にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人の中には、今年から確定申告や税金支払いの必要性が出てきているという人もいるのではないでしょうか。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法がわからない。 ところで確定申告とはいったいなに? あなたは今、このようにお考えですよね。

TRADEVIEW(トレードビュー)で利益を獲得したものの、税金の計算方法や確定申告に躊躇している方もいるのではないでしょうか。

また国内FXから海外FXに乗り換えたものの、確定申告や税金の計算方法についての違いに疑問を感じている方もいるはずです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告が必要な人は?

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告が必要な人は、トレードで一定以上の「儲け」を得た方です。

そもそも確定申告とは「儲け」すなわち所得に対する税金の計算方法を行うことをさし、トレードで負けてしまい年間通算所得がマイナスの場合は確定申告は必要ありません。

海外FXブローカーであるTRADEVIEW(トレードビュー)で儲けを得た場合であっても、日本の税制にしたがって確定申告しなければいけません。

ただし確定申告が必要になる人は、トレーダーの給料の獲得状況やTRADEVIEW(トレードビュー)で獲得した儲けに応じて異なります。

まずはTRADEVIEW(トレードビュー)で確定申告が必要になる判断基準を、以下で確認してみましょう。

  • 給与所得を得ておりTRADEVIEW(トレードビュー)を含む副業やその他で年間20万円以上の収入がある人
  • 非給与所得者でTRADEVIEW(トレードビュー)を含む売上や収入が年間38万円以上ある人

給与所得とは、正社員・契約社員・アルバイト・パートなどで給料を得ている人をさします。

企業や個人事業主に雇用されている人は給与所得を得ている人に該当するので、年間の給与所得以外の収入を計算し、20万円をオーバーしていないのかどうかを確認しましょう。

注意点ですが、たとえ副業だったとしてもアルバイトで稼いだものについては企業に雇用されて得た所得になるため、個々に確定申告する必要はありません。

確定申告の所得として計上するものは、たとえばアフィリエイト・ユーチューブなど、雇用されずに個人で稼いだものに限ります。

一方、個人事業主・専業主婦・学生などは、非給与所得者に該当するため、年間の収入が38万円以上になるのかどうかを確認してください。

上に該当する方は、確定申告が必要になる可能性の高い方になります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法

もうひとつ、TRADEVIEW(トレードビュー)で儲けを得たとしても、前項に該当する方がすべて確定申告の対象者になるわけではありません。

そもそも税金の計算方法は、収益から必要経費を相殺した金額が所得とされ、所得額が上項の20万円もしくは38万円を超えた場合に限り、確定申告の対象者となります。

そして確定申告で税金の計算方法を行う場合は、所得をもとに算出を行います。 TRADEVIEW(トレードビュー)のトレードで獲得した所得については、確定申告の所得区分として「雑所得」に分類されます。

ここで注意したいのは、TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXと国内FXでは、税金区分が異なることです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金区分は雑所得の総合課税に分類される

国内FXの所得は、雑所得の申告分離課税に分類されます。

申告分離課税とは、給与所得・事業所得・不動産所得・配当所得など、他の所得とは合計せずに、単独の所得に対してのみ税金がかけられる税金区分に分類されます。

一方、TRADEVIEW(トレードビュー)などの海外FXの場合は、雑所得の総合課税に分類されます。

「総合課税」とは、「申告分離課税」のように他の所得と分類されることがなく、総合課税に分類された所得に関して合算された所得額に対して税金がかけられるという区分です。

たとえば事業所得がある人の給与は「総合課税」に区分されるので、事業所得にTRADEVIEW(トレードビュー)の所得額が合算された金額に税金がかけられることになるでしょう。

また申告分離課税と総合課税の違いにより、TRADEVIEW(トレードビュー)と国内FXでは税率も異なります。

国内FXの税率は一律20%であるのに対し、TRADEVIEW(トレードビュー)など海外FXの税率は累進課税方式にもとづいて適用されます。

累進課税方式は、所得の増額に応じて段階的に税率がアップしていくことが大きな特徴でしょう。

雑所得総合課税の累進課税率一覧表

  • 課税される所得金額1,000円 から 1,949,000円まで:税率5% 控除額0円
  • 課税される所得金額1,950,000円 から 3,299,000円まで:税率10% 控除額97,500円
  • 課税される所得金額3,300,000円 から 6,949,000円まで:税率20% 控除額427,500円
  • 課税される所得金額6,950,000円 から 8,999,000円まで:税率23% 控除額636,000円
  • 課税される所得金額9,000,000円 から 17,999,000円まで:税率33% 控除額1,536,000円
  • 課税される所得金額18,000,000円 から 39,999,000円まで:税率40% 控除額2,796,000円
  • 課税される所得金額40,000,000円 以上:税率45% 控除額4,796,000円

また累進課税方式では税率が上がるたびに、所得から控除される額も増えていき、税金負担を軽くする効果が期待できます。

よって国内FXと海外FXで同じ税率が適用される税率20%、すなわち所得6,949,000円までは、控除があるTRADEVIEW(トレードビュー)のほうが税金が安くなります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金を軽減するためには経費をもれなく申告することが必要

TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーでは、累進課税方式が適用されるため、所得が増えるほど税率も大きくなります。

しかし所得とは収益のすべてをさすのではなく、収益から必要経費を相殺した金額した、純粋な儲けをさします。

よってTRADEVIEW(トレードビュー)で高額の収益を獲得している人であっても、必要経費をもれなく申告することで、所得を減らして税金負担を軽減することができるでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の必要経費として計上できるものにはさまざまなものがあります。

たとえばTRADEVIEW(トレードビュー)で投資の勉強をするために購入した参考書や、セミナーの受講料やその旅費などがあげられます。

TRADEVIEW(トレードビュー)でトレードするために使用しているパソコンやスマホの購入代金、ネット通信費、デバイスを起動するための電気代なども経費として計上できます。

経費の計上漏れは税金の負担が大きくなってしまうため、日頃から領収書やこまめな記帳を意識することをおすすめします。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について解説しました。

海外サービスであるTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、日本で獲得した儲けが一定を超えてしまった場合は、確定申告で税金の計算方法を行い納税する必要があります。

確定申告や税金の計算方法で疑問点がある方は、最寄りの税務署でおたずねください。