にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)は百倍以上のレバレッジが使える海外のFXブローカー。

その高いレバレッジを駆使すれば短期間で大きな利益を狙うことも可能です。

ただ、ハイレバレッジなトレードはどうしてもハイリスク・ハイリターンになりがちです。

しかし実は、TRADEVIEW(トレードビュー)にはそのリスクをある程度おさえられるゼロカットというシステムが存在します。

そこで今回はTRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットとは

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットとは、仮にトレーダーが口座残高以上の大損失を出してしまったとしても、そのマイナス分をなしにしてくれる救済システムです。

このゼロカットによりトレーダーは借金を作るリスクなしにハイレバレッジなトレードに挑戦できます。

ゼロカットはTRADEVIEW(トレードビュー)の専売特許というわけではありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)以外の海外FXブローカーの多くも同様のシステムを採用しています。

対して、国内ブローカーにゼロカットシステムはありません。

これは日本の金融庁の規制のためです。

結果として、国内ブローカーのユーザーは追証(=追加の証拠金)によって借金を作ってしまうリスクがあるのです。

しかし、国際金融ライセンスで営業しているTRADEVIEW(トレードビュー)にそのような規制はありません。

自由にゼロカットシステムを採用することが可能です。

一般的に国内ブローカーは安全というイメージがあるのではないでしょうか。

しかし実は、借金のリスクに関しては意外なことにTRADEVIEW(トレードビュー)のようなゼロカットシステムがある海外FXのほうが安全なのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)にゼロカットは本当にあるのか?

実はTRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトにゼロカットという文言はありません。

そのため本当にTRADEVIEW(トレードビュー)にゼロカットシステムがあるのかどうか不安な人も少なくないようです。

しかし、TRADEVIEW(トレードビュー)にゼロカットシステムがあることは紛れもない事実です。

そもそも、ゼロカットは日本人ユーザーに分かりやすいように海外FX業者が作り出した造語にすぎません。

また、ゼロカットという言葉はなくとも、TRADEVIEW(トレードビュー)の公式サイトには上記のような記載があります。

具体的には「client account balance(口座残高)」が決して「negative(マイナス)」にならない危機管理システムを採用していると書かれています。

機能的にはロスカットの説明ですが、どちらにしろ口座残高がマイナスになることはないという点ではゼロカットと同じことです。

TRADEVIEW(トレードビュー)にゼロカットシステムがないということはありませんので安心しましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットとロスカットの違い

TRADEVIEW(トレードビュー)にはゼロカットと似た名前のロスカットというシステムもあります。

ロスカットはポジションの含み損が一定値に達すると、それ以上に損失を拡大させないようにTRADEVIEW(トレードビュー)側で強制的にポジションを決済するシステム。

トレーダーの資産を保護するという意味ではロスカットとゼロカットは同じです。

しかし、ゼロカットがすでに生じた損失の一部をなしにしてくれるのに対して、ロスカットはあくまで損失の拡大を防ぐだけという大きな違いがあります。

TRADEVIEW(トレードビュー)が始めての海外FXという人は両者を混同しないように注意しましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットにデメリットはあるのか?

TRADEVIEW(トレードビュー)でゼロカットされることにデメリットはありません。

ゼロカットの回数に上限はありませんし、執行されることでペナルティが課されるようなこともありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)のユーザーは何度でも、なんの制約もなくゼロカットの恩恵に預かれます。

もっとも、ゼロカットされるということは口座残高がゼロになってしまうということです。 基本的には避けるべき事態であることは変わりありません。

TRADEVIEW(トレードビュー)はなぜゼロカットを採用しているのか?

TRADEVIEW(トレードビュー)がゼロカットを採用しているのは純粋にトレーダーの資産を保護するためです。

なにも、そこに後ろ暗い事情や隠れた企みなどは存在しません。

TRADEVIEW(トレードビュー)のような海外FXブローカーの多くの収入源は取引手数料。

トレーダーが大きなトレードをしてくれるほどTRADEVIEW(トレードビュー)の利益も大きくなります。

そこでゼロカットを採用することで借金のリスクを取り除き、トレーダーがより大きなトレードをしやすい環境を作っているというわけです。

このように、ゼロカットシステムはトレーダー、TRADEVIEW(トレードビュー)、双方にとってメリットのあるシステムです。 遠慮せず存分に活用していきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)でゼロカットされないときは

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットシステムは原則的にはリアルタイムで実行されます。

しかし、一時的に口座残高がマイナスのまま維持されてしまうことがまれにあります。

その場合、TRADEVIEW(トレードビュー)側でなんらかの問題が生じている可能性があります。

当然、こちら側ではどうにも対処のしようがありません。

ゼロカットが実行されない旨をTRADEVIEW(トレードビュー)のサポートデスクへ連絡して対応してもらいましょう。

ただ、TRADEVIEW(トレードビュー)はまだ日本語サポート体制が万全とは言い難い部分があります。

そのため実際に口座残高がゼロカットされるまでに若干の時間がかかるかもしれません。

異常に気づいたらできるだけ早めに問い合わせておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)のゼロカットは、トレーダーがどれだけの損失を出しても口座残高以上の損失はなしにしてくれるシステムです。

このゼロカットシステムにより、トレーダーは果敢にリスクをとってハイレバレッジなトレードに挑戦できます。

ただ、ゼロカットされるということは同時に口座残高がゼロになるということですから基本的には避けるべき事態です。

TRADEVIEW(トレードビュー)には借金のリスクがないとはいえ、あまりにも無謀なトレードばかりするのはやめておきましょう。