にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの原油のおすすめ業者を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXの原油のトレードでおすすめの業者を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXは、法定通貨をトレードする為替FXがメインの取引商品ですが、原油のトレードに対応している業者も少なくありません。

為替FXと原油のトレードは取引条件が異なるケースが多いため、為替と原油ではおすすめの業者が異なることに注意しましょう。

海外FXの原油のおすすめ業者を分かりやすく解説

海外FXは為替FXのほか、CFD商品も扱っており、原油取引もそのひとつです。

原油の取引をおすすめする理由は、ボラリティが高いため、デイトレードやスキャルピングでも利益を狙いやすいところでしょう。

また原油の取引を取り扱う業者は限られているうえ、海外FXごとにトレード条件が異なることにもご注意ください。

海外FXの原油のおすすめ業者の選び方における基礎知識

海外FXの原油のおすすめ業者の選び方を開始する前に、基礎知識としていくつか把握していただきたいことがあります。

まず海外FXの原油取引における証拠金の考え方について理解することをおすすめします。

原油は1ロット=100バレルですので、為替FXとは異なるためご注意ください。

海外FXのスプレッドや損益を把握するために必要なpipsの考え方についても、原油のおすすめ業者選びの基礎知識として必要です。

米ドルを証拠金に原油でトレードするケースが多いため、米ドルを決済通貨として考えることが大切です。

たとえば為替FXの場合、1pips=0.01セント(0.0001ドル)をさしていますが、原油は1pips=1セント(0.01ドル)になります。

海外FXの原油取引は、数種類のオイルを取り扱っているため、どの原油でトレードできるのかを把握することも、おすすめの業者の選び方として必要でしょう。

まず海外FXで中心的なオイルの種類は、WTI原油とブレント原油です。

各業者ごとに取り扱っている原油の種類は異なるため、トレードしたい原油を取り扱う海外FXであるのかどうかを、まず把握することをおすすめします。

海外FXの原油のおすすめ業者 iFOREX

海外FXの原油のおすすめ業者は、低コストで最大200倍のレバレッジ取引ができるiFOREXです。

他の業者の原油の最大レバレッジは100倍以下に抑えられているケースが多いですが、iFOREXは200倍でトレードできることから、おすすめの海外FXです。

iFOREXの取引口座はひとつに限られており、原油取引の種類もWTI原油の一択とシンプルです。

原油のスプレッドは、4~5pipsと低コストでトレードできることも、おすすめの理由です。

iFOREXが海外FXの原油におすすめ業者と言える理由は、1996年から運営をスタートし、20年以上の実績を誇ることです。

運営実績が長いということから、信頼性の高さは保証されていると言っても過言ではないでしょう。

海外FXの原油のおすすめ業者 FXGT

海外FXの原油のおすすめ業者は、さまざまな条件の口座でトレードできるFXGTです。

WTI原油(USOil)とブレント原油(UKOil)を、FXGTのスタンダード口座・ECN口座・ミニ口座から選択して取引できます。

スタンダード口座とミニ口座におけるWTI原油のスプレッドは10pips、ブレント原油は12pipsで、ECN口座はWTI原油・ブレント原油ともに6pipsに加えて、1ロットあたり片道5ドルの取引手数料が発生します。

契約サイズや最大・最小取引通貨量なども異なるため、個々のトレード環境やニーズに応じて原油取引できることから、おすすめの海外FXです。

海外FXの原油にFXGTをおすすめする理由は、最大100倍でレバレッジ取引できることもあげられます。

100倍を超えるレバレッジで原油をトレードできる大手FX業者は、iFOREXとFXGTだけであることからおすすめと言えるでしょう。

海外FXの原油のおすすめ業者にFXGTを推す理由は、ハイブリッド取引所であることです。

原油や為替FXだけでなく、仮想通貨などの多くのCFD商品を扱っていることも、おすすめ業者の理由です。

海外FXの原油のおすすめ業者 XM

海外FXの原油のおすすめ業者は、数種類の原油でトレードできるXMです。

ブレント原油(BRENT)・GSOIL・WTI原油(OIL)、そして1LOT=100バレルのところ、10バレルのWTI原油ミニ(OILMn)と3種類、4商品からトレードできることから、原油におすすめの海外FXです。

XMの原油の最大レバレッジは66.6倍ですが、GSOILの場合は3.33倍に制限されます。

為替FXのスプレッドは広いと言われる一方、原油の場合GSOILで150pipsですが、ブレント原油が5pips、WTI原油4pipsと低コストでトレードできる業者であることもおすすめと言えるでしょう。

XMの原油は、ZERO口座でトレードをしても、スタンダード口座の条件によるトレードになります。

原油の取引商品の種類によって、必要証拠金や契約サイズなど、トレード条件は異なりますので、ご注意ください。

XMをおすすめする理由は、充実したボーナス制度を採用し、証拠金にあてることでトレードコストの軽減につながることもおすすめの理由です。

海外FXの原油のおすすめ業者 AXIORY

海外FXの原油のおすすめ業者は、原油取引に加えて原油インデックス取引ができるAXIORYです。

WTI原油(CL)とブレント原油(BRENT)取引はもちろん、WTI原油インデックス(CL.i)とブレント原油インデックス(BRENT.i)でトレードできることから、おすすめの海外FXです。

またWTI原油(CL)関連のスプレッドは4pips、ブレント原油(BRENT)は5pipsと低コストでトレードできる業者であることも、おすすめと言えるでしょう。

AXIORYの原油のレバレッジは最大20倍と全原油共通、スタンダード口座とナノスプレッド口座のどちらもトレードできますが、原油のトレード条件は同じです。

またAXIORYは、万が一の資金の全額保証に対応していることも、海外FXの原油のおすすめ業者としての理由です。

海外FXの原油のおすすめ業者を分かりやすく解説まとめ

海外FXの原油のおすすめ業者の選び方は、まず原油のトレードにおける基礎知識をきちんと理解することです。

原油取引と言っても、業者ごとに取り扱う原油の種類は異なります。 また1ロット=100バレル、1pips=1セントであることもきちんと理解すべきでしょう。

これらを押さえたうえで、海外FXの原油のおすすめ業者は、ハイレバレッジでトレードできる業者としてiFOREX・FXGT、低コストでトレードできる業者としてXMとAXIORYをおすすめします。