の統一が決められています。

たとえば、事前にクレジットカードで入金したのであれば、その金額までは同じ手段(クレジットカード)で出金しなければ、残額の出金ができません。

もし仮に、TRADEVIEW(トレードビュー)にクレジットカードで入金した金額をすぐに別の手段で出金できたとすれば、お金の出どころを曖昧にするのも簡単になってしまいますよね。

また、TRADEVIEW(トレードビュー)ではクレジットカード入金分以上のクレジットカード出金はできません。

クレジットカード出金は、入金額の相殺(キャンセル)でしかありません。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠で入金した残高をすぐに現金化するのは、無利子でキャッシング枠を使っていることと同じですから、クレジットカードの規約違反になる可能性も高いです。

TRADEVIEW(トレードビュー)でも出金拒否されるケース

一方的な出金拒否なないといっても、TRADEVIEW(トレードビュー)から不正なトレードで得た利益の出金と疑われると出金拒否となることがあります。

たとえば、代表的な例としては複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレードがあります。

ゼロカットを悪用した複数口座(複数アカウント)を使った両建てトレードは、TRADEVIEW(トレードビュー)の規約違反です。

これはTRADEVIEW(トレードビュー)以外のブローカーの口座を併用していたとしても同じです。

その点を知らずにトレードしていると、いつの間にか規約違反に該当して出金拒否の憂き目にあってしまいかねません。

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否のようなトラブルが非常に少ないブローカーです。

しかし、海外FXブローカーである以上、一定のリスクは免れません。

この方のように複数のブローカーを使い分けてリスクを分散させるのも良いのではないでしょうか。

TRADEVIEW(トレードビュー)で出金できない・出金拒否されたと勘違いするケース

出金申請をしてから一向に処理が進まない状況をみて出金拒否されたと勘違いする人も少なくありません。

出金が早いと評判のTRADEVIEW(トレードビュー)でも、即時反映される入金と違って出金はそれなりの時間がかかることがあります。

通常、海外銀行送金では3営業日~7営業日ほどかかります。

クレジットカード出金の場合も、TRADEVIEW(トレードビュー)側の処理は1営業日ほどで完了しますが、クレジットカード会社側の処理が別途発生するため、クレジットカード会社によっては相当の時間がかかる場合があります。

また、出金額が大きい場合など、TRADEVIEW(トレードビュー)の内部で本人確認処理が追加で必要になるため、通常より時間がかかる場合もあるようです。

いずれにしろ、出金に時間がかかりすぎていると感じたならば、出金拒否を疑う前に、まずはTRADEVIEW(トレードビュー)のサポートデスクに問い合わせてみましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の出金手数料不足で出金できないことも

基本的にTRADEVIEW(トレードビュー)の出金手数料は非常に安くなっています。

クレジットカード・デビットカードの出金ならば無料ですし、オンライ決済サービスの手数料もサービス側の手数料以外はほとんどかかりません。

しかし、海外銀行送金では35ドルのTRADEVIEW(トレードビュー)の手数料のほか、中継銀行などで別途手数料がかかるため、手数料不足に陥りやすくなっています。

当然、手数料が足りなければ、出金できる金額以上の依頼をかけていることになるため、出金できません。

あまりにも基本的かもしれませんが、日本の銀行のような手数料を想定していると、気づかぬうちに残高不足で出金拒否となることもあるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)に出金拒否や出金できないある?ない? まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)は出金拒否や出金できないといったトラブルはほどんどないブローカーです。

しかし、儲けすぎによる出金拒否がないからといっても、気づかぬうちに出金ルール違反をしていたり、規約違反をしていたりといった原因で出金できないことは十分にありえます。

出金手続きがやけに遅い、出金拒否にあったという場合は、まずTRADEVIEW(トレードビュー)の出金ルールや規約に違反していないかを確認して、サポートデスクに連絡してみましょう。