にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は、ボーナスがないものの豊富な取引プラットフォームと取引コストに優れた海外FXブローカーです。

しかし、やはりボーナスを使ってFXを楽しみたい、一旦FXからは撤退したいという方もいることと思います。

あるいは、これからTRADEVIEW(トレードビュー)に口座を開きたいが、退会方法(解約方法)が面倒なのではないかと不安な方もいるかもしれません。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)について分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)はメールで行う

TRADEVIEW(トレードビュー)の会員ページや公式サイトに解約フォームはありません。

退会(解約)したいと思ったら口座開設時に登録したメールアドレスからサポートデスクへ退会(解約)したい旨を連絡しましょう。

その際に、口座番号、氏名、解約理由を記載しておくと手続きがスムーズになります。

TRADEVIEW(トレードビュー)のサポートデスクは平日24時間対応で日本語対応も充実しています。

「日本語での返信を希望します」にチェックを入れておきましょう。

ちなみに、TRADEVIEW(トレードビュー)は電話での問い合わせもできますが、国際電話になってしまいます。

コストの点からもメールでの問い合わせをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会(解約)は出金申請フォームから連絡もできる

TRADEVIEW(トレードビュー)では、なぜか出金フォームに「口座を解約するかどうか」を選択する項目があります。

出金のたびに「いいえ」を選ぶのも面倒ですが、口座の退会方法(解約方法)が分からないブローカーも多いなか、親切な作りとも考えられなくもありません。

ちなみに、メールによる退会(解約)申請でも同じですが、TRADEVIEW(トレードビュー)から退会(解約)処理完了の通知が届くまでは、口座は生きています。

事前に済ませておくのがベストですが、退会通知が届くまでに最低限、事項でご説明することは完了させておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会(解約)前にすませておくべきこと

出金申請する際に選択肢があることから分かるように、まずTRADEVIEW(トレードビュー)を退会(解約)するには、口座残高をゼロにしておきましょう。

もし、口座残高が残ったままにしておいた際にどうなるかはTRADEVIEW(トレードビュー)の規約に明記されていません。

しかし、あとでご説明するようにTRADEVIEW(トレードビュー)は規約上、休眠口座から手数料を差し引けることになっています。

したがって、残高が残っている以上、内部処理上は退会(解約)とみなされなかったとしても、口座維持手数料によっていずれ残高がゼロになってしまいます。

次に、TRADEVIEW(トレードビュー)の会員ページから自分の取引履歴や入出金記録を忘れずに取得しておきましょう。

もし、年間のあいだにTRADEVIEW(トレードビュー)でそれなりの利益が出ていた場合、確定申告をする必要が生じます。

税務署によっては詳細な取引履歴の添付が必要になることもあります。

その段になってから取引履歴を取得しようとしても、TRADEVIEW(トレードビュー)を退会(解約)したあとでは会員ページにログインできません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会(解約)時に口座残高がマイナスの場合

TRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットを採用しているため、口座残高がマイナスになってもゼロ円にリセットしてもらえます。

しかし、残高がマイナスのまま退会(解約)申請するのは控えたほうが良いでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の利用規約上、口座残高のマイナス分は原則的に、TRADEVIEW(トレードビュー)が負担するのではなくトレーダーが負担するものとされています。

つまり、ゼロカットは規約上は特例的な救済措置なのです。

これを無視して、口座残高がマイナスのまま退会(解約)してしまうと、TRADEVIEW(トレードビュー)からマイナス残高分を請求される可能性を残したままの状態となってしまいます。

もっとも、実際にTRADEVIEW(トレードビュー)がマイナス分の請求をするとは考えにくいのですが、それでも念のため一度、ゼロカットを待ってから退会(解約)をしたほうが良いでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)を退会(解約)しないデメリット

TRADEVIEW(トレードビュー)では口座維持手数料はかかりませんし、休眠口座に手数料が発生したという声も聞かれません。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)の利用規約をしっかり読むと「6ヶ月以上の休眠口座には50ドルの手数料を課します」と書かれています。

実務上、手数料を口座から差し引くということはしていないようですが、規約上は休眠口座から手数料が差し引かれることはあると心得ておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)以外の多くの海外FXブローカーでは、休眠口座にも手数料が発生しないため退会(解約)しないでおくデメリットはほとんどありません。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)に限っていえば、確定申告が済みしだい退会(解約)してしまったほうが良いかも知れません。

TRADEVIEW(トレードビュー)を退会(解約)したあとの取引プラットフォームはどうする?

TRADEVIEW(トレードビュー)はMT4やMT5以外にもcTraderやcurrenexなどの豊富な取引プラットフォームが使えます。

他の海外FXブローカーに乗り換える際にもそのまま同じプラットフォームを使いたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、ブローカーによって対応しているプラットフォームもそれぞれ違います。

TRADEVIEW(トレードビュー)からダウンロードしたプラットフォームは一度、削除してしまったほうがシンプルで良いでしょう。

ただ、技術的な話になるのでここでは詳しくご説明できませんが、カスタム設定にこだわりがあるのであれば、環境設定の移行は可能です。

たとえば、MT4などはインジケータのカスタム設定などは比較的簡単に別のMT4に移行させられますし、cTraderもクラウド経由で設定をTRADEVIEW(トレードビュー)以外の別のブローカーの提供するプラットフォームに移行できます。

もし、ご興味があればぜひ調べてみてください。

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)を分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の退会方法(解約方法)は、メール経由または出金申請フォームから行います。

退会(解約)前には口座残高をゼロにしておく、取引履歴を取得しておくのを忘れないようにしましょう。

また、TRADEVIEW(トレードビュー)では口座維持手数料はかからないものの6ヶ月以上経過した休眠口座には50ドルの手数料が発生してしまいます。

長期間TRADEVIEW(トレードビュー)を触らないのであれば、一旦、退会(解約)しておいても良いでしょう。