にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの副業を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXで副業を始めたいけれど、職場にバレるのか不安。

もし海外FXで副業を始めた場合、職場にバレないようにするためには、なにか方法はあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXの副業に興味はあるものの、いざ職場にバレるリスクを考えると、踏み出すことができないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ここでは海外FXの副業における税金や職場にバレるリスクや、バレないための対処法などについて解説していきます。

海外FXの副業を分かりやすく解説

海外FXの副業は、ネット環境さえあれば場所や時間にとらわれず、自分のライフスタイルに合わせてはじめられることが大きな魅力です。

一方海外FXを副業にするデメリットは、アルバイトのように確実に報酬を獲得できるわけではなく、負けてしまった場合は自己資金を失うリスクがあることでしょう。

海外FXを収益に結びつけるためには専門知識が必要で、実践を重ねてようやくまとまった副収入を得られるようになります。

はじめたからといってすぐに収益を得られるわけではありませんが、たとえ副業であったとしても、海外FXで一定の儲けが見込めるようになった場合、税金を意識する必要があります。

税金がきっかけで職場に海外FXの副業がバレてしまうケースは多いですが、税金を納めずに税務署で発覚した場合は、重税のペナルティが課せられます。

税務署に脱税が発覚した場合、最終的に職場でもバレてしまうため、必ず海外FXの副業における収益は確定申告して税金を納めましょう。

海外FXの副業における税金とは?

海外FXの副業における税金とは、所得すなわち儲けに対して発生する所得税をさします。

所得は、事業所得・給与所得・退職所得・不動産所得・山林所得・配当所得・利子所得・譲渡所得・一時所得・雑所得の10種類に分類されており、海外FXの所得は「雑所得」に分類されます。

雑所得はさらに分類され、国内FXは「分離申告課税」ですが、海外FXは「総合課税」に該当します。

総合課税とは、雑所得と他9所得の合計金額で確定申告しなければいけないものをさし、分離申告課税は同じ分離申告課税に該当する所得だけで確定申告するものをさします。

海外FXの「雑所得の総合課税」の税金は、所得に応じて5%~45%の税率を乗じることで算出されます。

所得税は確定申告で税金を算出して納税しますが、確定申告の手続きを完了すると、自動的に住民税の対象になります。

住民税の税率は一律10%ですので、所得税と合計すると、年間15%~55%の税金を支払うことになります。

ただし海外FXの副業における確定申告はすべての人に必要ではなく、年間所得20万円を超える場合のみで、20万円以下の方は必要ありません。

海外FXの所得は、給与所得との合計額で年間所得を算出すると述べました。 ただし職場で年末調整を行っている方の給与所得については、職場が源泉徴収して納税を代行するため、海外FXの所得だけで確定申告を行うことができます。

一方、給与所得が年間2000万円を超える方については職場で年末調整を行わないため、海外FXの所得と給与所得の合計額で確定申告を行いましょう。

海外FXの副業が職場にバレる原因は住民税

副業で得た海外FXの所得は、個人で確定申告して所得税と住民税を納める必要があります。

所得税は国税庁の管轄ですが、住民税は都道府県・市町村であるため、納付先や納付期限は異なります。

海外FXの副業の確定申告すると、所得税はその場で納めることができますが、住民税は納付時期が異なるため、納付書は職場に送付されてしまいます。

予定していた納税額よりも高額であった場合、副業していることがバレることになるでしょう。

海外FXの副業が職場にバレないようにする方法

海外FXの副業が職場にバレないようにする方法があります。

確定申告のとき、住民税の納付方法で「普通徴収」を選択し、さらに住民税の納付で「自分で納付」を選択することです。

これで海外FXの副業における住民税の納付書は、自宅に送付されます。

自分で住民税を納めることで、海外FXの副業について職場にバレることはありません。

従来通り、給与の住民税は職場が納税を行いますが、職場から従業員の住民税やマイナンバーなど、個人的な情報を把握することはできないためご安心ください。

海外FXの副業の住民税の納付における注意点

海外FXの副業の住民税の納付における注意点がいくつかあるためみていきましょう。

まず住民税を納める資金は、あらかじめ準備しておき、必ず納付期限内に納付してください。

金融機関だけでなくコンビニ納付にも対応しています。

万が一、住民税の納付を忘れてしまったり、納付期限を過ぎてしまったりすると、ペナルティとして重税が課せられます。

重税の割合はケースによって異なりますが、2ヶ月以内に納めれば延滞税は年率7.3%、これを過ぎると延滞税率は倍になります。

延滞税については年率ですので、365日で割った1日ぶんの遅延税を日数分支払います。

住民税の資金が準備できない場合に納税を行わない、そもそも確定申告をしていない場合は、本来おさめるべき住民税のほか、無申告加算税が課せられます。

無申告課税は、納税額50万円以下の場合は15%、納税額50万円を超える部分については20%と非常に高額です。

万が一、納付期限を過ぎてしまっても、納付しないという選択肢はありませんので、必ず納付してください。

海外FXの副業を分かりやすく解説まとめ

海外FXの副業は、時間と場所にとらわれずにできるため、非常に魅力的です。

ただし海外FXで収益を得た場合、年間所得が20万円を超えたらわすれずに確定申告を行い、所得税と住民税を納めてください。

確定申告は必ず行う必要がありますが、海外FXの副業がバレるきっかけにもなりますので、住民税のチェックを必ず行いましょう。

海外FXの副業で年間20万円のし所得を超えてしまい、確定申告のやり方不明点がある方は、参考書や税務署へお問い合わせください。

会計ソフトの活用で、海外FXの副業の確定申告を低コストかつスムーズに行うことができます。