にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【2位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

数ある海外ブローカーの中でも、トレード中級者〜上級者向けといわれているTRADEVIEW(トレードビュー)。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)は日本ではまだまだ馴染みの薄い海外ブローカーですので、トレードに関する基本スペックがよく知られていない部分も多くなっています。

そのためTRADEVIEW(トレードビュー)に興味はあっても、どんなブローカーなのかをもっと知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)と日本人ブローカーも多く利用している同じ海外FXブローカーのXMをあらゆる面から比較してみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較 取扱トレーディングプラットフォーム

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMはどちらも同じ海外FXブローカーではありますが、取扱のトレーディングプラットフォームの種類に違いがあります。

トレーディングプラットフォームとは、実際にトレードを行うシステムのことです。

そして、TRADEVIEW(トレードビュー)もXMもブローカー共有で利用されているトレーディングプラットフォームを採用しており、独自のトレーディングシステムはありません。

それでは実際にTRADEVIEW(トレードビュー)とXMの取扱トレーディングプラットフォームの種類を比較していきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の取扱トレーディングプラットフォーム

  • MT4
  • MT5
  • cTrader
  • Currenex

XMの取扱トレーディングプラットフォーム

  • MT4
  • MT5

数多くのブローカーが採用しているメジャーなトレーディングプラットフォームといえばMT4とMT5であり、どちらのブローカーも両方利用できるようになっています。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)では、MT4・MT5に加えて、cTraderとCurrenexという2種類のトレーディングプラットフォームを利用することが可能です。

cTraderは、トレードにより透明性を求める人向きのトレーディングプラットフォームでありスキャルピングトレーダーが多く利用しています。

そしてCurrenexは機関投資家やヘッジファンドなどが多く利用しているトレーディングプラットフォームです。

MT4やMT5よりもより高度なスペックを求めるのであればTRADEVIEW(トレードビュー)の方がトレーディングプラットフォームの選択肢がXMよりも多くなるといえるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較 口座タイプ

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMでは、どちらも口座開設時に複数の口座が選択できるようになっていますが、口座タイプの種類も異なります。

2020年現在TRADEVIEW(トレードビュー)の口座タイプは5種類・XMの口座タイプは3種類用意されているようです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の口座タイプ

  • Xレバレッジ口座(MT4)
  • ILC口座 (MT4)
  • MT5口座(MT5)
  • cTrader口座(cTrader)
  • Currenex口座(Currenex)

XMの口座タイプ

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ZERO口座

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの口座タイプを比較してみると、TRADEVIEW(トレードビュー)の方が口座タイプの種類が多いことが分かりますね。

またXMではスタンダード口座(STP方式)・マイクロ口座(STP方式)・ZERO口座(ECN方式)の3種類が用意されており、スタンダード口座とマイクロ口座の違いは、1Lotあたりの通貨数です。

一方TRADEVIEW(トレードビュー)では、MT4の使える口座としてXレバレッジ口座(STP)の他にMT5専用口座・cTrader専用口座・Currenex専用口座が用意されています。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較 取引手数料とスプレッド

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMを比較してみると、取引でかかってくるコストに関しても違いがあるようです。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMでは、取引の際に発生する手数料として「取引手数料」と「スプレッド」の2種類があります。

また口座タイプにより取引手数料もスプレッドもそれぞれ違いがあるようです。

まずはTRADEVIEW(トレードビュー)とXMの取引手数料を口座タイプ別に見ていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の取引手数料

  • Xレバレッジ口座(MT4)...無料
  • ILC口座 (MT4)...片道5ドル/1LOTあたり
  • MT5口座(MT5)...片道5ドル/1LOTあたり
  • cTrader口座(cTrader)...片道5ドル/1LOTあたり
  • Currenex口座(Currenex)...片道6ドル/1LOTあたり

XMの取引手数料

  • スタンダード口座...片道5ドル/1LOTあたり
  • マイクロ口座...片道5ドル/1LOTあたり
  • ZERO口座...無料

基本的にどちらの口座も基本口座となるタイプでは1Lotあたり往復5ドルの取引手数料が発生しますので、手数料の条件はほぼ同じと考えられます。

続いて平均スプレッドも比較ていきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のSTP方式を採用している口座タイプ(Xレバレッジ口座・Currenex口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY...1.8pips
  • EUR/JPY...1.9pips
  • GBP/JPY...2.3pips
  • EUR/USD...1.7pips
  • GBP/USD...2.0pips

TRADEVIEW(トレードビュー)のECN方式を採用している口座タイプ(ILC口座・MT5口座・cTrader口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY...0.1pips
  • EUR/JPY...0.4pips
  • GBP/JPY...0.5pips
  • EUR/USD...0.2pips
  • GBP/USD...0.5pips

XMのSTP方式を採用している口座タイプ(スタンダード口座・マイクロ口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY…1.6pips
  • EUR/JPY…2.6pips
  • GBP/JPY…3.5pips
  • EUR/USD…1.6pips
  • GBP/USD…2.6pips
  • AUD/JPY…3.0pips
  • AUD/USD…2.5pips

XMのECN方式を採用している口座タイプ(ゼロスプレッド口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY…0.4pips
  • EUR/JPY…0.7pips
  • GBP/JPY…1.0pips
  • EUR/USD…0.4pips
  • GBP/USD…0.4pips
  • AUD/JPY…0.6pips
  • AUD/USD…0.6pips

STP口座もECN口座も平均スプレッドを比較すると、どちらもTRADEVIEW(トレードビュー)の方が狭めになっています。

ただしTRADEVIEW(トレードビュー)もXMもスプレッドは変動方式が採用されていますので、タイミングによってスプレッドの広がり方も異なりますので注意してください。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMの比較を分かりやすく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)と日本人ブローカーも多く利用している同じ海外FXブローカーのXMをあらゆる面から比較してみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)とXMでは、利用できるトレーディングプラットフォームや手数料などに違いがあります。

他にもレバレッジやロスカット水準などを比較し、より自分に合ったブローカーを選んでいきましょう。