にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用して着実に利益をあげているという人もいますよね。

海外のブローカーであるTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、海外ブローカーでも利益の額によっては国内での確定申告や税金の支払いが必要になってきます。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)のような海外ブローカーの場合には、国内ブローカーとは異なる確定申告の方法や税率を用いるのです。

そこで今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について

トレーダーの方の中には、今年初めて海外ブローカーであるTRADEVIEW(トレードビュー)を利用してみたという人もいるでしょう。

国内ブローカーでは実現できないようなハイレバレッジトレードで、大きな利益を生み出せる可能性のあるTRADEVIEW(トレードビュー)ですが、利益によっては確定申告の必要が出てきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用している人は確定申告の必要があるのかどうかをまずはチェック

TRADEVIEW(トレードビュー)を利用して利益を出している人でも、現在の状況に応じて確定申告が必要であるか不要であるのかが分かれます。

まずは、以下の確定申告の必要のある条件を確認し、自分が該当しているかどうかで確定申告の必要性を判断してみましょう。

  • 給与を取得している人で給与以外の利益を年間20万円以上あげている人
  • 給与を取得していない個人事業主などで年間38万円以上の利益をあげている人

たとえば普段は正社員として毎月給料を会社からもらっているという人で趣味でFXをやっているという人でも、年間20万円以上の利益があがっていれば確定申告の必要があります。

逆にFXを生業としている人であれば、年間38万円以上の利益があがっていれば確定申告を行う必要があるでしょう。

まずは自分が上記のいずれかに該当するかどうかを確認することから始めてください。

また、正社員で働いていたが途中で辞めてしまって自分のおかれている状況が判断できないという場合には、管轄の税務署に電話で相談してみるのもおすすめです。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法は国内ブローカーの計算方法とは異なるので注意

また海外のブローカーは国内ブローカーと確定申告の方法や適用される税率などに違いがあります。

確定申告を行う際には、国内のブローカーでの取引分と海外のブローカーでの取引分とでは申告方法などに違いがありますので注意してください。

具体的には国内ブローカーと海外ブローカーでは以下のような違いがあります。

  • 国内ブローカーでのトレードで利益が出た場合...申告分離課税が適用される
  • 海外ブローカーでのトレードで利益が出た場合...総合課税に累進課税税率が適用される

国内ブローカーで取引した分を確定申告する場合には、申告分離課税が適用となります。

申告分離課税とは所得額とは合算せずに、別枠として申告していくという手続き方法です。

一方の海外ブローカーの場合には、所得額と一緒に申告するべき総合課税が適用されます。

所得額と合算された価格に、累進課税税率という税率が適用されることになるのです。 累進課税税率の詳しい内容は以下を参照してください。

  • 課税される所得金額195万円以下...税率5%  控除額0円
  • 課税される所得金額195万円を超え330万円以下...税率10%  控除額97,500円
  • 課税される所得金額330万円を超え695万円以下...税率20%  控除額427,500円
  • 課税される所得金額695万円を超え900万円以下...税率23%  控除額636,000円
  • 課税される所得金額900万円を超え1,800万円以下...税率33%  控除額1,536,000円
  • 課税される所得金額1,800万円を超え4,000万円以下...税率40%  控除額2,796,000円
  • 課税される所得金額4,000万円超...税率45%  控除額4,796,000円

このように累進課税税率が適用されると、所得金額が多いほど税率が高くなるという仕組みになっています。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金を節約するなら経費をしっかり申告すること

このようにTRADEVIEW(トレードビュー)をはじめとする海外ブローカーを利用するのであれば、累進課税が適用され所得が大きければ税率も高まる傾向があります。

そのため少しでも税金の支払いを節約したいのであれば、漏れなく必要経費をしっかり申告していくことが重要です。

たとえばTRADEVIEW(トレードビュー)での取引で勝率を上げるために、FX関連の書籍や雑誌を購入すれば経費として計上することができます。

またFX関連のセミナーなどの参加費用も経費として計上することが可能です。

このように経費を漏れなく計上していくことが節税に繋がりますので、こまめに経費を整理しながら処理していくことが重要でしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について まとめ

今回は、TRADEVIEW(トレードビュー)の税金の計算方法と確定申告について詳しく解説してきました。

TRADEVIEW(トレードビュー)は海外ブローカーとなりますが、一定の条件を満たす人であれば国内ブローカー同様に確定申告や税金の支払いが必要になります。

ただし確定申告をやったことがない人の場合、確定申告や税金の計算は難易度の高い手続きだといえるでしょう。

わかならい部分などは管轄の税務署に電話相談するなどし、金額によっては税理士などの専門家に確定申告を依頼するのもおすすめです。