にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXのレバレッジ比較とおすすめを分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXのレバレッジを比較して、おすすめの業者を導き出したい。

国内FXと海外FXのレバレッジを比較した差を知って、どちらがおすすめなのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

海外FXはハイレバレッジ取引できますが、実際どのくらいのレバレッジで取引できるのか、把握していない方も多いはずです。

また海外FXのハイレバレッジにおけるメリットとデメリットについてよくわからないという方もいいるでしょう。

国内FXユーザーにとって、海外FXのレバレッジは未知の領域ですので、各業者のレバレッジを比較したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここでは海外FXと国内FXのレバレッジを比較し、海外レバレッジの最大レバレッジを一覧にして、おすすめ業者についてみていきましょう。

海外FXのレバレッジ比較とおすすめを分かりやすく解説

海外FXは追証なし・ゼロカットのもと、ハイレバレッジ取引を行うことができます。

レバレッジ取引は、証拠金を担保にすることで、レバレッジをかけた金額で取引できる、ハイリスク・ハイリターントレードです。

海外FXと国内FXのレバレッジを比較すると、海外FXのほうが圧倒的な大きなレバレッジでトレードできます。

海外FXのレバレッジと国内FXを比較しておすすめは?

海外FXのレバレッジと国内FXのレバレッジを比較してみましょう。

まず海外FXのレバレッジは、100倍から3000倍と、業者によってレバレッジは異なります。

国内FXは、個人口座の場合は5倍から25倍、法人口座は5倍から100倍と、個人・法人で異なります。

レバレッジを比較した結果、国内FXよりも海外FXのほうが圧倒的なハイレバレッジトレードを行うことができます。

海外FXのハイレバレッジは、大きな利益を狙えますが、含み損が大きくなるためロスカットされやすく、大きな損失になる可能性があります。

一方、国内FXのレバレッジは、運用資金を増やさないと利益は狙いにくいですが、含み損も小さいためロスカットされにくく、損失額も小さく抑えることができます。

比較した結果、海外FXはハイリスクハイリターン、国内リスクはリスクを抑えながら小さな利益を狙うことができるため、どちらがおすすめなのかはトレーダーのニーズによって異なるでしょう。

ただし国内FXは損失を借金として返済しなければいけませんが、海外FXはたとえ大きな損失が発生しても、ゼロカットによる損失補てん制度により借金の返済リスクはありません。

国内FXはロスカットを回避するために、証拠金を追加入金する追証を利用できますが、あくまでも一時的な効果にすぎず、相場が有利に進まない限り、またロスカットの危機がせまります。

追証してロスカットされた場合、国内FXは証拠金と追証を没収され、損失を借金として返済しなければいけませんが、海外FXは追証がないため証拠金の没収だけで済むうえ、借金返済はブローカーに肩代わりしてもらえます。

借金リスクを比較した結果、国内FXよりも海外FXのほうが圧倒的に有利と言えるため、おすすめです。

海外FXのレバレッジ取引を比較しておすすめの業者を把握しよう

海外FXのレバレッジ取引におすすめの業者を把握するためには、最大レバレッジ・スプレッド・ロスカット水準を押さえて選ぶ必要があります。

海外FXの最大レバレッジを比較 おすすめの業者

では海外FXの最大レバレッジを一覧にして比較し、おすすめの業者はどこなのかを明確にしていきます。

多くの業者は、最大レバレッジを適用できる口座としてスタンダード口座を採用しているため、ここでは海外FXのスタンダード口座における最大レバレッジを比較します。

  • TitanFX 500倍
  • iForex 400倍
  • GEMFOREX 1000倍
  • TradeView 500倍
  • BigBoss 999倍
  • AXIORY 400倍
  • XM 888倍
  • HotForex 1000倍

海外FXの最大レバレッジを比較した結果、GEMFOREXとHotFofexは1000倍ともっとも高く、つづいて999倍のBigBoss、500倍のTitanFXとTradeView、400倍のiFOREXとAXIORYの順になりました。

最大レバレッジが高いほど、必要証拠金を抑えてトレードできることから、おすすめの業者と言えるでしょう。

ただしレバレッジ取引で重要なのは最大レバレッジだけではなく、スプレッドが狭いこと、ロスカット水準が低いこと、じゅうぶんな口座残高を準備することも利益をめざすためには重要です。

つづいて海外FXのレバレッジ取引のスプレッドとロスカット水準でおすすめの業者についてみていきます。

海外FXのレバレッジ取引のスプレッドを比較 おすすめの業者

海外FXのレバレッジ取引におけるスプレッドを比較して、おすすめの業者を明確にします。

スプレッドとは、ひとつの通貨ペアにおける売値と買値の差額をさしており、レバレッジ取引のトレードコストとして負担しなければいけません。

できるだけスプレッドの狭い業者選択することをおすすめします。

レバレッジ取引におけるスプレッドは、取引数量が増えることを示すため、レバレッジ倍率のぶんだけ、コスト負担は増えます。

  • TitanFX 1.3pips
  • iForex 1.1pips
  • GEMFOREX 1.2pips
  • TradeView 1.7pips
  • BigBoss 1.6pips
  • AXIORY 1.3pips
  • XM 1.6pips
  • HotForex 1.6pips/li>

海外FXのスプレッドを比較した結果、iFOREXがもっとも狭く、ついでGEMFOREX、TitanFX、AXIORYの順に狭いため、レバレッジ取引におすすめと言えるでしょう。

海外FXのレバレッジ取引のロスカット水準を比較 おすすめの業者

海外FXのレバレッジ取引のロスカット水準を比較して、水準が低いおすすめ業者を明確にしていきましょう。

ロスカット水準とは、レバレッジ取引でポジションを保有したとき、レート変動によって含み損が増えて証拠金が一定割合を下回ってしまったときに、ポジションを強制決済することをさいます。

ポジションで多くの含み損を抱えてロスカットまでの猶予をもたせるためにはロスカット水準の低い業者を選ぶことをおすすめします。

  • TitanFX 20%
  • iForex 0%
  • GEMFOREX 20%
  • TradeView 100%
  • BigBoss 20%
  • AXIORY 20%
  • XM 20%
  • HotForex 10%

海外FXのロスカット水準を比較した結果、iFOREXは0%と最低レベルを示し、ついで10%のHotForex、そして20%のTitanFX・GEMFOREX・BigBoss・AXIORY・XMも低いため、レバレッジ取引におすすめと言えます。

【結論】海外FXのレバレッジ取引におすすめの業者

海外FXのレバレッジ取引におすすめの業者を、最大レバレッジ・スプレッド・ロスカット水準から総合的に判断してみましょう。

GEMFOREXは、最大レバレッジ1000倍・スプレッド1.2pips・ロスカット水準20%であるため、海外FXのレバレッジ取引におすすめです。

海外FXの中でも充実したボーナス制度を利用できるため、証拠金を増やしてお得にトレードできることからも、レバレッジ取引におすすめと言えるでしょう。

海外FXのレバレッジ比較とおすすめを分かりやすく解説まとめ

海外FXのレバレッジを比較して、おすすめの業者をご紹介しました。

国内FXと比較すると、海外FXは最大レバレッジだけでなく、追証なし・ゼロカット採用であることからもおすすめと言えるでしょう。

ここでは最大レバレッジ・平均スプレッド・ロスカット水準から独自におすすめの海外FXをご紹介しましたが、各トレーダーと相性は異なりますので、自分にあう業者を選んでください。