にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人の中には、今年から確定申告や税金支払いの必要性が出てきているという人もいるのではないでしょうか。

FXで得た収入に関しての確定申告や税金の計算方法に難しさを感じている人も多いのですが、中でもTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーの確定申告は分かりにくいと感じている人もおおいはずです。

実際に国内FXブローカーとTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーでは確定申告のやり方や税金の計算方法が若干異なってきます。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について詳しく調べてみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)で確定申告が必要な人の特徴

TRADEVIEW(トレードビュー)は海外のFXブローカーなので、日本国内で行う確定申告や税金の支払いは関係ないと考えている人もいるかもしれません。

しかし海外FXブローカーであるTRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人でも、一定の収益をあげている人であれば日本での確定申告や税金の支払いが必要になってくるでしょう。

ただしTRADEVIEW(トレードビュー)に確定申告が必要になるかどうかは、それぞれの働き方や収益額などによっても異なります。

TRADEVIEW(トレードビュー)で取引をしている人は、まずは以下のいずれかの条件に自分が回答するかどうかを確認してみましょう。

  • 給与所得がある人でTRADEVIEW(トレードビュー)を含む副業や趣味などで年間20万円以上の収入がある人
  • 非給与所得者の人でTRADEVIEW(トレードビュー)を含む売上や収入が年間38万円以上ある人

給与所得がある人とは、企業などに勤める会社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなどを指します。

毎月給料をもらっているという人や、企業や事業主に雇用されているという人は、「給与所得がある人」に該当するので、年間の給与以外の収入を計算してみましょう。

また個人事業主や専業主婦、アルバイトをしていない学生などの場合は「非給与所得者」に該当しますので、年間の収入が38万円以上になるかどうかを計算してみてください。

上記のいずれかに該当する人は、TRADEVIEW(トレードビュー)の確定申告が必要になる人です。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人で、先程の条件に当てはまる人の全てに税金の支払いが必要になるわけではありません。

税金の計算方法に関してですが、基本的には収益から必要経費などが差し引かれた金額が所得とされ、その所得額によって税金が計算されることになります。

まずTRADEVIEW(トレードビュー)でのトレードで得た収益に関しては、「雑所得」として確定申告の帳簿にて仕分けされるでしょう。

ただし、ここで注意しなければならないのは、TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーと国内FXブローカーでは同じ雑所得でも税区分が異なってくるという点です。

国内FXブローカーで得た利益に関しては雑所得の中の「申告分離課税」という税区分に区分けされます。

「申告分離課税」とは、給与所得や不動産所得などの他の所得と合算せずに、分離した所得に対して税金がかけられるという税区分です。

一方TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーを利用して収入を得た場合には雑所得の中の「総合課税」に区分けされます。

「総合課税」とは、「申告分離課税」のように他の所得と分類されることがなく、総合課税に分類された所得に関して合算された所得額に対して税金がかけられるという区分です。

たとえば給与所得がある人の給与は「総合課税」に区分されるので、給与所得にTRADEVIEW(トレードビュー)のFX所得分が合算された金額に税金がかけられることになるでしょう。

またTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーと日本国内のブローカーではかけられる税率の種類も異なります。

国内FXブローカーの所得にかけられる税率が一律20.315%であるのに対し、TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーの所得に関しては累進課税税率という税率が適用されるのです。

累進課税税率は、所得額に応じて以下のように税率が変化します。

  • 課税される所得金額1,000円 から 1,949,000円まで...税率5% 控除額0円
  • 課税される所得金額1,950,000円 から 3,299,000円まで...税率10% 控除額97,500円
  • 課税される所得金額3,300,000円 から 6,949,000円まで...税率20% 控除額427,500円
  • 課税される所得金額6,950,000円 から 8,999,000円まで...税率23% 控除額636,000円
  • 課税される所得金額9,000,000円 から 17,999,000円まで...税率33% 控除額1,536,000円
  • 課税される所得金額18,000,000円 から 39,999,000円まで...税率40% 控除額2,796,000円
  • 課税される所得金額40,000,000円 以上...税率45% 控除額4,796,000円

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金を節約するためには経費を漏れなく申告することが大切

TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーでは累進課税税率が適用されるため、所得が高ければ高いほど税率も上がってしまう傾向があります。

しかし、所得とは「所得=収益」ではなく、「所得=収益-必要経費」です。

そのためTRADEVIEW(トレードビュー)で高額の収益をあげている人でも、必要経費を漏れなくしっかり申告することで所得を低くして税金の節約をすることができます。

TRADEVIEW(トレードビュー)でのトレードの必要経費とは、たとえばFXトレードの指南書などを購入した場合には経費として計上可能です。

またTRADEVIEW(トレードビュー)のトレードで勝つためにセミナーを受講した場合なども経費に含めることができるでしょう。

そのほかにも、TRADEVIEW(トレードビュー)でトレードするためのパソコンの購入費用や月々の通信費用なども経費計上が可能です。

できるだけ経費の申告漏れを防げるように、領収書の整理や帳簿の管理はこまめに行なっていくのがよいでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について詳しく調べてみました。

TRADEVIEW(トレードビュー)は海外FXブローカーですが、収益額によっては確定申告や税金の支払いが必要になってきます。

確定申告や税金の計算方法でわからない点がある人は、管轄の税務署にて電話相談などを行なってみましょう。