にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117054153j:plain

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料にはどのようなものが、どのくらいかかるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TRADEVIEW(トレードビュー)は中級者以上向けの海外FXブローカーです。

公式サイトでは手数料について詳しく解説していないため、TRADEVIEW(トレードビュー)のコストについて疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料を分かりやすく解説

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料は、以下の2種類です。

  • 取引手数料
  • 出金手数料

基本的には為替の売買で発生する取引手数料と出金手数料が、TRADEVIEW(トレードビュー)で発生する手数料です。

ただし、取引方法や入出金方法によって、TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料が分かれているケースもあります。

ひきつづき、各手数料について詳しく解説していきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料 トレード手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)のトレード手数料には、取引手数料とスプレッドがあります。

TRADEVIEW(トレードビュー)の取引手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料で、もっとも重要になってくるのが取引手数料です。

公式サイトをみても、TRADEVIEW(トレードビュー)の具体的な取引手数料は明記されていないため、こちらでみていきます。

TRADEVIEW(トレードビュー)では、口座開設のときに複数の口座タイプが選択できますが、口座タイプごとにトレーディングプラットフォームが割り当てられています。

そして口座タイプは自由に選択できますが、それぞれ発生する手数料は異なるのです。

TRADEVIEW(トレードビュー)には、以下の6つの口座タイプが用意されいています。

  • Xレバレッジ口座(MT4)
  • Xレバレッジ口座(MT5)
  • ILC口座(MT4)
  • ILC口座(MT5)
  • cTrader口座(cTrader)
  • Currenex口座(Currenex)

そして取引1回に対して発生する取引手数料に関しても、各口座において以下のような手数料が発生するルールです。

  • Xレバレッジ口座(MT4・MT5):無料
  • ILC口座 (MT4・MT5):5ドル/1LOTあたり
  • cTrader口座(cTrader):5ドル/1LOTあたり
  • Currenex口座(Currenex):6ドル/1LOTあたり

ちなみに取引手数料は、片道1回の注文当たりの相当額になるので、注文と決済で1往復すると、以下のコストがかかります。

  • Xレバレッジ口座(MT4・MT5):無料
  • ILC口座 (MT4・MT5):10ドル/1LOTあたり
  • cTrader口座(cTrader):10ドル/1LOTあたり
  • Currenex口座(Currenex):12ドル/1LOTあたり

口座タイプによって取引手数料はかなり変わるため、口座開設前にしっかりコスト計算をしておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスプレッド

またTRADEVIEW(トレードビュー)では1回当たりの注文や決済の手数料の他にも、表面化されていない手数料としてスプレッドが発生します。

スプレッドとは、同じタイミングにおける同じ通貨の売値と買値の差額をさします。

TRADEVIEW(トレードビュー)のスプレッドは変動方式が採用されていますので、取引するタイミングによってもスプレッドの幅は異なってきます。

ただしSTP方式が採用されている口座よりもECN方式を採用している口座の方が、スプレッドが狭くなることは各口座タイプの違いでしょう。

各口座タイプの平均スプレッドは以下の通りです。

STP方式を採用している口座タイプ(Xレバレッジ口座・Currenex口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY:1.8pips
  • EUR/JPY:1.9pips
  • GBP/JPY:2.3pips
  • EUR/USD:1.7pips
  • GBP/USD:2.0pips
  • AUD/JPY:2.6pips
  • AUD/USD:1.9pips

ECN方式を採用している口座タイプ(ILC口座・cTrader口座)の平均スプレッド

  • USD/JPY:0.1pips
  • EUR/JPY:0.4pips
  • GBP/JPY:0.5pips
  • EUR/USD:0.2pips
  • GBP/USD:0.5pips
  • AUD/JPY:0.5pips
  • AUD/USD:0.2pips

このようにSTP方式が採用されている口座タイプは、スプレッドが広めなぶん、手数料は無料となっています。

一方ECN口座を採用している口座タイプの場合、スプレッドがSTP方式の口座に比べてかなり狭くなっていますが、その分取引手数料が高くなっているようです。

通貨ペアの種類や取引量などによっても、どちらが手数料の負担が軽くなるのか変化するため、ぜひ検討してみましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料 出金手数料

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料として、トレード以外でかかる手数料は、出金手数料です。

出金手数料は、TRADEVIEW(トレードビュー)の資金を外部に送金したタイミングで発生するしくみです。

しかしTRADEVIEW(トレードビュー)では複数の出金方法が選択できるようになっており、出金方法によって手数料も変ります。

TRADEVIEW(トレードビュー)では、多くの出金方法が採用されていますが、bitwalletまたは海外銀行送金の2つの出金方法は、使いやすさと必要性、コスト面からおすすめです。

bitwalletの出金手数料は無料ですが、海外銀行送金を利用すると35ドル程度の手数料が発生します。

TRADEVIEW(トレードビュー)で発生する出金手数料は上の通りですが、各決済サービスごとに別途手数料が発生することもご注意ください。

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料は入金手数料と口座維持手数料については無料

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料は、基本的に取引手数料と出金手数料のみです。 基本的に他の海外FXブローカーで発生するような入金手数料や口座維持手数料はありません。

例外的なケースとしてはTRADEVIEW(トレードビュー)では6ヶ月以上トレードが行われない口座に対して50USDの口座維持手数料が発生しますが、実質的なコストにならないケースもあります。

どのようなことかというと、口座維持手数料は一時的に発生するものであり、TRADEVIEW(トレードビュー)で入金やトレードすると返金されるシステムです。

もしトレードを続けるのであれば、口座維持手数料は実質無料になると覚えておきましょう。

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料を分かりやすく解説まとめ

TRADEVIEW(トレードビュー)の手数料は、取引手数料と出金手数料の2種類が発生します。

口座維持手数料についてはトレードすることで返金されるため、実質無料と言えるでしょう。

手数料はTRADEVIEW(トレードビュー)の損益を左右するため、きちんと把握しておいてください。