にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

手厚い入金ボーナスとスプレッドの狭さが魅力のHOTFOREX(ホットフォレックス)。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)にスマホアプリがあれば、時間と場所を問わずいつでもトレードができるのではとお考えの方も多いのではないでしょうか。

たしかに24時間マーケットが動くFXではモバイルプラットフォームで取り引きできれば便利ですよね。

そこで今回はHOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)は、公式サイトで大々的に公表していないものの、実は純正のスマホアプリがあります。

スマホアプリはブラウザでアクセスするMyHoforexとほぼ同じことができます。

しかし、MyHoforexからトレードができないようにHOTFOREX(ホットフォレックス)純正のスマホアプリではアカウント管理だけしかできません。

実際の注文をスマホでしたい場合は、MT4のアプリを使う必要があります。

そこでここからは、まずはアカウント管理用のHOTFOREX(ホットフォレックス)純正スマホアプリの使い方をご紹介し、つぎにトレード用のMT4のスマホアプリの使い方をご紹介していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの入手と設定方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリは公式サイトからはダウンロードできません。

App StoreまたはGoogle Play StoreからHOTFOREXで検索してスマホアプリを探し出しましょう。

ダウンロードとインストール方法は一般的なスマホアプリとまったく同じです。

スマホへのインストールが終われば、次はHOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリへのログインです。

スマホアプリへのログインは、MyHotforexへログインする際に使うログイン情報です。 実際にトレードに使うMT4へのログイン情報とは別のものですから注意しましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの言語設定

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリは日本語表示ができません。

言語設定で変更できるのは、英語、中国語、スペイン語のみです。 スマホアプリ自体の使い勝手は良いだけに非常に残念ですね。

アプリにこだわらないのであれば、スマホでのHOTFOREX(ホットフォレックス)のアカウント管理もできなくはありません。

SafariやGoogle ChromeなどのブラウザでHOTFOREX(ホットフォレックス)公式サイト経由でMyHotforexにログインすれば、PCを使ったアカウント管理と同じことができます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)はスマホサイトもしっかりと作り込まれているので、PCサイトを拡大して閲覧するような面倒もありません。

そうなると、わざわざHOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリを使うメリットもなさそうですが、スマホアプリならではの機能もあります。

英語表示に抵抗がなければ、スマホアプリを使う利点は十分にあります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリからの入金方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリのホーム画面では、下方に「Rate」「News」「Watchlist」などいくつかのメニューがあります。

そのなかで、もっともお世話になるのが「Deposit」でしょう。

「Deposit」は、アイコンのとおり入金画面へのショートカットですが、実はそのとなりにある「myHF」からも同じ操作ができます。

また、myHFからは他に出金やHOTFOREX(ホットフォレックス)内の口座間での資金移動もできます。

ただし、HOTFOREX(ホットフォレックス)の純正スマホアプリから実際のトレードはできません。

「deposit」をタップすると以下のように入金方法を選ぶ画面に移ります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリで選べる入金方法は、クレジットカード(VISA,JCB)と各種オンライン決済サービスです。

ここではクレジットカードを選んでみます。

画面の指示にしたがっていくとクレジットカードの詳細情報を入力する画面に移ります。

「CVV2」「CVC2」「CAV2」はクレジットカード裏面に記載されている3桁の数字です。

「pay」をタップすると入金申請が完了します。

実際にHOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリを使ってみると分かりますが、正しく画面遷移がされないことがあったりと、まだ少し不安定な部分があります。

アプリ自体は定期的にアップデートがされているので、日本語対応も含めて今後の改善に期待したいところです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリから口座開設も可能に

従来、資金管理までしかできなかったHOTFOREX(ホットフォレックス)の純正アプリからも、新規口座の開設ができるようになりました。

新規口座開設は「myHF」→「My Account」→「My Trading Account」の順にタップしていき「Open Trading Account」選択して作ります。

手続き自体はHOTFOREX(ホットフォレックス)の公式サイトから新規口座を作るときと変わりありません。

ただ、スマホアプリでは口座情報やボーナスの詳細などの説明がすべて英語になってしまいます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリ(MT4)から注文する方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)純正のスマホアプリからはアカウント管理はできても注文はできません。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)は公式にサードパーティ制のモバイルトレーディング環境としてMT4のスマホアプリを採用しています。

App StoreとGoogle Play Storeのいずれにも高機能なMT4アプリがありますので、インストールして使いましょう。

MT4はサードパーティ制のスマホアプリのため、基本的な使い方や表示画面は登録するブローカーにかかわらず共通です。

上記はMT4スマホアプリの気配値表示です。画像下方の基本メニューからほかにチャート表示への切り替えもできます。

注文は気配地表示とチャート表示からもできますが、「トレード」から直接注文を出すこともできます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)はアカウント管理に使える純正のスマホアプリがあります。

機能自体は充実しており、PCでできることはスマホアプリでもほぼできるようになっています。

しかし、日本語に対応していないこと、やや動作が不安定なことから、いまのところあえてスマホアプリを使うメリットは少ないといわざるを得ません。

また、実際のトレードはHOTFOREX(ホットフォレックス)純正スマホアプリからはできません。

スマホでトレードしたい方はMT4のスマホアプリを使いましょう。