にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXのMT5おすすめ業者を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

これから海外FXのトレードを始めてみたいという人の中には、トレーディングプラットフォームにMT5が利用できる業者を選びたいという人もいるでしょう。

自動売買を行うために利用する人も多いMT5ですが、同じトレーディングプラットフォームのMT4に比べると、利用できる業者が限られている印象がありますよね。

また海外FXを選ぶ条件としてはMT5が使えることだけでなく、スプレッドやボーナス、レバレッジなどにもこだわりがある人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、海外FXのMT5おすすめ業者を分かりやすく解説していきます。

海外FXのMT5おすすめ業者を分かりやすく解説

海外FXブローカーの多くが独自のトレーディングシステムを保有しておらず、共通トレーディングプラットフォームが採用されているのが現状です。

中でも自動売買やスキャルピングトレードを行う人であれば、MT5が使えるブローカーを探している人も多いですよね。

取り扱い銘柄数やレバレッジ、スプレッドやボーナスなどのコスト面から総合的に考えたMT5の利用できる海外FXのおすすめブローカーが以下の2つです。

  • TitanFX(タイタンFX)
  • HotForex(ホットフォレックス)

どちらもMT5の利用できる海外FXブローカーですが、特徴や強みなどはブローカーごとに異なります。

次項よりそれぞれの海外FXブローカーの特徴をみていきましょう。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 TitanFX(タイタンFX)

海外FXのMT5が利用できるおすすめ業者の1つめがTitanFX(タイタンFX)です。

TitanFX(タイタンFX)は2015年3月にスタートした運用実績が6年ほどの海外FXブローカーになっており、高い約定率や平均スプレッドの狭さなどが魅力となっています。

スキャルピングや口座残高によるレバレッジの規制もないので、MT5を使って自由なトレードを楽しむことができるでしょう。

唯一ボーナスやキャンペーンを行なっていないのがマイナスポイントですが、スプレッドが狭いのでコスト計算をシンプルにしておきたい人などにはおすすめのブローカーです。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 TitanFX(タイタンFX)のスキャルピング・自動売買の規制

海外FXでMT5を利用したいという人であれば、スキャルピングや自動売買をメインでやりたいというのが大きな理由になっている人もおおいでしょう。

MT5が利用できる海外FXブローカーでありながら、スキャルピングや自動売買を禁止しているブローカーもあるようですが、TitanFX(タイタンFX)ではスキャルピングトレードも自動売買も特に規制がありません。

そのためMT5を利用して自由にスキャルピングトレードや自動売買トレードを行うことができるでしょう。

また海外FXブローカーの中にはスキャルピングトレードの規制をしていないのに、いざスキャルピングを行うとサーバー負荷がかかりすぎて注文が通らなくなるなど、スキャルピングや自動売買に不向きのブローカーもあります。

しかしTitanFX(タイタンFX)では、サーバーが強く超短期などの過剰なスキャルピングを行わない限りは、サーバーが落ちる心配もありません。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 TitanFX(タイタンFX)のスプレッド

MT5が使える海外FXブローカーとして、TitanFX(タイタンFX)のもう1つの大きな強みとなっているのがスプレッドの狭さです。

海外FXブローカーは国内FXブローカーに比べてスプレッドが広いと言われていますが、そんな海外FXブローカーの中でもTitanFX(タイタンFX)のスプレッドは良心的な設定です。

たとえばUSDJPYの平均スプレッドがスタンダード口座で1.33pipsほどですので、1.6〜1.8pipsほどの平均スプレッドになっているXMと比較するとかなりスプレッドが狭いことがわかるでしょう。

さらにスキャルピングにおすすめのスプレッドの狭いブレード口座も選択できますので、取引条件に合わせて口座タイプの選択が可能です。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 TitanFX(タイタンFX)のレバレッジ

TitanFX(タイタンFX)のレバレッジの最大値は500倍となっています。

海外ブローカーの中には1000倍をこえるハイレバレッジトレードのできる業者もありますので、海外FXブローカーの中では平均的なレバレッジの最大値だといえるでしょう。

ただしTitanFX(タイタンFX)では口座残高によってレバレッジの規制をうけることがないので、全ての人が最大500倍のレバレッジトレードができるという点も大きな魅力になっています。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 HotForex(ホットフォレックス)

海外FXのMT5が利用できるおすすめ業者の2つめがHotForex(ホットフォレックス)です。

HotForex(ホットフォレックス)は2010年創業の10年以上の運用実績を誇る海外FXブローカーであり、安全性や顧客満足度も高く多くの日本人トレーダーが利用している海外FXブローカーの1つです。

ボーナスキャンペーンも多く、海外FXブローカーの中でもかなり高いレバレッジをかけられるので手元の資金が少ないところからFXを始めたいというトレーダーにもおすすめのブローカーになっています。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 HotForex(ホットフォレックス)のスキャルピング・自動売買の規制

HotForex(ホットフォレックス)もスキャルピングや自動売買の規制を受けない海外FXブローカーとなっており、比較的トレーダーに自由な取引を提供しています。

サーバーも強めだといわれているので、自動売買やスキャルピングの影響により不具合が生じることはほとんどないと考えてよいでしょう。

スキャルピングに関しては、スプレッドの狭いZeroスプレッド口座が用意されており取引がしやすくなっています。

また自動売買に関しては、基本口座で導入できてMT5の利用も可能です。

HotForex(ホットフォレックス)側が用意したシストレ専用口座もありますが、専用口座ではMT4のみが利用可能になっています。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 HotForex(ホットフォレックス)のスプレッド

HotForex(ホットフォレックス)では2つの口座タイプが用意されており、基本口座となるプレミアム口座はそれほどスプレッドの条件がよいとはいえません。

しかしMT5を利用してスキャルピングトレードなどを行う場合には、スプレッドの狭いZero口座の利用が可能です。

Zero口座ではUSDJPYのスプレッドが0.2ほどに抑えられており、コストを抑えたトレードができるようになっています。

海外FXのMT5が使えるおすすめ業者 HotForex(ホットフォレックス)のレバレッジ

HotForex(ホットフォレックス)のレバレッジは最大1000倍となっており、海外FXブローカーの中でもかなり高いレバレッジ設定です。

ボーナスとレバレッジをうまく利用すれば、手持ちの資金が全くない状態から始めても大きな利益を生み出せる可能性があるでしょう。

海外FXのMT5おすすめ業者を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXのMT5おすすめ業者を分かりやすく解説してきました。

海外FXでMT5が利用できるおすすめブローカーはTitanFX(タイタンFX)とHotForex(ホットフォレックス)です。

それぞれ、口座タイプやレバレッジ・スプレッドなどにも特徴がありますので、基本スペックをしっかりチェックして、より自分に合うブローカーを利用していきましょう。