にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金はいくら? 税金の計算方法を知りたい。

TRADEVIEW(トレードビュー)の確定申告の注意点にはどのようなことがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TRADEVIEW(トレードビュー)で継続的な利益が見込めるようになると、税金や確定申告を意識しなければいけません。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法・確定申告を分かりやすく解説

確定申告は、TRADEVIEW(トレードビュー)で獲得した1年分の所得から、一定の計算方法に基づいて税金(所得税)を算出・納税するために行います。

1月1日から12月31までに獲得したTRADEVIEW(トレードビュー)の所得から計算方法にもとづき算出し、所得が一定額を超えていた場合に翌年3月15日までに確定申告を行います。

たとえ確定申告対象であっても税務署やTRADEVIEW(トレードビュー)から納税通知等が送られてくることはありません。

確定申告すべきかを判断するのは、TRADEVIEW(トレードビュー)ユーザー本人です。

万が一、TRADEVIEW(トレードビュー)で所得を獲得にしているのにもかかわらず、確定申告を怠って税金を納めなかった場合は、脱税に問われていまいますのでご注意ください。

TRADEVIEW(トレードビュー)税金の計算方法。確定申告区分は「雑所得の総合課税」

TRADEVIEW(トレードビュー)は「雑所得の総合課税」に該当します。

雑所得の総合課税では、稼ぐほど税率が高くなる累進課税方式を採用しています。

一方、国内FXは「雑所得の分離申告課税}に該当します。

TRADEVIEW(トレードビュー)など海外FXの「雑所得の総合課税」は、所得に対して5%から45%の税率であるのに対し、分離申告課税は所得額にかかわらず一律20%です。

ようするにTRADEVIEW(トレードビュー)の税金は、国内FXと比較すると695万円以下の場合はTRADEVIEW(トレードビュー)のほうが低く、695万を超えてしまった場合は税金が高くなります。

累進課税表をごらんになってもわかる通り、雑所得の総合課税は「控除額」が発生するため、TRADEVIEW(トレードビュー)と国内FXで同じ税率の20%の間は、総合課税であるTRADEVIEW(トレードビュー)のほうが税金が安くなると心得ておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)税金の計算方法は?確定申告すべき金額

確定申告すべきTRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法は、年間収入から経費を相殺した金額から年間所得を算出し、所得に税率を乗せ、控除額を相殺した金額をさします。

ちなみに「収入」は「所得」と区別されます。

収入とは実際にTRADEVIEW(トレードビュー)で稼いだ金額ですが、TRADEVIEW(トレードビュー)でトレードするために発生した経費を差し引いた金額、いわゆる純粋な利益が「所得」になります。

ここでは以下の例と上の累進課税表を用いて、税金の計算方法を解説しましょう。

  • TRADEVIEW(トレードビュー)で年間200万円の所得
  • TRADEVIEW(トレードビュー)の年間経費:電気代1万円・ネット通信費5,000円・参考書代6,000円・FXオフ会の交通費と参加費2万円

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法

:(200万-1万円+5,000円+6,000円+2万円)×0.1-97,500円⁼98,400円 「()」内が所得であり、税率と控除額によって、TRADEVIEW(トレードビュー)の所得税は、98,400円です。

「雑所得の総合課税」はTRADEVIEW(トレードビュー)の所得だけで確定申告できない

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金は「雑所得の総合課税」に該当します。

逆に国内FXは「雑所得の分離申告課税」に該当し、国内FXだけの所得で確定申告することができます。

総合課税であるTRADEVIEW(トレードビュー)は、雑所得以外の以下9つの所得との合計で税金を計算し確定申告しなければいけません。

雑所得以外の所得とは、事業所得・退職所得・給与所得・配当所得・譲渡所得・利子所得・不動産所得・山林所得・一時所得をさします。

たとえばTRADEVIEW(トレードビュー)の年間所得が200万円で、土地や住宅などの売却で年間800万円の不動産所得を獲得している場合は、1,000万円が税金対象額となります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の確定申告は海外FX同士なら損益通算可能

TRADEVIEW(トレードビュー)に加え、同じ海外FXで所得が発生した場合は、損益通算が可能です。

たとえばTRADEVIEW(トレードビュー)で年間所得200万円、TitanFXで年間所得が損失に転じ-100万円であった場合、200万円から100万円を相殺した100万円が税金対象となります。

TRADEVIEW(トレードビュー)と国内FXでは損益通算ができないため、ご注意ください。

TRADEVIEW(トレードビュー)税金の計算方法。確定申告すべき人は?

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金は「収入」ではなく「所得」に対して発生し、所得に対して税金を計算するとお伝えしました。

しかし確定申告で必要になるのは年間「収入」と「経費」額です。

TRADEVIEW(トレードビュー)の年間収入は、MT4やcTraderなどのプラットフォームから取引証明書を取得します。

年間経費は、領収書を保管しておかなければいけません。 いずれもTRADEVIEW(トレードビュー)の確定申告で必要な書類ですので、必ず保管しておきましょう。

確定申告の方法は、TRADEVIEW(トレードビュー)の年間収入と経費の帳簿付けからはじまります。

はじめての確定申告は白色申告になります。 確定申告の方法については、参考書または最寄りの税務署へおたずねください。

年間収入から経費を相殺した金額によって所得を算出し、TRADEVIEW(トレードビュー)の所得が以下を超えていた場合に確定申告しなければいけません。

  • 正社員・パート・アルバイトなどの給与取得者:年間所得が20万円を超えた場合
  • 個人事業主・専業主婦・学生などの非給与取得者:年間所得が38万円を超えた場合

こまめに収入と経費を帳簿付けすることは、TRADEVIEW(トレードビュー)で確定申告すべきかどうかの判断材料になるため、年明けの確定申告で慌ててしまわぬよう思い立った今からはじめましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法・確定申告を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法は、公式に基づいているため難しくありません。

日頃からTRADEVIEW(トレードビュー)の収入や経費を帳簿で管理していれば、年明けすぐに確定申告を開始できます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金や確定申告すべきかどうかを判断するためには、日頃の帳簿づけが非常に重要となりますので、心得ておきましょう。