にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【5位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

ハイレバレッジを特徴としている多くの海外FXブローカーでは、トレーダーの資産保護のため、あわせてゼロカットシステムを採用しています。

TRADEVIEW(トレードビュー)も最大400倍と高いレバレッジのブローカーですから、ゼロカットなしにはリスクをおさえたトレードは難しいでしょう。

しかし、そもそもTRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットがあるのでしょうか。また、あるとすればどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説

ゼロカットとは、相場急変時などにロスカットが間に合わず口座残高がマイナスとなった場合、マイナス分を帳消しにしてくれる非常にありがたい救済措置です。

マイナス分はブローカーが負担してくれるため、マイナス分を追加で口座に差し入れる、いわゆる追証は発生しません。

そんな便利なゼロカットですが、国内のFXブローカーはゼロカットを採用していません。

しかし、ハイレバレッジを売りにする多くの海外FXブローカーではゼロカットシステムが使用されています。

では、TRADEVIEW(トレードビュー)にはゼロカットはあるのでしょうか。

また、ゼロカットがあるとしたならば、どういった点に注意すれば良いのでしょうか。詳しくみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)にもゼロカットはある

TRADEVIEW(トレードビュー)は日本語公式サイトにゼロカットに関する記載がないため、ゼロカットがないのではと思われている方も少なくありません。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)にもゼロカットはあります。

下記は、TRADEVIEW(トレードビュー)の英語表示サイトに記載されているものです。(読まなくて大丈夫です)

前段には、「TRADEVIEWは、クライアントの口座が決してマイナスにならないような自動的なシステムを採用しています(特に相場急変時に)」としっかり記載があります。

後段は具体的な方策としてロスカットシステムの説明がされています。

明確にゼロカットシステムとはいっていないため少し心配かもしれませんが、色々な海外のサイトを参照してみても、TRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットを採用していることが分かります。

ちなみに、海外ではゼロカットシステムをNBP(Negative Balance Protection)と呼びます。

ご自分で海外サイトでゼロカットを調べるときはNBPで調べてみると良いと思います。

TRADEVIEW(トレードビュー)でゼロカットとならない可能性のあるケース

口座残高以上の損失を出すことのないゼロカットは非常にありがたいシステムです。

しかし、一部の条件下ではゼロカットの対象外とされてしまうこともあります。

TRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットの対象外となる条件を明確に示していませんが、数多くの海外FXブローカーでは共通して、以下の条件下の取り引きを対象外としています。

・複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレード

・過度なスキャル・スキャルピング行為

・システムの欠陥をついたトレード

TRADEVIEW(トレードビュー)ではどうなのか、ひとつずつ詳しく紹介していきます。 TRADEVIEW(トレードビュー)は両建てトレードを「同一口座」「複数口座(複数アカウント)」を問わず禁止していません。

そのため、複数口座(複数アカウント)を用いた両建てトレードだからといって、明らかにゼロカットの対象外となることはありません。

ただ、規約があるわけではないため、あまりにも悪質な場合はなんらかの不正行為とみなされることもありえます。

次に、過度なスキャル・スキャルピング行為ですが、これも不正行為とみなすのはサーバーが弱いブローカーに限られるため、TRADEVIEW(トレードビュー)では不正行為とみなされる可能性は低いといえるでしょう。

そもそも、TRADEVIEW(トレードビュー)はCurrenexといった、機関投資家や専業トレーダー向けのプラットフォームも提供している業者です。

両建てトレードやスキャル・スキャルピングを厳しく禁止していてはユーザーの利便性を著しく欠いてしまいます。

最後に、「システムの欠陥をついたトレード」ですが、これは明らかに不正行為なため、ゼロカットの対象外となる可能性は高いでしょう。

もっとも、不正行為をしておきながらゼロカットになることもないため、あまり注意する必要はないかもしれません。

結論として、TRADEVIEW(トレードビュー)では、ゼロカット対象外になるケースは他の海外FXブローカーにくらべて少ないといえます。

TRADEVIEW(トレードビュー)はゼロカットになりにくい?

TRADEVIEW(トレードビュー)ではゼロカットの適用条件が他の海外FXブローカーにくらべて緩い傾向がありました。

これは、そもそもTRADEVIEW(トレードビュー)ではゼロカットが発生しにくくなっているからとも考えられます。

多くの海外FXブローカーのロスカットレベルは20%~50%程度となっています。

一方で、TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベル(ストップアウトレベル)は100%と、国内のFXブローカーと変わらない程度に高い水準です。

ロスカットとは、保有ポジションの必要証拠金に対する有効証拠金(残高余力)と含み損益の合計割合で、この水準を下回ると強制的にポジションが決済されてしまいます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のロスカットレベルが100%ということは、同じポジションをまるまるもうひとつ保有できるくらいの余裕残高を確保していなければ、ポジションを保てないということです。

これが仮に10%や20%であれば、相場急変時に損切りが間に合わず口座残高がマイナスになる可能性も高くなります。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)のようにロスカットレベルが100%の場合は、ロスカットのタイミングが多少遅れても、余裕残高で損失を吸収できる可能性が高くなります。

そのため、結果としてTRADEVIEW(トレードビュー)では、ほんのわずかではありますがゼロカットとなる事態(口座残高マイナス)に陥るケースも少なくなるのではないかと考えられます。

おそらく、TRADEVIEW(トレードビュー)は、ゼロカットを前提としたトレードではなく、しっかりとリスク管理をしたトレードを推奨しているのでしょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

ゼロカットを全面に押し出していないTRADEVIEW(トレードビュー)にもゼロカットはあります。

しかし、ロスカットレベルが100%と、一般的な海外FXブローカーにくらべて厳しくなっているため、ゼロカットそのものが生じるケースも少なくなっています。

また、ゼロカット対象外となる不正な取り引きとみなされるケースも若干緩いようです。

TRADEVIEW(トレードビュー)では、ゼロカットに頼ったトレードではなく、それなりの資金力をもとにした慎重なトレードが向いているように思えます。