にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossの法人口座を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

BigBossは法人口座を開設できるの?

もし法人口座を開設できるとしたら、BigBossで必要になる書類や、法人口座を開設する手順について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

BigBossのトレードで一定の利益が見込めるようになってきたとき、法人口座の開設を検討する方もいるはずです。

海外FXブローカーの中には、法人口座の開設に対応していない業者もありますが、BigBossでは対応しているのでしょうか。

BigBossの法人口座を分かりやすく解説

BigBossは法人口座を開設できるの?

BigBossを含む海外FXブローカーは、追証なし・ゼロカットシステム採用のもと、国内FXでは考えられないほどのハイレバレッジトレードができることが大きなメリットです。

海外FXの場合、個人口座のトレードで一定の利益を獲得している方は、所得が大きくなるにつれて税金が高くなっていくため、節税を意識する方も少なくありません。

すでに法人を設立し事業を営んでいる方は、節税対策のために海外FXブローカーで法人口座の開設を検討している方もいるでしょう。

しかし海外FXブローカーの中には法人口座の開設に対応していない業者もあるのが現実ですが、BigBossは対応しています。

法人口座の開設手続き自体も個人口座と大差はなく簡単ですが、口座開設フォームの記入項目や提出しなければいけない必要書類は異なることに注意しましょう。

ここではこのようなポイントにスポットをあてて、BigBossの法人口座の開設方法について詳しくみていきます。

BigBossの法人口座開設で準備すべき必要書類

BigBossの法人口座の開設手続きを始める前に事前に必要書類を準備しておくと、開設の手続きをスムーズに進めることができます。

法人口座の開設における必要書類の中には、取得に日数がかかってしまうケースもありますので、開設手続きを始める前に準備しておきましょう。

BigBossの法人口座開設の必要書類は以下の通りです。

  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書):発行から3ヶ月以内のもの
  • 法人の現住所証明書:電気・ガス・水道などの公共料金の請求書やクレジットカードの請求書など / 法人名と現住所が確認できるもので発行から3ヶ月以内のもの
  • 取締役の方全員の本人確認書類:免許証またはパスポートなど / 顔写真付きの公的な証明書で有効期限内のもの
  • 取締役の方全員の現住所確認書類:電気・ガス・水道などの公共料金の請求書やクレジットカードの請求書など / 取締役の名義と現住所が確認できるもので発行から3ヶ月以内のもの
  • 株主の方全員の本人確認書類:免許証またはパスポートなど / 顔写真付きの公的な証明書有効期限内のもの
  • 株主の方全員の現住所確認書類:電気・ガス・水道などの公共料金の請求書やクレジットカードの請求書など / 株主の名義と現住所が確認できるもので発行から3ヶ月以内のもの

登記簿謄本は、法務局で取得する必要があります。

取締役や株主の本人確認書類はすぐに準備できる方が大半でしょうが、新規発行しなければいけない方や住所などの変更手続きをしていない方は、先行して身分証明書の発行や更新を完了させる必要があります。

ちなみにBigBossの登録情報と本人確認書類の情報はすべて一致している必要があります。

BigBossの法人口座を開設する手順

BigBossの法人口座を開設するための必要書類を準備したら、法人口座の開設を手順に沿って進めていきましょう。

手順1.BigBossの法人口座の開設フォームにアクセスする

法人口座を開設するやり方は、BigBossの公式サイトにある「今すぐ口座開設」をクリックします。

個人口座の開設フォームが表示されますが、画面右にある「法人口座開設はこちら」のボタンをクリックして、法人口座の開設フォームにアクセスしましょう。

手順2.法人口座の開設フォームを入力する

BigBossの法人口座の開設フォームに、開設する口座タイプ・法人名・法人用のメールアドレスなどを画面の案内に沿って入力していきます。

法人の登記国を選択していきますので、日本の法人であれば「日本」を選択してください。

BigBossの法人口座における利用規約やサービスガイドなどが表示されますので、内容を確認したら「同意」にチェックを入れて入力内容を確認し、最後に「送信」をクリックしましょう。

手順3.メールで認証手続きを行う

BigBossの法人口座の開設フォームに入力したメールアドレス宛に、認証手続きの案内が送られてきます。

内を確認して、画面の案内に沿ってリンクをクリックして、認証を完了させてください。

認証が完了すると、BigBossの法人口座へのログインIDとパスワードを使ってBigBossへのログインができるようになります。

手順4.会社情報を入力する

BigBossの法人口座で取引を行うためには、法人と役員、株主などの認証手続きを完了させる必要があるので、引き続き手続きを進めていきましょう。

ログイン後の画面の案内に沿って必要事項を入力していきます。

まずは登録する法人格情報として、会社名・法人番号・登録国・登記住所などを画面の案内に従って入力してください。

手順5.取締役情報を入力する

法人情報の入力が完了したら、続いて役員情報の入力を行っていきます。

役員情報に関しては、全ての役員の情報を1人ずつ入力していく必要がありますので、やはり事前に本人確認書類などを準備しておくのがおすすめです。

「取締役情報」の案内に従って名前・生年月日・電話番号・住所などの個人情報を入力していきましょう。

手順6.株主情報を入力する

株主についても取締役の情報同様に必要な個人情報を入力していきましょう。

生年月日・現住所・株式保有率などを入力していきます。

手順7.BigBossに法人口座開設の必要書類を提出する

全ての入力が完了したら、必要書類を提出していきます。 画面の案内に従って必要書類をスマホなどで撮影した上で、ファイルとしてアップロードしていきましょう。

画面の案内に従って全ての必要書類の提出が完了したら、提出ボタンを押せばBigBossの法人口座の登録完了です。

提出された情報や必要書類などをもとにBigBoss側の審査が行われ、審査が完了すれば法人口座の登録が完了となり、法人としてBigBossにてトレードが行えるようになります。

BigBossの法人口座を分かりやすく解説まとめ

BigBossは法人口座を開設できるため、まずは必要書類の準備から進めましょう。

法人口座の開設手順は難しくないものの、必要書類の準備に手間、そしてBigBossの承認手続きに時間がかかってしまう可能性もあることを頭の片隅においておき、ゆとりをもって手続きを行ってください。