にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

マイクロ口座ならば最大1,000倍までのレバレッジ取引(FX)ができるHOTFOREX(ホットフォレックス)。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)で海外FXを始めてみたい方も少なくないでしょう。

しかし、リターンの大きいレバレッジ取引(FX)のやり方は難しくないのでしょうか。

また、手数料などはかかるのでしょうか。

そこで今回はHOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料について分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の倍率の設定の仕方

HOTFOREX(ホットフォレックス)では口座開設時、まずはじめにレバレッジ取引(FX)の倍率設定を行います。

マイクロ口座は最大1,000倍までのレバレッジ、それ以外の口座は400~500倍の倍率から自由に選べます。

基本的に、ここで選んだ倍率以上のレバレッジ取引(FX)はできなくなりますが、あとから自由にHOTFOREX(ホットフォレックス)のアカウント管理ページ(MyHotforex)から変更できます。

はじめはリスクをおさえてレバレッジ取引(FX)をしたいが、いずれハイレバレッジな取引もするつもりという方はマイクロ口座で低レバレッジ設定にしておくと良いでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の注文方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)では取引プラットフォームとしてMT4(メタトレーダー4)もしくはMT5(メタトレーダー5)を提供しています。

ちなみに、MT4もMT5も同じプラットフォームのバージョン違いです。

新バージョンのMT5は動作が軽いですが、まだカスタム性に欠けるところがあり、MT4を愛用している方も少なくありません。

いずれのプラットフォームでもレバレッジ取引(FX)の注文方法は変わりません。

ここからはMT4を例としてレバレッジ取引(FX)のやり方をご説明します。

そもそも、レバレッジ取引(FX)とはHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座に入金した金額を保証金(証拠金)として、自己資金の何倍もの取引ができるものです。

FXに慣れていない方はなんとなく「自己資金」と「レバレッジ倍率」を選んで注文するのではないかと考えるかもしれません。

たとえば、「10万円の証拠金に200倍のレバレッジをかけて取引したい」から注文画面では「10万円の証拠金を設定してレバレッジは200倍を選択する」というように。

しかし、HOTFOREX(ホットフォレックス)でレバレッジ取引(FX)をする場合、「レバレッジ倍率」は選べません。

注文画面で自由に選べるのは、通貨ペアの注文数量です。

すると、注文数量したレバレッジ取引(FX)の総額からHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座に設定したレバレッジ倍率に応じた必要証拠金が自動的に計算されます。

たとえば、最大1,000倍までのレバレッジ取引(FX)ができるHOTFOREX(ホットフォレックス)のマイクロ口座に400倍のレバレッジを設定していた場合は、自動的に400倍のレバレッジ取引として必要証拠金が計算されます。

もし、別の倍率でレバレッジ取引(FX)がしたい場合は、MyHotforexからレバレッジ取引(FX)設定を変更するか、別の口座を追加で作る必要があります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の倍率確認方法

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の注文方法では、自動的に必要証拠金が計算されるMT4を使うことで、レバレッジの倍率をあまり意識することがありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)複数口座を運用している場合、自分がいったい何倍のレバレッジ取引(FX)をしているのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときはMT4の「ナビゲーター」ウィンドウに表示される自分のアカウントにマウスポインターを重ねると、レバレッジが確認できます。

「1:1000」や「1:500」という表示が見つけられると思います。

それぞれが1,000倍、500倍のレバレッジという意味です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の手数料

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)自体に手数料はかかりません。

しかし、レバレッジ取引(FX)をするかどうかにかかわらず、HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座には取り引きに基本手数料がかかります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座の手数料は通貨ペアによって以下のように変わります。

・USDメジャー通貨・・・往復6ドル

・USDメジャー通貨以外・・・往復8ドル

・EURメジャー通貨・・・往復5ユーロ

・EURメジャー通貨以外・・・往復7ユーロ

・NGNメジャー通貨・・・2,200ナイジェリアナイル

・NGNメジャー通貨以外・・・2,900ナイジェリアナイル

これは海外FXブローカーとしては一般的な手数料水準です。

また、HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座以外ではレバレッジ取引(FX)であるかどうかにかかわらず、取引基本手数料は無料です。

ただ一方で、HOTFOREX(ホットフォレックス)のその他の口座は、事実上の手数料ともいえるスプレッドがZERO口座に比べて広くなってしまいます。

スプレッドとは通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)の差額で、この差額分がブローカーの収益源となるため事実上の手数料と考えられるのです。

スプレッドは一定のものではなく市場環境やタイミングによってある程度変動します。

一例としてUSD/JPYのスプレッドを挙げるとすると、HOTFOREX(ホットフォレックス)のZERO口座以外のスプレッドは1.7です。

対して、ZERO口座はその名のとおりUSD/JPYであれば最小0.0スプレッドとなっています。

レバレッジ取引(FX)はレバレッジをかければかけるほど取り引きする通貨の数量も増えるため、1通貨あたりにかかる事実上の手数料であるスプレッドの狭さは重要です。

ちなみに、国内のFXブローカーではUSD/JPYのスプレッドは平均値で0.2~0.3と大変狭くなっています。

しかし、国内FXブローカーは金融庁の管轄下にあるため、最大レバレッジが一律25倍であり、ハイリターンが狙えないというデメリットもあります。

それぞれの特徴を理解して、国内のFXブローカーとHOTFOREX(ホットフォレックス)のような海外FXブローカーと、いずれがご自分のトレードスタイルに適しているかよく検討しましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)の制限

海外FXブローカーでは証拠金残高や保有ポジション数によって、最大レバレッジに制限がかかることも珍しくありません。

そして、HOTFOREX(ホットフォレックス)では300,000ドル以上の証拠金残高でレバレッジに制限がかかります。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は具体的な制限の内容は公表していませんが、他の海外FXブローカーでは最大レバレッジを200倍~500倍まで下げることが多いようです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説 まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)は、マイクロ口座ならば1,000倍までのレバレッジ取引(FX)ができます。

口座開設時に設定したレバレッジ倍率はMT4の注文時に都度変更することはできませんが、アカウント管理ページのMyHotforexからいつでも自由に変更できますし、レバレッジ倍率の違う複数口座を運用することもできます。

また、レバレッジ取引(FX)自体には取引手数料や利用手数料はかかりません。

レバレッジ取引(FX)であるか否かどうかにかかわらず発生する、事実上の手数料であるスプレッドに注意しましょう。