にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【4位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【5位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200117050624j:plain

最大1000倍のレバレッジトレードができる海外FXブローカーのHOTFOREX(ホットフォレックス)。

そんなHOTFOREX(ホットフォレックス)に興味を持っている人の中には、HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証ルールやロスカット水準となる証拠金維持率がどれくらいなのか知りたいという人もいるでしょう。

特に海外FXブローカーを利用するのが始めてという人の場合、事前にHOTFOREX(ホットフォレックス)の追証やロスカットのルールについてしっかり調べておくことは重要です。

そこで今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証・証拠金維持率・ロスカットを分かりやすく解説していきます。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証・証拠金維持率・ロスカットを分かりやすく解説

HOTFOREX(ホットフォレックス)は追証なしでロスカットが執行される

これまで日本国内のFXブローカーを利用していた人であれば、追証ルールが適用されるのが当たり前だと思っている人もいるかもしれません。

そもそも追証とは「追加証拠金」の略であり、追加で支払う証拠金のことを指しています。

トレーダーがポジションを保有している状態で、ロスカット水準である一定の証拠金維持率を下回る前にこの追証を支払うことによって本来ロスカットされてしまうような場面でもポジションを引き続き保有することができるのです。

またブローカー側から追証が求められた場合には期限内に支払う必要があり、期限内に追証が支払えなければブローカー側にペナルティを課せられます。

しかしHOTFOREX(ホットフォレックス)にはこの追証ルールが採用されていませんので、ロスカットが執行されるまでに追証を支払わなかったとしてもペナルティが課せられることはありません。

国内FXブローカーには追証ルールが採用されており、海外FXブローカーであるHOTFOREX(ホットフォレックス)には追証ルールが採用されていないのには、それぞれが取得している金融ライセンスが関係しています。

国内FXブローカーが取得している日本の金融庁のライセンスでは追証ルールを導入することが義務化されているのです。

一方の海外FXブローカーであるHOTFOREX(ホットフォレックス)では、拠点となる国の金融ライセンスを取得しているため、追証ルールが義務化されていません。

よってマージンコールがかかってロスカットが迫っていても追証を支払って借金をする必要がないのです。

また急なレートの変動などにより、ブローカー側のロスカット水準となる証拠金維持率でロスカットが執行されず、レートが大きく下回った(または上回った)タイミングでロスカットが執行されることもあるでしょう。

しかしHOTFOREX(ホットフォレックス)のような海外FXブローカーの場合、ゼロカットというルールも採用されています。

ゼロカットは、万が一ロスカットが間に合わずに証拠金維持率がマイナスになってしまった場合でも、証拠金のマイナス分をHOTFOREX(ホットフォレックス)側が補填してゼロにリセットしてくれるというルールです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では追証を支払う必要もなく、ゼロカットによって証拠金がマイナスになる心配もないので借金を背負うリスクがありません。

HOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカットが執行される証拠金維持率は口座タイプによっても異なる

追証ルールのないHOTFOREX(ホットフォレックス)では、マージンコールがかかった後に一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されて強制的にポジションが決済されます。

そしてこのロスカット水準となる証拠金維持率はHOTFOREX(ホットフォレックス)の口座タイプによっても違いがあるのです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)には5つの口座タイプが用意されていますが、ロスカット水準となる証拠金維持率は以下のように設定されています。

  • マイクロ口座...ロスカット水準は証拠金維持率が10%を下回った時点
  • プレミアム口座...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点
  • ZERO口座...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点
  • AUTO口座...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点
  • COPY口座...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点

HOTFOREX(ホットフォレックス)でEAトレードなどを考えずに裁量トレードを行うのであればマイクロ口座・プレミアム口座・ZERO口座のいずれかを利用していくことになるでしょう。

そしてこの口座タイプの中でマイクロ口座のみが、証拠金維持率10%を下回った時点でロスカットが執行されるルールになっています。

またHOTFOREX(ホットフォレックス)のロスカット水準が他の海外FXブローカーと比較して高いのか低いのかも比較してみましょう。

  • XM...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点
  • AXIORY...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点
  • LAND-FX...ロスカット水準は証拠金維持率が30%を下回った時点
  • iFOREX(アイフォレックス)...ロスカット水準は証拠金維持率が0%を下回った時点
  • FBS...ロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回った時点

このようにほとんどの海外FXブローカーが証拠金維持率20%でロスカットが執行されるというルールになっており、HOTFOREX(ホットフォレックス)のプレミアム口座とZero口座に関しては、海外FXブローカーの平均的なロスカット水準だといえるでしょう。

そして上記の海外FXブローカーをみてもロスカット水準が20%以下に設定されているのは、iFOREX(アイフォレックス)のみです。

このiFOREX(アイフォレックス)の証拠金維持率0%のロスカット水準を適用している海外FXブローカーは他にはみられず、HOTFOREX(ホットフォレックス)のマイクロ口座のロスカット水準となる証拠金維持率10%もかなり珍しくなっています。

よってできるだけロスカットをさけたいという場合には、HOTFOREX(ホットフォレックス)のマイクロ口座の利用がおすすめです。

HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証・証拠金維持率・ロスカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、HOTFOREX(ホットフォレックス)の追証・証拠金維持率・ロスカットを分かりやすく解説してきました。

HOTFOREX(ホットフォレックス)では追証ルールがなく10%〜20%の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されます。

口座タイプによってもロスカット水準が異なりますので、より自分に合った口座タイプを選んでいきましょう。