にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は最大1000倍のレバレッジによるハイリスク・ハイリターントレードが可能です。

ハイレバレッジ取引は、大きな利益をめざせる一方、大損する可能性もあるため、HOTFOREX(ホットフォレックス)のリスク管理について把握しておきたいという方もいるでしょう。

そこで必要な知識はHOTFOREX(ホットフォレックス)の追証・ロスカット、証拠金維持率です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは、証拠金を担保にトレードする、レバレッジ取引でかかせない知識です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証なしでロスカット執行になる

国内FXブローカーでレバレッジ取引を行ってきた方は、追証が発生することを当然と考えている方は多いはずです。

追証とは、その名の通り、保有しているポジションに証拠金を追加入金することをさします。

まず結論をいいますと、HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証なしでロスカットが執行となります。

そして追証とロスカットの執行の目安は、証拠金維持率が基準になっています。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは?

レバレッジ取引は、まず証拠金を担保にポジションを保有し、レート変動によってポジションに含み益を発生させて、最終的に決済して損益を口座へ反映させることを目的としています。

ところがレート変動は思うようにはいかず、不利な方向に進んでしまった場合に含み損が発生すると、ポジションの証拠金の割合は低下し、一定を下回るとトレードの強制決済、すなわちロスカットにいたるケースもあるのです。

このポジションの証拠金に対して含み損益を考慮した、純粋な証拠金の割合を証拠金維持率といいます。

含み損が発生した場合、ポジションの証拠金の割合を回復するために、追加入金することを追証と言い、証拠金の割合を回復させることで、ロスカットを回避することができます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証なしでロスカット執行になるメリット

このように追証は一見親切な制度に見えますが、ロスカットが近づいていることを知らせるマージンコールが発生して、期限内に追証を支払わなかった場合、国内FXブローカーではペナルティが課せられてしまうという厳しい条件があります。

また追証は、トレードの初期費用である証拠金を超える金額を投入することになります。

よって万が一ポジションがロスカットされたら、証拠金以上の資金を失うことになるため、一丸にメリットが高いとは言えないでしょう。

しかも追証のロスカット回避は一時的なものにすぎず、レートが不利な方向にすればふたたびロスカットの危機にされされることになります。

一方、HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証制度がないため、マージンコールが発生したときに証拠金を入金しなくても、ペナルティが課せられる心配はありません。

また初期費用以上の資金を失うことがないことも、追証なしのメリットだと言えるでしょう。

HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証のかわりにゼロカット制度が採用されている

なぜ国内FXは追証を採用していて、海外FXのHOTFOREX(ホットフォレックス)が追証を採用していないのか、それは金融ライセンスが異なるためです。

金融庁の傘下にある国内FXブローカーの金融ライセンスでは、追証制度が義務づけられています。

一方、海外FXのHOTFOREX(ホットフォレックス)の拠点国で取得する金融ライセンスでは追証が義務付けられていません。

そのかわりにHOTFOREX(ホットフォレックス)ではゼロカット制度が採用されています。

ゼロカット制度とは、たとえばHOTFOREX(ホットフォレックス)の相場が急変し、ロスカットが間に合わずに莫大な損失が発生した場合、借金として返済しなくてもよいという海外FX独自の制度です。

損失によってマイナスになった口座残高を、HOTFOREX(ホットフォレックス)が無条件でゼロまでリセットします。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では追証がないだけでなく、ゼロカット制度が採用されているため、借金リスクなく安心してトレードできます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカット水準である証拠金維持率は口座タイプごとに異なる

追証がないHOTFOREX(ホットフォレックス)では、マージンコールが発生して、証拠金維持率が一定を下回った場合に、ロスカット執行となりポジションは決済されてトレード終了となります。

証拠金維持率は、FXブローカーごとに定められているロスカットの執行水準ですが、HOTFOREX(ホットフォレックス)では取引口座タイプごとに異なります。

以下の証拠金維持率を下回った場合に、HOTFOREX(ホットフォレックス)ではロスカットが執行されます。

  • プレミアム口座:証拠金維持率20%
  • マイクロ口座:証拠金維持率10%
  • ZERO口座:証拠金維持率20%
  • AUTO口座:証拠金維持率20%
  • COPY口座:証拠金維持率20%

ロスカット水準を比較すると、マイクロ口座のみ証拠金維持率10%と低く、その他のHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座タイプは証拠金維持率20%です。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカット水準を競合の海外FXブローカーと比較すると、HOTFOREX(ホットフォレックス)のマイクロ口座はiFOREXにつぐ低水準であることがわかります。

プレミアム口座やZERO口座においても、HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカット水準は平均的~低めにあることがわかりました。

  • XM:証拠金維持率20%
  • AXIORY:証拠金維持率20%
  • iFOREX:証拠金維持率0%
  • BigBoss:証拠金維持率20%
  • is6FX:証拠金維持率50%
  • TradeView:証拠金維持率100%

HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカットリスクを軽減したい方は、マイクロ口座によるトレードをおすすめします。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証がなく、証拠金維持率が20%、マイクロ口座のみ10%でロスカット執行となります。

追証のメリットはロスカットを回避できることですが、追証をしないとペナルティがや追証しても借金リスクがあるため、メリットの方がわかりにくいのが現実です。

一方、追証のかわりにゼロカット制度があり、ロスカット水準も低いため、

HOTFOREX(ホットフォレックス)は安心してトレードしやすい環境と言えます。