にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの日経225(株価指数)のおすすめ業者を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

これから海外FXブローカーで口座開設をして、日経225(株式指数)の取引を始めたいという人もいるでしょう。

日本の株式指標である日経225(株式指数)ですが、銘柄として取り扱っている海外FXブローカーも多く、他の銘柄同様に日本国内のFXブローカー以上のハイレバレッジトレードが楽しめるようになっています。

しかしこれまで海外FXブローカーを利用したことがない人であれば、どの業者に登録すればよいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで今回は、海外FXの日経225(株価指数)のおすすめ業者について詳しく紹介していきます。

海外FXの日経225(株価指数)のおすすめ業者を分かりやすく解説

海外FXで日経225(株式指数)の取引をおこなうのであれば、以下の2つの業者がおすすめです。

  • XM
  • FXGT

それでは実際に海外FXのおすすめ業者上記2社のスペックや特徴をみていきましょう。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 XM

海外FXで日経225(株式指数)の取引を行うのであれば、おすすめの業者がXMです。

XMは日本人トレーダーも数多く登録している、人気の大手海外FXブローカーになっています。

他の海外FXブローカーに比べてCFD銘柄の数も多くなっており、金属やエネルギーなどの取引にも多く利用されているブローカーです。

また国内のブローカーにて日経225(株式指数)の取引を行う場合には為替FXとは別の専用口座が必要になることも多いのですが、XMでは為替と同じ1つの口座で日経225(株式指数)の取引ができるようになっています。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 XMの取引時間

XMでは日経225(株式指数)の現物取引と先物取引ができるようになっていますが、どちらも以下の時間帯での取引が可能です。

サーバータイムで01:05-23:15・23:30-23:55(月曜日01:05-金曜日23:10)

XMのサーバー時間は日本時間ではなく現地の時間となりますので、日本時間では8:05-6:15と6:30-6:55に取引ができるようになっています。

基本的に大きな市場がオープンしている時には取引ができますので、問題なくトレードできるでしょう。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 XMのレバレッジ

海外FXブローカーでは日経225(株式指数)のような株式指標のトレードでは、かなりレバレッジを制限しているところが多くなっています。

そのため為替銘柄で数百倍のハイレバレッジトレードができる業者であっても、日経225(株式指数)などの株式指標のレバレッジの最大値は5倍〜50倍ほどに制限されているところも多いようです。

しかしXMでは、日経225(株式指数)のトレードは為替よりも制限はありますが、最大200倍までのレバレッジトレードが可能です。

レバレッジをできるだけ高くかけてトレードがしたいという人であればXMが最もおすすめの業者だといえるでしょう。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 XMのスプレッド

また海外FXの日経225(株式指数)のXMのスプレッドですが、現物取引か先物取引かによってもスプレッドの幅がかなり異なるようです。

XMの日経225(株式指数)の現物取引で最小スプレッドが12、先物取引の最小スプレッドが24となっていますので、先物は現物の2倍ほどのスプレッドがかかってくると考えても良いでしょう。

よって特にこだわりがないのであればXMの日経225(株式指数)取引をするなら、現物取引をりようしていく方がコストをおさえてトレードすることが可能です。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 FXGT

海外FXで日経225(株式指数)の取引を行う業者としてXM同様におすすめしたいのがFXGTです。

FXGTは2019年12月にスタートしたばかりの新しい海外FXブローカーですが、基本スペックやトレードの条件の良さなどから急速に日本人トレーダーの人気を集め始めています。

特にFXGTの運営に関わっているのがXMやAXIORYの役員クラスが多くなっていることから、XMの改良版としての呼び声も高いようです。

基本スペックはXMによく似ていると言われているFXGTですが、XMの弱みであるスプレッドの広さもしっかりとカバーしており、コストを押さえながらXMのようなトレードができるようになっています。

レバレッジはXMよりも小さめですが、低コスト重視で海外FXブローカーで日経225(株式指数)の取引をしたいのであればおすすめの業者だといえるでしょう。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 FXGTの取引時間

海外FXのゴールド(金)おすすめ業者であるFXGTの取引可能時間は、日本時間の8:05から翌朝の6:55までです。

日本時間でNY市場がクローズする朝方に1時間程度取引できない時間がありますが、この1時間は大きな市場のオープンがありません(一部オーストラリア時間に被りますが日経225(株式指数)への影響はなし)。

基本的に日経225(株式指数)のレートが動きやすい、東京市場がオープンしている日本時間の9:00-15:00はオープンしていますので問題なく取引することができるでしょう。

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 FXGTのレバレッジ

また海外FXの日経225(株式指数)は、レバレッジの最大値が5倍〜50倍ほどに制限されてしまう業者も多くなっていますが、FXGTでは最大100倍のレバレッジトレードが可能です。

ただし、FXGTは取引量に応じて以下のように日経225(株式指数)でもレバレッジ制限がかかります。

  • 0–200,000USD...レバレッジ最大値100倍
  • 200,000–1,000,000...レバレッジ最大値50倍
  • 1,000,000–5,000,000...レバレッジ最大値30倍
  • 5,000,000–7,000,000...レバレッジ最大値20倍
  • >7,000,000...レバレッジ最大値10倍

海外FXの日経225(株式指数)おすすめ業者 FXGTのスプレッド

またFXGTの日経225(株式指数)のスプレッドは9〜12となっており、XMの12〜24と比較すると、よりスプレッドが狭く取引できる可能性があるでしょう。

トレードのこだわりがスプレッドよりも低コストという人であればFXGTはおすすめです。

海外FXの日経225(株価指数)のおすすめ業者を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXの日経225(株価指数)のおすすめ業者について詳しく紹介してきました。

海外FXでも日本の株式指標である日経225(株式指数)のレバレッジトレードができるようになっています。

通常50倍くらいまでにレバレッジを制限されがちな日経225(株式指数)も、上記2つの業者を利用すれば最大100倍〜200倍の取引が可能です。

それぞれの業者の基本スペックをしっかり確認した上で、より自分にあうブローカーで登録手続きを行なっていきましょう。