にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120054446j:plain

最大500倍までのレバレッジ取引(FX)ができるLANDFX(ランドFX)。

国内のFXブローカーでは実現できないハイレバレッジのトレードをできるのが海外FXブローカーの魅力のひとつです。

そんなLANDFX(ランドFX)でFXを始めたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の手数料ややり方について不安が残る方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料、レバレッジ制限などについて分かりやすく解説していきます。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

LANDFX(ランドFX)は海外FXブローカーのなかでも少しばかり情報不足なところは否めません。

FXで重要なレバレッジ取引(FX)に関する情報もなかなか見つけられないという人も少なくないでしょう。

そこでここからは、LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の詳細をご紹介したあと、意外と知られていないレバレッジ取引(FX)の制限についてもご説明してきます。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)とレバレッジ制限

LANDFX(ランドFX)は1~500倍までの倍率でレバレッジ取引(FX)ができます。

この方は500倍までというLANDFX(ランドFX)のレバレッジにやや不満があるようですね。

ただ、国内のFXブローカーの最大25倍というレバレッジにくらべれば500倍は十分に高いレバレッジです。

この最大レバレッジはLANDFX(ランドFX)に口座を開設する際に自分で自由に設定できます。

しかし、口座タイプと保有ポジション、そして証拠金残高の内容によっては利用できる最大レバレッジが変わってきます。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の口座タイプによる制限

LANDFX(ランドFX)のスタンダード口座といえるLive口座とLPボーナス口座については、いずれも口座タイプの制限はなく最大500倍までのレバレッジ取引(FX)が可能です。

しかし、LANDFX(ランドFX)のECN口座は200倍までのレバレッジ取引(FX)しかできません。

ただ、スプレッドが狭い代わりに取り引き手数料のかかるECN口座はある程度の資金力がある人に向いた口座ですから、200倍のレバレッジでも十分かもしれません。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の証拠金残高による制限

LANDFX(ランドFX)のLive口座、LPボーナス口座では証拠金残高の金額によって下記のとおりレバレッジ取引(FX)に制限がかかります。

・$500~$49,999・・・最大レバレッジ500倍

・$50,000~$99,999・・・最大レバレッジ200倍

・$100,000~・・・最大レバレッジ100倍

また、ECN口座の場合は、$50,000~$99,999の残高で最大レバレッジ200倍、$100,00以上は最大レバレッジ100倍に制限されてしまいます。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の保有ポジションによる制限

LANDFX(ランドFX)のLive口座・LPボーナス口座では保有ポジションごとに下記のとおりレバレッジ取引(FX)に制限がかかります。

・保有ポジション50lot以上・・・レバレッジ200倍に変更

・保有ポジション100lot以上・・・レバレッジ100倍に変更

・保有ポジション100lot以上かつ証拠金残高$100,000以上・・・レバレッジ50倍に変更

ECN口座では保有ポジションによるレバレッジ取引(FX)の制限はありません。

大きなトレードとハイレバレッジで利益を狙うのであればECN口座が適しています。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)の手数料

LANDFX(ランドFX)ではレバレッジ取引(FX)に特別な手数料はかかりません。

ただ、ECN口座にかぎり、1lotあたり往復7$の基本取引手数料が発生します。

また、レバレッジをきかせて大きな金額を動かす場合は、事実上の手数料ともいえるスプレッドにも注意を払う必要があります。

LANDFX(ランドFX)のLive口座・LPボーナス口座は手数量が無料な一方で、スプレッドはECN口座にくらべて広くなっています。

とはいえ、LANDFX(ランドFX)は海外FXブローカーのなかでもスプレッドの狭さには定評があります。

Live口座・LPボーナス口座でも十分に狭いスプレッドでレバレッジ取引(FX)ができることでしょう。

いずれにしろ、自分のトレードスタイルに応じて最適な口座タイプを選びましょう。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)では入出金手数料にも注意

手数料という意味では、入出金にかかる手数料も無視できません。

基本的にLANDFX(ランドFX)では入金に手数料はかかりませんが、最低入金額を下回る場合には手数料が発生してしまいます。

最低入金額はLive口座で30,000円、LPボーナス口座は10,000円です。

少額でLANDFX(ランドFX)を始めるならばLPボーナス口座がおすすめです。

ちなみに、ECN口座の最低入金額は「20万円」です。気軽に始めるには少し高い金額ですね。

出金手数料に関しては、LANDFX(ランドFX)ではクレジットカード出金以外の手段では出金金額の1%~2%程度の手数量が発生します。

手数量無料のクレジットカードですべて出金したいところですが、クレジットカード出金は事前にクレジットカードで入金した金額までしか出金できません。

(つまりクレジットカードの請求を相殺できるだけです)

LANDFX(ランドFX)の出金手段としてはほかに、NETELER、Skrillなどの大手が利用できます。

ただ、残念ながら現在はbitwalletの利用はできません。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方

LANDFX(ランドFX)は標準の取引プラットフォームとしてメタトレーダー(MT4)を採用しています。

MT4では注文ウィンドウに「レバレッジ」を選択する項目がありません。

LANDFX(ランドFX)でレバレッジ取引(FX)をするには、注文ウィンドウの数量部分に証拠金残高以上のコストのかかる数値を入力するだけです。

すると自動的にレバレッジがかかり、証拠金残高以上の建玉を保有することができます。

(証拠金残高と必要証拠金は別のものです)

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方自体はこのようにシンプルです。

また、口座開設時に自分で選んだ最大レバレッジはいつでも簡単に変更できます。

LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説 まとめ

LANDFX(ランドFX)でレバレッジ取引(FX)をする方法自体は非常に簡単です。

ただ、口座タイプや保有ポジション数、証拠金残高などのいくつかの条件によって、利用できる最大レバレッジは変わってきます。

また、LANDFX(ランドFX)のレバレッジ取引(FX)そのものに手数量は発生しませんが、事実上の手数料といえるスプレッドには注意を払う必要があります。

いずれにしろ、自分のトレードスタイルによって変わってくる保有ポジション、証拠金残高、スプレッドなどを加味して口座タイプを選ぶことが重要です。