にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【5位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)を利用している人の中には、突然の口座凍結で困っているという人もいるのではないでしょうか。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では、一定の条件を満たしてしまうと自動で口座凍結をされてしまう場合があります。

そこで今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結の理由と解除方法について分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結は休眠口座(アーカイブ化)として起きる場合が多い

HOTFOREX(ホットフォレックス)は海外FXブローカーの中でも、日本だけに止まらず世界的に人気の高い業者の1つです。

アプリなどが日本語非対応となっているためまだまだ日本人利用者はそれほど多くはありませんが、今後も国内の登録者数を増やしていくことが見込まれるでしょう。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)を利用している人の中には、突然HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結にあって困っているという人もいるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結のおもな原因は、一定日数以上の口座の未使用によるものです。

そもそもHOTFOREX(ホットフォレックス)のような海外FXブローカーでは、口座維持のコストをおさえるために一定期間利用されていない口座は口座凍結したり休眠口座扱いにするところが多くなっています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)も同様に、口座凍結にあたる休眠口座ルールを採用しており、60日以上取引がなく放置された口座は休眠口座扱いとなるようです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では、60日以上の口座未使用により休眠口座となった口座のことを「アーカイブ口座」とも呼んでいます。

同じ大手海外FXブローカーであるXMやFBSなども、一定期間未使用による口座凍結というルールを採用していますが、どちらも未使用期間が90日以上で休眠口座扱いとなるようです。

他にも口座未使用期間が90日以上で休眠口座扱いとする海外FXブローカーが多いため、口座未使用期間60日以上で休眠口座となるHOTFOREX(ホットフォレックス)は、休眠口座扱いになる条件の期間が他社に比べて短めだといえるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結は口座維持手数料が発生する場合も

またHOTFOREX(ホットフォレックス)では口座未使用期間60日以上が経過すると口座凍結扱いになるのに加えて、さらに一定期間がすぎると口座維持手数料が発生する場合もあるようです。

口座維持手数料が発生するのは口座凍結されてから、さらに90日が経過した場合となっています。

よって、HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座を60日間利用せず、さらにそのまま90日が経過すると「口座凍結+手数料の発生」という扱いを受けることになるので注意してください。

口座維持手数料は毎月5ドルが口座残高より自動で引き落とされることになります。

ただし口座維持手数料の引き落としにより、口座残高がゼロになると口座自体が抹消されることもありません。

口座はそのまま残りますので、次項の手順にしたがって口座凍結を解除していきましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結は取引履歴も入手できなくなる

さらにHOTFOREX(ホットフォレックス)で口座凍結になると、過去の取引履歴も入手できなくなります。

必要性は人によっても異なりますが、 確定申告を行う人やHOTFOREX(ホットフォレックス)で一定額以上の所得がある人ならHOTFOREX(ホットフォレックス)の取引履歴が必要になってくるでしょう。

本来はHOTFOREX(ホットフォレックス)の取引履歴を申告しなければならないような状況で、口座凍結により申告できない状況になると、申告漏れとして何かしらのペナルティが課せられる可能性もあります。

確定申告が必要な人であれば、口座凍結を復活させて取引履歴を入手しておきましょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結(休眠口座・アーカイブ化)の解除方法

60日以上の口座未使用により口座凍結されてしまったHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座でも、口座凍結を解除して再び利用することができます。

ここでは、一度口座凍結(休眠口座・アーカイブ化)されてしまった口座の解除方法の手順を詳しくみていきましょう。

まずはHOTFOREX(ホットフォレックス)の公式サイトからHOTFOREX(ホットフォレックス)のマイページにあたる「MyHF」にログインしてください。

「MyHF」にログインすると、メイン画面上に「マイ取引口座」という項目が表示されるので、左側に表示されているマイ取引口座のメニューボタンをクリックしていきましょう。

マイ取引口座の詳細画面が表示され、マイアカウントの中に利用している口座の一覧が表示されますので、タブの中から「アーカイブ口座」をクリックしていきましょう。

この「アーカイブ口座」の中に表示されている口座が、現在HOTFOREX(ホットフォレックス)で口座凍結されている口座です。

あとは手順にしたがって口座凍結の解除依頼をHOTFOREX(ホットフォレックス)のサポートセンターに申請すれば口座凍結が解除されるでしょう。

またHOTFOREX(ホットフォレックス)でアーカイブ口座に口座残高が入っていた場合、口座を復活させると口座残高も引き出せるようになります。

ただし一度口座維持手数料として徴収された分に関しては返金されませんので、できるだけ口座維持手数料が発生するまえに口座を復活させるのがよいでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結がブローカーとのトラブルにより起きた事例は今のところなし

またHOTFOREX(ホットフォレックス)では、ブローカー側とのトラブルにより口座凍結が起きたという口コミは今のところみあたりませんでした。

利用者側が明らかな利用規約違反を犯した場合には口座凍結される可能性も十分にありますが、ブローカー側の一方的な理由で不正利用が疑われ口座凍結されたという評判はありません。

よってHOTFOREX(ホットフォレックス)は安心して取引ができるブローカーだといえるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の口座凍結の理由と解除方法について分かりやすく解説してきました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では60日以上の口座未使用により口座凍結にあたる、休眠口座扱いが執行されます。

ただしサポートセンターへの連絡で口座凍結は解除されますので、凍結になった口座を復活させたい場合には速やかにサポートセンターへの連絡を行いましょう。